耳、乳首、そして…男が「彼女にじっくり舐めてほしい」あの部分4つ

2018年01月23日 22時30分

恋愛 anan

あなたは体のどこを舐められるのが好きですか? ちょっと触れられただけでゾクッと感じてしまう性感帯は、女性だけでなく男性にもちゃんとあるはず。「セックス上手なオンナ」になるために知っておきたい舐めポイントご紹介します。

文・オリ子

【セックスリサーチ】


男性のみなさん、「もっと舐めて……」ポイントってどこですか!?



床上手は愛され上手。彼の心を離さないためにも、オトコの性感帯をわかっているオンナでいたいもの。セックス中にわかりやすく「ここ舐めて」、なんて的確に指示してくれるならいいけれど、実際なかなか細かく教えてくれる男性も少ないし、そもそもムードが大切なセックス中に細かく言われたりすると逆に萎えちゃいますよね。そこで、彼のために知っておきたい、「もっと舐められたい」と思う体のパーツについて、男子に直接聞いてみました!


耳:ゾックって感じが快感に!?


「『気持ち良いよ』って囁きながら舐めて欲しい」(29歳・その他)

「耳は感じやすい。『上手だね』とか自然に言われながら舐められると、あーこの子良いなって思う」(30歳・営業)


やっぱり耳はわかりやすい性感帯ですよね。甘い言葉をつ呟かれながら舐められたら、男子はアソコまで電流がビビッと走るようです。ただこの耳攻め、たまに全く効かない人もいるので、相手の反応を見て行ってくださいね。


陰部:王道だけど、やっぱりここ!


「ペニス周り。ここでしょ(笑)。むしろそれ以外なにがあるのでしょうか」(30歳・その他)

「やっぱり陰部ですよ。玉も合わせてじっくり舐めて欲しい」(25歳・その他)


王道ですが、やはり男子はペニスを舐められるのがお好き。女性に自分の陰部を舐めさせるこの行為、実はこれも女性への支配欲の表れなんだとか。女性の中には「おしっこもでる男子のアソコを舐めるのはいや」という人も多いですが、ちょっと無理してもしてあげると、距離がぐっと近づくきっかけになるのかもしれません。


乳首:敏感で繊細なパーツだけに、前戯が盛り上がる


「乳首に限る。いつもする時相手に「舐めて」ってお願いしている」(37歳・経営)


女性でも感じやすい乳首ですが、男子はここを舐められるのも大好き。特に、いきなり「下を舐めて」なんて言いづらい男子は、最初に「乳首舐めて」と要求してくるケースも多くあるようです。男子が「乳首舐めて」と言ってきたら、イコール「そのあとアソコも舐めて」ということ。事前にわかってあげて、自然に自分から下を攻めると、「この子わかってるな」と心をつかむことができるかもしれませんよ。


全身上から下まで:上級者舐め



「若い頃は、セックスはこっちから前戯して、指入れて、挿入っていうのが当たり前と思ってたけど、20代後半のときに出会った子が、初めて全身ゆっくり舐めて向こうから前戯してくれて、その時本当に気持ち良いセックスを知った気がする。耳から始まり、唇でぐちゃぐちゃなディープキス、乳首、へそ、お腹、ふともも、つま先、そして仕上げにペニスを下から上まで舐めてくれる。毎回それを自然にしてくれた彼女のことは、いまだに忘れられない」(36歳・経営)


愛情を全身に伝える全身舐め。してあげる女性側は相当な体力が必要ですが、男性の支配意欲を満たすにはこれ、けっこう効果的なようです。特に、普通のセックスしか経験したことのなかった男性にしてあげると、かなりのインパクトを与えられるようですよ。ちょっとウブそうな男子と一夜を過ごす際は、ぜひお試しあれ。


相手の期待を上回る舐め作戦で、心をわし掴みに!



女性から丁寧に舐められるという行為は、男子にとって支配欲を満たすだけでなく、「この子に認められたんだな」と安心感を得られる行為でもあります。決して無理して捧げる必要はありませんが、相手が大切な人なら、ちょっとリップサービスならぬタンサービスを多めに行うことで、相手の心を捉えられるかもしれません! たまには、恥じらいを捨てて彼の心をぐっと掴むセックスをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。




(C) trebuchet /Gettyimages

(C) PeopleImages /Gettyimages


anan

2018年01月23日 22時30分

恋愛 anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。