「(笑)」「www」は使ってもOK? 親近感アップの“メッセージアプリ”テク

2021年04月17日 20時40分

アプリ ライフスタイル anan

ひと工夫で一気に親近感もアップする“メッセージアプリ活用”テクとは? anan読者に、実際に使っているテクニックをアンケートでリサーチ。専門家に分析していただきました。より良くするためのアドバイスも伝授!

アンケートからあぶり出す! 好感度メッセージテク。


忙しく見せないことでKEEP IN TOUCH。


誘いたいのは“忙しいアピールをしない”人。



「人は誰かを誘いたいと思った時に、誘いやすい人を選びます。ですからあの子は呼べばいつでも来る、ぐらいに思われておいた方が連絡を取りやすい。いつもスケジュールが埋まってるように振る舞うなどのリア充アピールはしない方がいいですね」(心理カウンセラー・五百田達成さん)。ただ、長期的には注意点もあるとか。「すべてを相手の都合に合わせすぎると、相手優位の関係が生まれて自分が辛くなるので、こちらも気楽に構えましょう」(心理美容家・愛葉香さん)


返すタイミングは相手のペースに合わせるのが基本だが、時には即レスもよい。


盛り上がった勢いでの即レスは距離を縮める。

“自分がしばらく話せるタイミングなら即レス”という意見も多数。「既読がすぐにつけば会話を続けても問題ないですし、共通の話題で盛り上がっている時に即レスをした方が感じは良いですね」(愛葉さん)。「おしゃべりが長く続くだけで“気の合う人”“いい人”、さらには“面白い人”なんて思わせる効果も。言ってしまえば、会話の内容よりもちゃんと会話が続いていることが、相手との距離を縮めるのです」(五百田さん)


「笑」「(笑)」「www」は、相手が使うまで使わない。


すれ違いが不安なら、相手が使うまで控えて。



“誤解が気になる”という人も多い“(笑)”の使い方。「笑顔の代わりに使ったとしても、もしかしたらあざ笑っているように捉える人もいるかもしれません。不安なら、相手が使うまで控えるのもいいでしょう」(愛葉さん)。判断を間違えなければ、良い点も。「言い切りは強すぎるので、最後に“ね”をつける感覚だと捉えてもいいと思います。“(笑)”があることで、一般的に敵意がないことは相手に伝わります」(五百田さん)


「ご挨拶」「お礼」「お祝い」が三種の神器スタンプ。


王道系スタンプは画面が華やかになり和む。



ポジティブな話題で使いやすいこの3種類は、鉄板! 「いろんなシチュエーションで使えるハッピー系スタンプは、持っていると便利。言葉で『おめでとう!』と送った後にスタンプをつければ華やかさがあり、視覚で気持ちが伝わりやすくなります。クセが強すぎない王道系スタンプを常備して」(愛葉さん)。「テキストだけよりも場面を和ませるスタンプ。だからこそ、よく使うこの3つはあるといいですね」(五百田さん)


1メッセージは“ちょっとあっさり”の2~3行。


長い文章は気分を重くさせる。

長く書きたい思いがあっても“雑談なら相手の返事のしやすさを優先する”という気遣いテクニック。「相手と同じように返そうと思う心理がはたらくので、長いメッセージが来ると、返事をするのに気分が重くなります。スクロールせずに画面内の範囲でパッと読める2~3行が妥当です」(愛葉さん)。「画面設定は変えられるので、人それぞれだということを前提にしつつ、一般的には2~3行が正解です」(五百田さん)


ラリー終わりは「報告してね!」で締める。


未来の話や興味をにじませるのは大正解!



「この話飽きたからおしまい、とは言えません。そこで、このように未来の話にするのはとても賢いと思います。切り上げながらも、楽しみにしている感じが出ますね。うまいです!」(五百田さん)。「ほかにも『また教えてね』『今度聞かせてね』でもOK。今は話を終わらせるけど、ちゃんとあなたのその話に興味がありますよ、という気持ちが伝わるので、相手も気分を害しません」(愛葉さん)。文脈に合わせて、ぜひ応用を。


愛葉 香さん 日本心理学会認定心理士、心理美容家として活動。国際線の元CAの経験を生かして、企業イベントや結婚披露宴などの司会として活躍している。


五百田(いおた)達成さん 作家、心理カウンセラー。セミナー、講演、執筆など多岐にわたり活動中。著書に『超雑談力』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)ほか多数。



※『anan』2021年4月21日号より。イラスト・いいあい 取材、文・若山あや


(by anan編集部)

anan

2021年04月17日 20時40分

アプリ ライフスタイル anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。