もっと会いたい...男が「2回目のデート」に誘いたくなるテクとは?

2019年07月09日 19時30分

デート 恋愛 anan

意中の彼に好意を持ってもらいたい……。そんなとき、手書きの「ラブレター」を使えば成功するかもしれないという説が! その理由と、ラブレターが彼の心をわしづかみにする書き方を紹介します。

文・椎原茜



「ラブレター」と聞くと、「今の時代にあり得ない」「古臭い」なんて思うかもしれません。でも、意外と手紙は人の心に響くもの。メールやチャットが当たり前の今だからこそ、あえてラブレターという手段で彼の心をつかんでみませんか?


今回は、恋愛学の第一人者として知られる早稲田大学 森川友義教授に、ラブレターの書き方のポイントや例文をレクチャーいただきました!


「手紙」のメリットは「好感度が上がる」「手書きだからこその温かみ」


意中の相手に自分の思いを伝えたいとき、「手紙」を選ぶことはどんなメリットがあるのでしょうか?


結婚相談所のツヴァイが2018年8月から2019年2月に実施した「手紙」を婚活に活用するサービス「お手紙婚活サポート」において「手紙」を受け取った側、47名(20代~50代の男性:22名、女性:25名)に対して事後アンケートを行ったところ、約半数が「手紙」をもらって「嬉しかった」、約3人に1人が「お相手に興味がわいた」と回答したといいます。



またメールやLINEなどのSNSと比べて、気持ちの伝わり方に違いを感じたかという問いには、47%が「そう思う」、40%が「やや思う」と9割近い人が肯定的な回答でした。



さらに、ネオマーケティングが2016年2月に実施した「手紙と対人コミュニケーション力に関する調査」でも、71.0%が手紙を受け取ることで好意度が上がると回答しています。


また、著書『伝え方が9割』で知られるコピーライターの佐々木圭一さんは、手紙のメリットのひとつとして、「手書きだからこそ温かみや感情を伝えることができる」ことを挙げています。


これらのことから、ラブレターは、メールやSNSなどと比べて、より効果的に思いを伝えられる手段といえるのかもしれません。


彼のハートをわしづかみにするラブレターの書き方を伝授!



そこで森川教授に、意中の彼のハートをがっちりとつかむためのラブレターの書き方を教えていただきました!


1. 二度目のデートのお誘いを受けたいとき


森川教授 初めてデートをして印象が良く、もう一度相手からお誘いを受けたい場合には、「承認欲求」と「戦略的服従」を使うのが良いでしょう。


「相手から認められたい」という「承認欲求」を満たしてあげると、相手は自分に好意を持ちます。おすすめなのは「あいうえお」を使うこと。これは「ありがとう!」「いいですね!」「うれしいです!」「えらい!」「おもしろい!」の頭文字をとったものです。これらを手紙の中に散りばめるとよいでしょう。


「戦略的服従」は、“お願いごとをする”ことです。この2つを組み合わせると2回目も違和感なくお会いできるでしょう。


これらを踏まえた代表的な例文

「素敵なお店をご存知なのだと感心してしまいました。ありがとうございました。また、おいしいお店に連れて行っていただけると嬉しいです」


2. 相手から告白されたいとき


森川教授 お互いに好意を持っていることはわかっているのに、“なかなか告白してくれない”というタイミングには、「告白誘導戦略」がおすすめです。直接的に想いを伝えるのではなく、相手からの「付き合ってください!」を引き出すため、「付き合いたい」という思いを間接的にほのめかすのが重要です。


「告白誘導戦略」の代表的な例文

「こうして知り合えて本当に良かったと思っています。○○さんも同じように思ってくれているならば、すごく嬉しいです」


「もっと○○さんと同じ時間を共有して、お互いのことを深く知っていきたいというのが率直な想いです」


森川教授 お互いの関係性などによって、言葉遣いや表現などをアレンジしてみるのもよいでしょう。

ラブレターは、まさに自分の思いを伝えたいとき、相手に好意を持ってほしいときに使える、とっておきの手段といえそうです。ここぞ、というときに活用してみてはいかがでしょうか。


Information


森川 友義さん

早稲田大学国際教養学部教授。政治学博士(Ph.D.)。専門分野は日本政治、恋愛学、進化政治学。著書に『最強の恋愛術』(ロンドンブーツ一号二号・田村淳との共著、マガジンハウス)等がある。


佐々木 圭一さん

2013 年、コピーライターとして培ったノウハウを、『伝え方が9割』(ダイヤモンド社刊、2013 年)として出版。コピーライター、クリエイティブ・ディレクターのみならず、講演会の講師、テレビの MC、出演など、活動の幅を広げている。




©AH86/Gettyimages

©Martin Meyer/Gettyimages


anan

2019年07月09日 19時30分

デート 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。