「インスタ映えうざい」と感じてしまう本当の心理

私、とくに予定のない休日などに一人で外食をすることがあります。

日頃の疲れを癒すべく、その日も私はオシャレイタリアンにて一人飯をキメていました。

すると、隣のテーブルに座った女子2名が、何やら互いに席を交換したりして、写真を撮り始めたのです。

彼女たちはどうやら、「自然に振り返った私」を撮りたかったようで、髪の毛がフワッとなる瞬間を狙って、何度も「せーのっ!」と言ってシャッターを切っていました。

店内には不自然な「せーのっ! カシャ」という音が何度も響き渡りました。いっこうに自然なフワッと感が出ず、何度も撮り直しをしていたようです。

「料理が冷めてしまう」とか「マナー違反だ」とか、そこまでは言いませんが、ただただ、気になる。落ち着かねぇ……。

ベストショットはいつ撮れるんだろうかと思いながら見ちゃう……。

そんなわけで、本日は「インスタ映えの追求」について語りたいと思います。

■インスタ映えとは

インスタグラムの普及により、人々は写真クオリティの向上に精を出すようになりました。

インスタでメインとなる情報は写真。

できるだけきれいな、良い写真をあげたい。

それが、インスタ映えの発端でしょう。

今では、公園でブルーシートを引いた上に砂を敷いて、その上に貝殻を散らすなどして、あたかも浜辺にいるような写真演出をする女性もいると聞きました。

インスタ映えを追求するあまり、なんだかわけのわからない方向にいってしまっている人、結構いるみたいです。

また、友人や彼氏に「インスタ映え」を求める人もいます。

一緒に写真に写って映える人としか付き合わない、インスタ映えする彼氏が欲しい、などです。

飽くなき追求と徹底した人材の選出により、インスタ映えは作り出されています。

■インスタ映えは悪なのか

では、これらの「インスタ映え」は悪なのでしょうか。

冒頭で述べた通り、私は飲食店でインスタ映え女子に遭遇し、落ち着かない時間を過ごしました。

しかし、必ずしも「インスタ映え」が悪いとは思いません。

もちろん、迷惑行為はいけませんが、場合によっては素敵な写真をSNSにあげることはお店の宣伝にもなるかもしれません。(もちろん、そういった意向のない店も多いので、もし写真を撮るときは了承を得てからのほうがいいと思います)。

また、一人で公園で砂と貝を並べて写真を撮る分には、だれにも迷惑はかけていないので、好きにしたらいいと思います。

■インスタ映えをうざいと感じてしまうのはなぜか

もしもあなたが「インスタ映え」ばかり気にする友人に辟易して、「インスタ映え」そのものに憎悪の感情を抱いてしまっているようならば、すぐに人間関係を見直すべきでしょう。

◇「インスタ映え」も「ブランド好き」も個人の価値観

「インスタ映え」が好きかどうかは個人の価値観です。

私は、そういった価値観の人もいて当然だし、本人たちが楽しいのだからいいと思います。

たとえば「ブランドもの」だってそうです。

ブランドものを買い集めて、それを自慢するのが好きな人は一定数いますが、その人はブランドが好きなんですよね。

同じような価値観の人とだけ交流していれば、「それ、ヴィトンの新作だよね!いいなぁ!」「私はボーナスでシャネルのバッグを買ったよ!」で、会話も盛り上がっていいと思うのです。

そういう人はブランドを持たない人に、勧めてくるかもしれません。

しかし、それは嫌味で言っているのではなく、こんなに楽しい世界にどうして参入しないの? という純粋な想いもあると思います。

だから、あなたがもしブランド嫌いなのなら、価値観が違う、そういうのを楽しいと思えない、という理由で人間関係を切っていいと思うのです。

◇価値観の違う人と無理して付き合わなくていい

つまり、インスタ映えを「うざい」と感じてしまうのならば、あなたはそういった価値観の人と仲良くしないほうがいい、それだけのことなのです。

友達付き合いは無理をしてするものではありません。

■他人の「インスタ映え」にイライラしたら

具体的に迷惑行為があるようなら、それは指摘するべきですが、周りに迷惑をかけずに必死にインスタ映えを追求する女子のことを悪く言うのはやめましょう!

価値観が合わない人と一緒にいると疲れたりイライラしてしまうのは当然ですが、それは相手が100%悪いとも言い切れません。

一緒にいてストレスになる人と、一緒にいることを選択したあなたにも少なからず非があります。

また、友達でいながら「彼女はいつもインスタ映えインスタ映えって言って写真を加工してて、バカみたい」などと悪口を言うことはあなた自身の価値を下げる行為でもあります。

場合によっては、「友達がキラキラしてるのが羨ましいのかな?」と、ひがんでいるように見られかねません。

ストレスになる人間関係は整理していくべきでしょう。

(E子)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。