最後まで...女性200人調査「交際前のおうちデート体験談」

2019年03月15日 20時30分

デート 恋愛 anan

まだ付き合っていない段階で、デート中に男性から家に来ないかと誘われたら、行くべきか否か悩むことでしょう。そこで今回は、20〜30代の女性が集まるanan総研のみなさんに、男性の家に遊びに行ったときのエピソードをお聞きしました。

文・harako


【アンアン総研リサーチ】


「俺の家に来ない?」のお誘いに困惑



本題に入る前に、2つの質問をしてみました。


Q. 付き合う前に、家に誘われた経験はありますか?


・はい(96%)

・いいえ(4%)


Q. 誘われて、実際にどうしましたか?


・お泊まりをしてしまった(40%)

・あいまいな誘いでは家に行きたくない(21%)

・数時間ゴロゴロしただけ(19%)

・行ったものの、すぐに帰った(16%)


・その他(5%)

※その他には、「行ったら告白された♡」(22歳・大学生)、「付き合うことになった」(27歳・会社員)などがありました。


ほぼ全員が家に誘われた経験があるとのこと。そのままの流れに身を任せてお泊まりした女性が40%に対して、約50%の女性は数時間で帰ったり、そもそも行かなかったりとマイルールがあるようです。


家に行ったらこうなった! ベスト3



男性の家に遊びに行った後、どんなことをしたのでしょうか。


第3位 途中までした


「キスまでした。そしてそのまま普通に寝て翌朝帰った」(32歳・会社経営)

「ハグまで。あからさまに体目的な人の部屋へは行かない」(29歳・デザイン、クリエイティブ関連)

「キス、一緒に寝る、少し触られるまで」(34歳・会社員)


第2位 何もなかった


「何もなく、ゲームをし続けた」(22歳・大学生)

「付き合っていないので何もしなかったけど、好きだったので何もされないことにモヤモヤした」(30歳・会社員)

「一緒に寝ただけ」(31歳・専門職)


第1位 最後までした


「全部した!」(28歳・公務員)

「最後までの時もあった」(31歳・専門職)

「最後まで」(34歳・派遣社員)


意外にも、「何もしなかった」という意見が第2位でした。「家に行く=身構える」は、極端な発想なのかもしれません。


その後、男性との関係は4つ



付き合う前に家に行った結果、どんな関係になりましたか?


1. 関係が途絶えた


「連絡がきて無視した場合もある」(27歳・その他)

「結婚前提で付き合いたいと言われたけれど、付き合う気は無かったので音信不通にした」(24歳・会社員)

「一夜限り、自分から連絡しないようにした」(30歳・会社員)


2. 友達のまま継続


「単なる友達」(32歳・会社経営)

「友人のまま」(32歳・専門職)


3. 都合の良い関係


「それっきりだったり、セフレだったり」(27歳・会社員)

「一瞬セフレのようになったがすぐ終わった」(32歳・公務員)

「セフレになってしまった」(30歳・専門職)


4. 彼氏に進展


「のちにデートを何度かしてお付き合いした」(31歳・自由業)

「付き合った」(29歳・デザイン、クリエイティブ関連)

「そのまま4年間付き合っている(笑)」(22歳・大学生)


大きくわけて、この4つになりました。それをきっかけに交際に発展した人もいますが、不信感を覚えて連絡を絶ってしまったり、都合の良い関係になってしまったり……。家に行ったことで、バランスが崩れてしまうこともありそうです。


家に行くことで始まる恋もある



最後に、そもそも付き合ってもいない男性の家に遊びにいくことはアリかナシか。答えは次のように出ました。


・賛成 16%


「相手がどんな空間で普段過ごしているのかもわかるので(片付けた状態であっただろうけど)」(32歳・専門職)

「関係を進めるのに良いきっかけ。そこでハッキリすれば良い」(27歳・その他)

「2人になった時の相手の出方がわかるから」(31歳・自由業)


・反対 32%


「体の関係から真剣な交際になるのはなかなか難しいのかな?と思うから」(27歳・専門職)

「男の目的は1つ!と思うから(笑)」(32歳・主婦)

「誰の家にでも簡単に行くと思われちゃうから」(24歳・公務員)

「すぐ家に行く女の子を大切にしている男性を見たことがない!」(31歳・専門職)


・どちらとも言えない 52%


「その時の雰囲気とか間柄によるかな……。友達だと思っていた男性の家に遊びに行ったら、向こうはそうじゃないこともあった」(29歳・会社員)

「体目的の人もいると思うから、信頼できる人ならあり! 好きな人だったら拒否しすぎも良くないし見極めが大切」(29歳・デザイン、クリエイティブ関連)

「そこから始まる恋もあるだろうから、なんとも言えない。家に行く前に、どのくらいデートしたか、連絡取り合ったかにもよる」(30歳・自由業)

「その時の感情や思いもあるから一概に言えない」(29歳・公務員)


なるほど。賛成派、反対派と意見はわかれましたが、良くも悪くも「恋のきっかけ」になるのは確かなよう。男性に言われるままついて行くのは気をつけたほうが良いですが、デートの盛り上がり具合や連絡の頻度、信頼関係次第ではいい方向につながるかもしれません。


ぜひ、慎重に見極めて、恋活の参考にしてみてくださいね!




©gilaxia/Gettyimages

©Strelciuc Dumitru/Gettyimages

©Povozniuk/Gettyimages


anan

2019年03月15日 20時30分

デート 恋愛 anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。