「ちょっと疲れてない?」はNG 4つのHを避ける! 言い換える!

2021年10月01日 20時10分

ライフスタイル anan

いつもなぜか相手と気まずくなってしまう…。そんなコミュニケーショントラブルの原因は実は、何気なく使っている言葉にあるのかも? つい口にしてしまいがちなNGフレーズを上手に言い換えれば人間関係は円満に。そのコツをご紹介。

4つの「H」を避けて、会話をスムーズに。


「コミュニケーションのトラブルは、言葉のズレから生じている場合がほとんど。ちょっとした言い方や聞き方を変えることで改善するケースが少なくありません」


と、企業でカウンセリングや研修に携わる、メンタルアップマネージャの大野萌子さん。好印象を持たれる言い換えのコツはまず、「ポジティブな表現を心がけること。『否定』や『批判』『非難』は、相手の心に届きにくいものです。この3つに、自分や周囲の人間と相手を比べる『比較』を加えた4つの“H”を意識して避けるだけで、やり取りがスムーズに」


その上で、簡潔かつ具体的に伝えることも大切という。よく耳にするフレーズを中心に、言い換え例を教えてもらった。


「言い換え力が身につくと、相手から不本意に嫌われたり避けられたりするのを防げて、人間関係のストレスも減らせます。何より、わかり合える醍醐味を知ると、人と関わるのが楽しくなる。リアルで人と会う機会が減り、ひと言の重みが増しつつある今こそ、上手な言葉選びを心がけたいですね」


日常のひと言



挨拶に返事、相づち、社交辞令。人間関係の潤滑油ともいえるこうしたひと言は、何はともあれポジティブに! メールで使いがちなあの言葉もチェック。


ちょっと疲れてない?


→元気だった?

やつれている、顔色が悪いことを指摘するようなマイナス表現は、「そんなにはっきり言わなくても」と、相手も嫌な気持ちに。こんな時はプラスの言葉を使い、「久しぶり、元気だった?」などと明るく声をかけて。


連絡がなかったから心配していました


→久しぶりに連絡もらえて嬉しいです

「心配していた」だと責めている感じがあるけれど、言い換え例なら「連絡してよかった」と思ってもらえます。ちなみに「私も連絡しようと思っていた」は、「なんで連絡をくれないの」と返されかねないので避けて。


なるほど


→今の話、よくわかりました

「なるほど」はそつのない相づちに思えますが、ともすると上の空、他人事に聞こえてしまうことも。ほんのひと言でいいので「何を理解したか」を付け加えると、相手に向き合っている印象に変わります。


うそでしょう?


→本当?

驚いた時に出るフレーズですが、半信半疑で相手を否定するニュアンスが。反対に「本当?」と肯定的な聞き方なら、相手も話を続けやすい。「そんなことがあったんだ」などと付け加えられると、より好印象です。


そのうちランチでも


→月末あたりランチしませんか?

よく聞く社交辞令ですが、約束が実らないと相手はないがしろにされた気持ちになってしまいます。本気で誘いたいなら、話を具体化して。もし相手が社交辞令で返事した様子が窺えたら、そこで引いておきましょう。


メールを送らせていただきます


→メールをお送りいたします

「させていただく」は相手の許可をもらう、恩恵を受ける、という2つの条件を満たす場合に使う謙譲語なので、それに当てはまらない時は「いたします」でOK。多用すると恩着せがましい印象を与えてしまいます。


体調を崩さないようにお気をつけください


→健やかにお過ごしください

気遣いがあるように見えますが、相手が元気な人なら余計な心配になってしまうし、反対に体調を気にしている人だと暗い印象を与えてしまいます。思いやりのある、ポジティブな言葉に言い換えるのがスマートです。


してほしいこと、意見を伝える


仕事を頼む、言い分を聞いてもらう…。お願いする・主張するシーンでは、具体的&ポジティブな言い方に。思いやるスタンスも大切です。


ちゃんと、しっかり、徹底的に


→この作業は○○までやってください

細かい作業が求められる時などに使われる「ちゃんと」や「徹底的に」。強い言葉に聞こえますが、程度の感覚は人によって違います。どこまでやってほしいかを、具体的な数字や状態を入れて伝えることが肝要。


それはしないでください


→それはこうしてください

例えば「ドアを閉めないでください」と「ドアを開けておいてもらえますか」。同じ内容でも肯定形のほうが相手は受け止めやすくなります。部下の仕事のミスを指摘する時なども、否定ではなく生産的なアドバイスを。


このぐらいの仕事ならできるよね?


→この仕事をあなたにお願いしたいです

その人を見下したり試すような言い方は、相手の警戒心や反感を刺激してモチベーションも下げてしまいます。あなたを信頼しているからお願いしたい、と依頼したほうが、相手にも気持ちよく仕事をしてもらえます。


なるべく早めにお願いします


→〜までにお願いします

配慮のつもりがかえって相手を困らせてしまうのが「なるべく」「できれば」などの曖昧フレーズ。「今月末までにお願いします」などとはっきり伝えつつ、「難しい場合はご相談を」と思いやりも示せるといいですね。



大野萌子さん メンタルアップマネージャ、産業カウンセラー。長年のカウンセリングや研修の経験から得た言い換え例が満載の著書『よけいなひと言を好かれるセリフに変える 言いかえ図鑑』(サンマーク出版)が、ベストセラーに。


※『anan』2021年10月6日号より。イラスト・ery 取材、文・新田草子


(by anan編集部)

anan

2021年10月01日 20時10分

ライフスタイル anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。