あの言葉で返す!...「イヤな言い方」をされた時の簡単な対処法

2020年09月04日 21時00分

ライフスタイル anan

普通に言えばいいのに、わざわざイヤ~な言い方で、指摘や注意をしてくる人がいますよね。自分が悪いのかもしれないけれど、あの言い方は腑に落ちない! 酷い! と怒ったり、傷ついたりすることもあるでしょう。そこで、そんな思いを回避できる対処法をお教えします!

文・橋本ミシェル


嫌な指摘をされたときの対処法



誰でも価値観の違いなどでぶつかるときがあります。ネガティブな指摘を受けて、反発したら人間関係がギクシャクしてしまったり、言う通りにしたらマウントを取られたようになって嫌な思いをしたりしたことはありませんか?


建設的でない嫌な感じの指摘は、自尊心を傷つける屈辱的な個人攻撃になることさえもあります。「この企画を成功させるためには、まだまだ練らなければならない部分がある」と、「こんな企画は絶対に成功しないからやめたほうがいい」という言い方では、大きな違いがありますよね。前者には改善の余地がありますが、後者は可能性を否定して努力のチャンスを奪う言い方です。


「嫌な指摘を受けること」を避けたり無視したりすることなく、上手に対処できればイライラしたり、損な思いをしなくて済むのではないでしょうか。


今回は、嫌な指摘をされたときの効果的な対応のポイントを4つご紹介します。



1. まず受け止める


相手は「ごめんなさい」という言葉を聞きたいのではなく、「うん、わかったよ」とか、「あーそういうところもあるかもね」という言葉が聞きたいので、「あーそういうこともあるかな」、「この人はそう思ったんだな」と思ってまず受け止めておきましょう。


話に耳を傾けずに「でも~」、「そうは言っても~」と反発してしまうと、相手の余計な恨みを買ってしまいます。また、指摘をされたことから勝ち負けの対話になると、マウントの取り合いになったりしてしまいがち。そうならないためにも、まずは相手の意見をいったん受け止めることが大切です。


2. 「なるほど」は万能な言葉


いちいち付き合っていたら身が持たないような嫌な指摘の場合、細かい内容は聞き流してしまってもいいかもしれません。でもそんなときでも、きちんと聞いている姿勢は示してみましょう。


「はいはい」と適当な返事でもなく、「わかりました、そうします」と言いなりになる返事でもなく、「なるほど、~したほうがいいということですね」と返すと、相手は話をちゃんと聞いてもらえたと安心して、気持ちよく次の話に進めます。理解している気持ちが伝わる「なるほど」は万能な言葉です。


3. 「ありがとう」と感謝を示す


「ありがとう」と感謝されることで、相手の親切心はまずは満たされるはずです。相手の親切心に感謝をしても、実際に行動を変えるかどうかはあなた次第です。


ここで覚えておいてほしいのは、この「ありがとう」は、「あなたの考えを伝えてくれてありがとう」という意味であって、「ありがとう、参考にするけど、その通りにするわけではありません」ということです。


4. 必要以上に反応しない


無駄に反応せず心をクリアに保つのが何より大切なこと。自分の心の状態をみつめてみましょう。大事なのは、このとき「嫌な指摘をされて動揺している」、「怒りがある」などということを頭の中で客観的に確認することです。


よく知らない人からの指摘は、その人にとっての都合の良い意見であって、あなたのことを思って言っていない場合があります。そんなときに、あなたが過剰反応すると、相手は面白がってさらにヒートアップするので、相手にしないほうが良いことが多いです。とはいえ、全て無視するべきというわけではなく、ときに最高のアドバイスになる場合もあります。


一方で、仕事やプライベートで、一緒に過ごす時間の多い人からの指摘は、あなたにとっての最善を願って手助けしたいという気持ちからというのも少なくありません。そんなときは、相手の意見をよく聞いて、不満や改善提案などを書き留めてみると良い発見があるかもしれません。


ネガティブな言葉ばかり気になって、必要以上に反応してしまいやすいですが、同じように、自分にとって役立つ建設的な意見をありがたく受け取っていることも忘れないようにしましょう。


いかがでしたか。感情的になってしまうと、耳を傾けるのは難しいかもしれませんが、冷静になって対処することで、改善することもあります。できることから試してみてはいかがでしょうか。


橋本ミシェル

Twitter @MichelHashimoto




©Jamie Grill/Gettyimages

©Wavebreakmedia Ltd/Gettyimages

anan

2020年09月04日 21時00分

ライフスタイル anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。