「もう彼はできないかも」と思ってない? 別れを前向きに決断できる思考法 #14

2019年05月09日 19時00分

恋愛 anan

彼氏と別れようかなと思っても、なかなかすぐに決断ができないものです。その迷いの原因は、実は人間の本能だったりもします。明るい別れを決める一歩には、心の仕組みを知ることが有効です。

文・おおしまりえ


【おおしまりえの恋愛道場】vol. 14


別れたいのに決断できない! その心にあるもの



「彼氏と別れようかな」そんな悩みを抱えている女子にお知らせです。春という季節は、1年のうちで最も別れが多い季節です。転勤や入学、卒業などイベントが重なり、人間関係に変化が出やすく、気持ちも変化しやすい時期だからです。


彼氏への気持ちは途切れているのに、どうしても「別れ」という最後の一手が決められない。そんな葛藤はどうやって整理すればいいのか。実は人間の心の仕組みを知っていけば、少しだけ彼との関係をスムーズに整理できるかもしれません。


人が別れを決められない2つの理由


別れを決められない。それって自分の弱さが原因と感じるかもしれませんが、ちょっと違います。そこには大きく2つの心の葛藤が生み出されているので、順番にご説明していきます。


・変化はストレス! 本能が全力で止める


そもそも人間関係や環境の変化はすべてストレスです。彼氏との別れも「別れたらスッキリするかも…」と頭では理解しても、心は変化に対して無意識に不安になっています。


また別れるという決断は、「決断するまでは男性が早く、決断してからは女性のほうが早い」なんて言われることもありますが、これは一般的に女性の感受性が豊かな傾向が強いからかもしれません。仲が良かった頃の感情に女性というのは引きずられてしまうんですね。


・かけた時間を手放すことは自分を傷つけること


人間は自分の選択を間違いだったと認めたくない生き物です。間違いだと認めることで、自尊心が傷つくからです。彼氏と別れる決断は、自分で選んだ人物が間違いだったと認めること。同時に今までかけた時間やお金、労力が大きいほど、自分で選んだ人への投資が積み重なり、よりいっそう否定をするのには痛みを伴います。


そのため、「別れようかな…でもまた仲良くなれるかもしれないし…」といった迷いが生じるのです。でも損切りのセオリーを考えれば、ダメだと思った時が手放しどきです。あなたは今の迷いをこの先も抱え続けますか?


「もう一生彼氏はできないかも」はなぜ思ってしまうのか



彼氏と別れようか迷ったとき、女性の多くは「もう彼氏はできないかもしれない」とか「こんなに合う人とはもう出会えないかも」なんて思うものです。でも、それって“心のクセ”に引っかかっているかもしれません。


人は変化を回避したり、リスク管理をしたりするため、最悪の状況を想像しやすい脳の構造をしています。放っておくと、生きるためにマイナス思考に偏っていくのです。


「彼氏が一生できないかも」という極端な想像は、あなたの生存本能が引き起こさせているだけ。実際、「もう一生彼氏はできないかも」と言っている人が、その後すぐに彼氏を見つけたり結婚したりしたことはないでしょうか。最悪な想像が現実になることって、実は少ないのです。


不確かな未来に飛び込むために今できること!



別れた未来は明るいかはわからないけど、暗くなる保証もない。


そう思えたら、少しだけ気が楽になりませんか。別れるという決断を惑わせるのは、あなたの弱さではなく、人間の仕組みがそうさせているんです。決められない自分を責めるのはまずやめましょう。そこから一歩進み、前向きな別れを決断するために、心の整理をうながす方法を2つご紹介します。


・なんでもいいからプラス材料を出す


人間放っておけばマイナスの想像をしがちということをご説明しました。そこで意識的にプラスの想像をしていけば、多少なりとも未来への悲観的な発想は緩んでいくかもしれません。


例えば次はめちゃくちゃ理想の彼氏ができるとか。彼氏と別れたら穏やかなひとり時間を持てるとか。そういう心がワクワクするような想像をしていくことで、心も軽やかに変化していくかもしれません。


・別れ以上の変化を自分で生み出す


変化はストレス。それなら、彼氏との別れよりもっと大きな変化を他で生み出せば、意外と状況が判断できるかもしれません。例えば転職や引っ越しなどは、物理的な負荷がかかるため彼氏どころではなくなるかも……。他にも資格の勉強やダイエットに邁進するのも、負荷としては大きくありませんが、気持ちは分散されるかもしれません。


とはいえ、二重のストレスがあなたにかかってしまうので、無茶はおすすめしません。でも彼氏のことがどうしても頭から離れない人は、こういった荒療治もアリですよ。


別れって難しい。でも難しいのは別れじゃなくて、心の葛藤の仕組みに振り回されることなんです。シンプルにみれば、過去の彼と気が合ったとしても、今の彼と気が合う保証はありません。未来の彼なら言わずもがな。だから今、「違う…」と思ったあなたの気持ちを否定しないで欲しい。どうか自分を信じきる強さを、ちょっとだけ持って欲しいと思います。


おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト


10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA!」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。




©Damir Khabirov/Gettyimages

©OcusFocus/Gettyimages

©ASIFE/Gettyimages

anan

2019年05月09日 19時00分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。