AV男優・しみけんが伝授! 快感度がアップするキスは...

2018年08月18日 20時30分

恋愛 anan

“いつものセックスを、よりいいものにしたい!”という思いは、きっと誰しもが持っているもの。でも、どうすればいいの…!? そんな迷えるあなたに、しみけんさんが「男性の気持ちよさを高めるテクニック」を教えてくれました!

「愛情を技巧で表現してくれる女性も多いですが、奇をてらったテクニックは、意外とエロさや快感につながりません。シンプルなほうが、気持ちよかったりします」 と話すのは、大人気AV男優のしみけんさん。そこに、ちょっとした工夫を加えることで、男の感じ方はガラリと変わるという。


「二人の体の距離を離さないようにする、キスをするときや愛撫をするときには舌全体を広く使う、フェラチオをするときには音を立てて相手の聴覚を刺激する、攻める順番を考えて構成する…。そういうほんの少しの違いで、セックスへの期待値や興奮度、女性に対して“エロいな”と感じるレベルは一気に上がります。体位も、定番のものはもちろんですが、少し工夫を加えることで、両者の気持ちよさが格段に変わることも。また、セックスはコミュニケーションのひとつなので、お互いが“よりよくしたい”という探究心を持つことが何より大事です」


【キスしたいときは「チューして」】

相手にキスしてほしいときは、かわいく伝えることが鉄則。「リードしようとする気持ちはありがたいですが、強気に出られるよりも、少し甘えた空気感を漂わせたほうが男は素直に行動しやすいもの。“キスして”と言うよりも“チューして”のほうが、かわいらしく聞こえるし、おねだりされている感じがあって嬉しいです。少しの言葉選びの違いで、印象はぐっと変化します」


【キスは接地面を多くする】

「僕の理論のひとつに、相手の体と自分の体が触れる面積=接地面が広ければ広いほど、快感の度合いがアップするというものがあります」。それはキスの場合にも当てはまる。「舌先ではなく、舌全体が密着するようにしてください。コツは、唇の緊張を解いて柔らかくしておくことです。また、顔は真正面ではなく、少し角度をずらしてすることで、より舌を絡めやすくなりますよ」


【バードキスからスタート】

キスをするときには「構成が大事」だとしみけんさん。「最初からガツガツいくのではなく、次第に盛り上がるような順序で進めることが大切です。僕のおすすめは、軽いバードキスから始め、だんだん激しくするという流れ。お互いの唇の相性を感じることができるし、気持ちが自然に盛り上がります。また、キスの途中に相手の目を見つめる時間を作ることで、安心感がアップしますよ」


キスのテクニック

まずは、唇と唇を軽く触れ合わせるだけのバードキスから始めよう。いきなり激しくするのではなく、ライトに。 バードキスを2~3回繰り返したら、口を開けてお互いの舌を合わせ、絡めるディープキスに移行。軽めにする。 いったん顔を離して、お互いに見つめ合う。相手に受け入れられている喜びを確認したり、気持ちを通わせられる。 再度、ディープキスをする。舌を突き出して絡め合ったり、吸ってみるなど、先ほどよりも激しめ緩急をつけたり。 キスをしながら相手の体を触ることで、スムーズに愛撫に移行できる。ギュッと抱きしめて、愛情を伝えるのも◎。

しみけんさん AV男優。これまでに1万人との経験を持つ。『SHIMIKEN’s BEST SEX最高のセックス集中講義』(イースト・プレス)など数多くの著作を手がける。


※『anan』2018年8月15・22日号より。イラスト・KAZMOIS 文・重信 綾


(by anan編集部)


anan

2018年08月18日 20時30分

恋愛 anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。