だよねーっ! 男が聞いて安心する「経験人数の答え方」#42

2018年07月02日 21時30分

恋愛 anan

銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、リアルな経験人数を言ったら、意中の彼にドン引かれた29歳女子。佑雪さんが、模範解答を伝授します!

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子


【クラブ佑雪】vol. 42


「男に経験人数を聞かれたら、何人って答えておくのが無難?」



今、狙っていて、あと少しで付き合うことになっていた(過去形)男がいます。友だちの友だちみたいな感じから始まって、割とくだけた感じでいられるのが楽だったのですが、この前、経験人数の話になり、向こうが100人以上という数字を出してきたので、安心して30人と答えたらどん引きされてしまいました。気楽になんでも話合えることが裏目に出た模様です。年も年ですし、彼氏がいない時期もけっこうあり、まわりと比べてもそこまで多いわけではないと思っていたのですが、相手の反応は言葉では言われなかったものの、明らかに「お前、そんなヤリマンだったの?」という感じで、その後、会話が弾みませんでした。ノリもよく、遊んでいる風だったので、わかってくれると思ったら失敗こきました。何人と言えば、よかったのでしょうか? また、彼とは付き合えることになるでしょうか?


(マリ奈 29歳 フリーランス)


男の処女願望を見くびるなかれ



わたくし、銀座でたくさんの詐欺師、嘘つきを相手にしてまいりましたから、自分の中で「これは信じちゃいけない」基準がある程度、あるんですけど、男の「処女、めんどくせぇ」ほど、間に受けちゃいけない言葉はないんですよね。男がそれを言う場合、目の前にいる非処女に対して気遣い、もしくはモテたいという欲望から言ってるだけであって、もし惚れた女が誰の手にも触れられていない処女だったら、泣いて喜ぶはずなんです。


ここを履き違えると、すべての戦略が無に期してしまう。もちろん、たいていの男は理解力や受け入れる力が備わっていて、実際には処女じゃないからといって、嫌いになったり、好きじゃなくなったりするなんてことはありません。でも、それでも「男は処女が好き」なんです。これを肝に命じて、日々、会話なり、仕草なり、男を捕獲するための鍛錬を積んでいただきたいのです。


間違ってもここで、彼氏なり友人なり、身近にいる男性に「ねぇ、処女だと嬉しい?」なんて聞いてはいけません。非処女じゃないあなたに、本当の答えが返ってくるはずがありませんから。「処女、めんどくせぇよ」と言われて「ほ〜ら、処女じゃないほうがいいんだから」なんて、安心しては、絶対ダメなんです!


以上を基本として、百戦錬磨であろうと童貞であろうと、男どもは非処女には「清純・貞淑」であることを求めています。普通の頭があれば、銀座のクラブのホステスなんて、お金目当ての女狐ばっかし! と考えるものなんです。ところが、男という夢いっぱいの妄想家たちは、そんな女狐を前にしても「こんな黒髪で清楚な雰囲気の〇〇ちゃんは貞淑で実は男性経験もそんなにないに違いない!」と自分が見たい夢を勝手に描いてくれますし、派手派手でどう見てもビッチな女でも「こういうコに限って、中身は真面目なんだよな」と解釈してくれるものなんです。


そういった男の習性を利用して、営業成績を伸ばすのが、デキる女狐ホステス。たとえ子どもを産んだとしても、「私、清純派ですから」、通せるもんなら「実は……まだ経験ないんです」と処女を演じきるくらいの覚悟をキメて、男性をメロメロにする。そんなホステスの基本技術をぜひ、ご相談者さまにも身につけていただきたい。


いいですか。「実は……まだ経験ないんです」と言い切る勇気がないのであれば、正しい答えは「前に付き合っていた彼ひとりだけ」です。「年とるごとに人数を増やしていったほうが自然ですよね、まったくモテてなさそうなのもカッコ悪いんで」なんて、甘ったれた考え方は捨ててください。アラフォーになってなお、「ひとりだけ」を言い通して、まんまと大富豪の正妻(初婚同士)になったツワモノがいます。そのことを、どうかいつまでも忘れないでほしいのです。


※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!




©triocean/Gettyimages


anan

2018年07月02日 21時30分

恋愛 anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。