彼が喜ぶ上手なキスって?...男性が昇天する清純派とろけるキステクニック2つ

2019年03月16日 19時10分

男性心理 恋愛テクニック 恋愛 anan

キスにもテクニックがたくさんありますが、ベローンと舌を長く伸ばして相手に見せながらジュポジュポと思いっきり……なんて男性ウケはよさそうですけど、ちょっと汚らしいというか、はしたないというか、あまりやりたくないですよね。というわけで今回は、『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者、箱崎キョウコさんに、清純さは守りつつとろけるキステクニックをお聞きしました。

文・塚田牧夫



口の開け方



箱崎「キスのとき、おろそかにしがちなんですけど、かなり重要なのが口の開け方なんですよね。口を大きく開けて、キスをしながら大きく顎を動かせば動かすほど、している人も、それを見ている人も、卑猥な感じが満載になるんです。まぁ、見ている人はいないでしょうけど……。


なので、清純さを保つのであればポイントは、逆になるべく口は大きく開けないことですね。顎は使わず、唇で開くだけの空間を使って可愛くキスをする……。日本人はけっこうできている人が多いと思いますよ。


これをとろける感じにするには、あまり口内を刺激することは考えず、どちらかというと唇を気持ちよくすることを意識するといいでしょう。唇を唇で刺激したり、舌で刺激したり……。こうすると可愛いちっちゃなキスでも、とろけるくらい気持ちよくなることもさせることも可能ですよ」



チュッでとろけさせる!




箱崎「そもそも人間の口内には膨大な数の細菌がいるそうですから、キスという行為は清潔じゃないんですよね。ですから、ただ“とろけさせる”ということが目的であれば、もうチュッだけでもいいのではないでしょうか?


一番いいのが、やはり別れ際です。唇はリップやグロスなどで濡らしておくといいですね。チュッとした瞬間に相手にもそれがついて、しばらくの間、チュッの感触が残りますから。


とろけさせるポイントとしては、“唇を奪う”こと。つまり不意打ちですることです。チュッと接触する前に、相手に悟られてはいけません。下手をしたら、ガシッと掴まれて、ぶちゅーとされてしまいますから、そうすると全然爽やかじゃないですよね。


具体的には“バイバイ”とか“ありがとう”のタイミングでもいいですし、“目をつぶって”と言ってからするのもアリです。“目をつぶって”と言うと、悟られてしまうのではないかと思うかもしれませんが、唇が重なる瞬間に、相手が反射でよけたり、迎え入れたりできない状態ができれば、OKです。


このチュッでとろけさせるテクは、まだ自然とキスする仲じゃない相手に効果的なので、ぜひ使ってください。


難しいと思ったら、まずは相手の手の甲にチュッとするのも効果的ですよ。手を繋げるくらいの仲だったら簡単にできるし、淑女っぽくて素敵ですね。このときも、彼の手にチュッの感触が残るようにしてみてください」


清純さは守りつつ、とろけさせるキステクニックを教えていただきました。


下品にベロベロとするキスもベッドではエロチックでいいですが、付き合い始めの頃は上品にいきたいもの。上記のキスで清純さを保ちつつ、彼をトロけさせてあげてくださいね。




©Photographee.eu / Shutterstock

©kudla / Shutterstock


※2017年5月10日作成


anan

2019年03月16日 19時10分

男性心理 恋愛テクニック 恋愛 anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。