大人カジュアルはどこかに緊張感を取り入れて

2017年11月08日 07時00分

ライフスタイル michill

Q、20代のころは大丈夫だったカジュアルな服装が、最近だらしなく見えるようになりました。現在子育て中で、休日はスニーカー必須なのですが、だらしなく見えないカジュアルコーディネートのコツなどありますでしょうか。

(30代前半・医療・既婚・子供あり)

A、ご質問いただきありがとうございます。

「カジュアル」と一言でいいますが、実はとても幅が広いものです。

お子さんの運動会で一緒にレクリエーションをするためのスポーティカジュアルもあれば、ご自宅で寛ぐときのリラックスカジュアル、会社でのオフィスカジュアル、レストランで食事するときのスマートカジュアル、までさまざまあります。

質問者さんが普段どんな感じのカジュアルコーディネートをなさっているのか情報がありませんので、何とも言えませんが、だらしなく見えてしまう大人カジュアルの典型はいくつかあります。

①トップス・ボトムスどちらも伸びる素材+スニーカーやスリッパ風サンダル


トップスもボトムスもTシャツ素材やスウェット素材など、どちらも伸びる素材の場合、20代半ばまではスポーティーに見えても、30歳を過ぎた大人が着ると、途端に部屋着の延長に見えてしまいます。

加えて足元がスニーカーやスリッパ風サンダルだと、アスリート並みの引き締まった体かモデル級のプロポーションの持ち主でない限り、だらしなく見えても仕方ないでしょう。


―解消策―

子育て中なので動きやすいパンツとスニーカー必須ですよね。その場合はトップスかパンツのどちらかを布帛素材にして、「きちんと」すれば、だらしない感じは解消できるでしょう。

例えば、

・トップスをラクに、ボトムスはきちんと。

トップス:Tシャツ、パーカ、スウェットシャツなど伸びるジャージー素材

ボトムス:センタープレス入りのアンクルパンツ、チノパンツ、コーデュロイパンツなど。

一見普通の布のようでいて、ストレッチの効いた素材のセンタープレス入りパンツや、軽くアイロンをかけてシワのないチノパンツなどは、きちんとした印象を与えます。ユニクロやZARAでは、オフィスカジュアル向けにきちんとめのカジュアルパンツをサイズ豊富に良心的な価格帯で展開しているので、これを利用しない手はありませんよね。

・トップスをきちんと、ボトムスはラクに

ボトムス:ジョガーパンツなど

トップス:ハリのあるコットンやリネンの襟付きシャツ

ハリのある素材・襟付きのシャツはきちんとして見えます。もちろんシワシワはだらしなく見える元ですので、アイロンをかけましょうね。

シャツ1枚では寒いこれからの季節、ざっくりとしたラムウールやシェトランドウール素材で少しゆったりめのVネックカーディガンやセーターを着ると温かいでしょう。もちろんカシミヤでもOK。ボトムスが伸びる素材のパンツでも、ニットのネックラインからきちんとプレスしたシャツの襟をのぞかせると、端正な印象になります。

②サイズが合っていない


カジュアル=ゆるい・楽ちん、という発想でトップス・ボトムスともダボダボした大きいサイズを選ぶと、こちらも部屋着のようになりがちで、家の外ではだらしなく見えてしまいますね。

また、襟ぐりのゆるいトップスがだらしなく見える人も案外多いので、襟ぐりもサイズ感の一つとして、似合うものを探したほうがよろしいでしょう。

③素材が合っていない

カジュアルなのでナチュラルに、とシワ加工シャツや、織りの粗いガーゼ調コットン、マットなネルなどの素材感の服を着たら、パジャマみたいに見えたり、疲れみえたり、やつれて見えたり、老けて見える…。

そういう方はナチュラル系が似合わないので、よほどその系統がお好きな場合以外は、潔くあきらめましょう。

やつれて見える服をわざわざ着る必要はないですもんね。

実はそんな方も結構いますので、その場合は綿でも光沢のあるものなど、すこしエレガントな印象のものに変えてみましょう。


世の中はどんどんカジュアルな方向へ向かっていますが、やはり大人のカジュアルには大人なりの緊張感が必要でしょう。
カジュアルといえども、だらしなくならないためには、トップス、ボトムス、靴のどれかに緊張感や端正さを持たせる、ということを頭の片隅にちょっと入れて、コーディネートしてみてくださいね。

michill

2017年11月08日 07時00分

ライフスタイル michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。