ヤバい! また言っちゃった...男性がドン引きのたった1つの単語|実は「モテを逃している」痛い女の特徴 #2

モテるためには、自分の存在アピールは有効。だけど、それも“やり過ぎる”と、あっという間に非モテに転落です。「モテよう」と思って意識的にしていることなのに、かえってモテを逃していたらとても残念です。年齢を重ねたオトナ女子がやりがちな“痛い特徴”をお届けするこのシリーズ。今回は……、「私」連発女です。

文・並木まき


その努力ムダです! 実は「モテを逃している」痛い女の特徴 #2.自己アピールが逆効果!「私」を連発する女


このフレーズ、違和感ない?



「私、イタリアンが大好きで~」

「私、明日は大事な仕事があるんだぁ」

「私も行きたいけど、他には誰が行くの?」


共通するのはどれも「私」主体のフレーズであること。単独では、特段違和感を感じないフレーズでも、3つ続くと、あれ……?


発言の中に、あまりにも「私」というワードが多いと、“自己主張の激しい女”だと思われてしまう可能性が高いです。


「私が」「私も」「私って」……などなどさまざまなパターンがありますが、「私」という言葉が入るだけで、“自分のことを話している感”が一気に強くなりますよね。


自分がどうしたいのか、あるいは自分がどんな人物なのかを伝えるのは、自己アピールという観点ではとても大切。しかし男性は、会話に「私」が多い女子には強い違和感を抱くみたい……。


「もう君の話はいいよ!」と思う男たち



たとえば、先ほどの会話から「私」というワードを省いてみましょう。


「イタリアンが大好き」

「明日は、大事な仕事があるんだぁ」

「行きたい! 他には誰が行くの?」


あら不思議。本来の意味は通じるし、なんだか少し女性らしく自然な言い回しに感じられます。



「発言に“私”が多い子は、それだけですごく自意識過剰に見えるよね。元カノがこの手のタイプだったんだけど、末期の頃は彼女が口を開くだけで、イライラしていました(笑)。“もう、君の話はいいよ”ってね」(30代男性/会社経営)


実は今回の記事テーマ、筆者の男友達のこの発言が発端。


「なるほど。逆もしかりで、“俺が”“俺って”が多い男子はちょっとウザく見える……」と妙に納得した私は、別の男性にも意見を聞いてみることに。



「そういう子、いるよね。俺は苦手。“私”が多いと、ワガママに聞こえる。そういえば、この前の飲み会にもいたかも(笑)“君の話は、もうウンザリだよ!”って思ってしまったのは、“私”って言葉に原因があったのかもなぁ」(30代男性/会社員)



「いるいる。“私が”“私は”って、いちいち主語が自分な女でしょ? うるさく聞こえるよね、なんでなんだろう。適度ならいいけど、あまりにも続くと本当にウンザリするんだよね」(40代/会社員)



「“私”が多い子ほど、自分の話ばかりしていることに気づいていない。こっちは我慢して聞いてあげてるのに……、一緒にいて正直疲れる」(20代/会社員)


「私」が入っているかいないかで、彼らへの聞こえ方はガラっと変わるみたい。自分の話をする際には、「私」という言葉は省いたほうがよさそうですね。


自己アピールもすっかり逆効果な、「私」連発女。いかがでしたか?


周囲を見渡すと、そういう女性ってけっこういますよね。あなたは大丈夫? モテを逃すBAD習慣は、今すぐ改善していきましょう。




©Arthur-studio10 / Shutterstock

©Cressida studio / Shutterstock


※2017年9月7日作成


anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。