【※やり過ぎ注意】男が「即レスしたくなる」女からのLINE3つ

2017年07月09日 20時15分

LINE体験談 恋愛 anan

既読スルー、既読スルーって言いますが、いったいどのくらい放置されると“既読スルー”認定なんですかね? 感じ方は人それぞれですが、「できれば即レスしてほしい!」と思っている女子も多いのではないでしょうか。というわけで今回は、“男が即レスしたくなる女からのLINE”をご紹介します。

文・塚田牧夫


即レスしてくる子のLINE



人それぞれリズムをもっています。そして、相手とコミュニケーションとるときは、お互いが相手のリズムに合わせようとするものです。


「この人は、こういうリズム」と認識しながら行う人は少ないですが、それだけに自然と無意識に、相手のリズムと合っていくのでしょう。


というわけで、即レスが欲しいならば、まずは相手からのLINEにはこちらが即レス。決して変な間はあけない。変換間違ってモタモタしない。もう誤字、脱字があってもいいから即レス! 文が途中になっちゃっても、時間がかかっちゃいそうなら、読点を打って分けて送信!


2秒3以内にレスすると心に固く誓っておけば、誰でも必ずできるはず。まぁ、スマホから目が離せなくなりますけどね。



すでに予定を入れてからのLINE



会う約束までこぎつけると、約束の日までは、それまでしていたLINEの回数が控えめになる……そんな人は多いかと思います。ですが、これは“即レスさせるチャンス”を逃しているとも言えます。


会う約束を立てているということは、その時間を、あなたのために割いているということ。あなたにどれくらい気があるかは関係ありません。遅刻やドタキャンをされてしまっては、自分の貴重な貴重な時間が無駄になってしまうのです。


というわけで、予定を入れてからの“ねーねー、木曜日だけどさ……”などは、即レスされやすいでしょうね。予定変更になるのならば、なる早で知っておく必要があるので。


でもあまりウザく引っ張るとムカつかれるので、“やっぱり焼肉のほうが食べたいかなー”とか、デートを楽しみにしている系の連絡が良いですよ。



即レスしない罰が恐い子のLINE



世の中には即レスしないと、「もうないのかと思ったー」と勝手にドタキャンを決めたり、「嫌われたのかと思ったー」としばらく音信普通にしたり、純情な男子を振り回しまくる小悪魔女子が存在します。


こういった女子が恐いのは、最初はすごく良い子にしていて、まずは惚れさせるところ。相手が惚れたとみたら、上記のようなワガママを小出しに始めます。男子のほうは惚れた弱みで、相手に嫌われないよう頑張ってしまうわけです。


しかも、“即レスしないことの罰”が、“好きな子とのデートキャンセル”や“好きな子と音信普通”や“好きな子が他の男子と……”になってしまうので、たまったものではありません。


こういった女子からのLINEも男子は「即レスしたくなる」というより、せざるをえなくなるでしょうね。


男子が“即レスしたくなるLINE”を3つご紹介しました。


“即レス”は内容というより、状況やシチュエーションからじわりじわりと手に入れるもの。「そこまでして即レス欲しくないです」と思わなかったのならば、上記を参考にしてみてください。




(C) fotoinfot / Shutterstock

(C) MRProduction / Shutterstock

(C) Anna Demjanenko / Shutterstock
anan

2017年07月09日 20時15分

LINE体験談 恋愛 anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。