「今日の私、最高!」と言う! やる気のスイッチを押すコツ4つ

2020年08月06日 20時00分

ライフスタイル anan

興味のあることや将来の夢、新たなチャレンジなどなど。やってみたいことはたくさんあるけれど、さっさと踏み出せる人はそうはいません。迷ったり思い悩んだり、勇気が出ないときに、背中を押してくれるアイデア&アクションをご紹介。まずはここから始めましょう!

ワクワクする気持ちが作れたら怖いものはない!



「人は、“楽しい”ことであれば寝る間を惜しんでやりますが、一方で“つまらない”と認識していることに対しては、なかなか体が動かない」


と言うのは、金メダリストなどを支えた経験もある、メンタルスキルコーチの飯山晄朗さん。動き出せないときには、意図的に自分のマインドを“楽しくてワクワクを感じている”、つまり“快”の状態に持っていくことが大切。


「私たちの脳は、自分が言った言葉や作った表情、体の動きなど、“自分がとった行動”を信用し、それに影響されるようにできています。まずは嘘でもいいので、“今日の私、最高! 楽しい!”と口に出し、ニコッと笑ってみてください。それを何度も繰り返すと、脳も“楽しい!”と感じ“快”を感じている状態になり、やる気ホルモンといわれるドーパミンの分泌も促され、自然に体が動くようになる。ワクワクする気持ちが作れたら怖いものはない!まずはそのように、行動に出る前に、ポジティブな方向に感情を持っていける癖をつけましょう」


人はいざ動き出そうとするとき、夢ややりたいことが大きければ大きいほど、怖じ気づいてしまう、と飯山さん。


「大切なのはそこで諦めてしまわず、まず動いてみること。今回紹介しているスイッチはすべて、小さな一歩を踏み出すためのアクション。まずはこれで足を出し一歩ずつ進んでいくことが、将来の目標達成につながります。すべてのスイッチを入れなくてももちろんヨシ。1個でも2個でも押してみて、自信をつけてくださいね」


SWITCH1:足かせになる“短所”を“長所”に変える。


ACTION:弱点に対し、“だからこそ、こんなことができる”と書き出してみる。

やりたいことがあっても、“どうせ私になんかできない”“どうせ私がやっても失敗する”というように、自分の短所に目がいきがちな人は、なかなか行動に移せない。


「でも実は短所は、視点を変えれば長所にもなり得る。例えば“短気”であることは、一方で“短気だからこそ仕事をさっさと終わらせることができる”し、“優柔不断”は“だからこそ思考が深い”ともいえるわけです。自分の短所だと思っていることを書き出し、その次に“だからこそ、こんなことができる”と、長所に変えて書いてみる。すると短所への意識が変わり、行動する勇気が湧いてきます。たくさん書いてみるといいですよ」


SWITCH2:自分の“得意”を知って、夢につなげる。


ACTION:友達や周囲の人に、「私の長所って何?」と聞いてみよう。

変わりたいと思ったり、やりたいことがあっても、何から手を付けていいのかわからないから踏み出せない、という人も多いはず。


「まずは自分の得意なことから始めてみて。とはいえ自問自答しても、なかなか長所が思い当たらない人も多いはず。そんなときは、友達や同僚など、あなたをよく知っている人に『私の長所って何かな?』と聞いて、客観的に長所や得意分野を洗い出し、そこから“自分の売り”を考えてみるといいと思います。例えば職場などで、定期的にお互いの良いところを評価し合うような機会を持つと、思いもよらなかった長所が見つかり、才能を伸ばせるきっかけになりますよ」


SWITCH3:動かない自分への“言い訳”や“甘え”を捨てる。


ACTION:思い立ったら“○○したい”ではなく、“○○する!”と言い切る。

あれやりたいな、これもしたいな。頭の中はそんな希望でいっぱい。でもそういう割に動かない人、結構いるはず。


「“したい”という言葉は希望であって、そこには“○○したい、でも今は無理”であったり、“○○したい、でも難しい”というように、言い訳や甘えが入っている。心のどこかに、“叶わないかもしれないな”との思いがある。本気で動くためには、言い訳や甘えを捨てるべき。紙を用意し、“○○したい”ではなく、“○○する!”と言い切り型で書く。冒頭で言ったように、書く、書いたものを読むという“行動”によって夢を実現するイメージが生まれ、行動に移せます」


SWITCH4:“大きな目標”を“小さな目標”に細分化。


ACTION:目標まで半年、3か月、1か月…と、細かくスケジュールを書き出す。

例えば“起業してお店をオープンする”という夢があるとします。でもいきなり明日お店を開けられるわけはなく、オープンに向けてクリアすべきことがいろいろあるもの。


「目標が大きいほど難易度は高く、一度ではとても到達できない。その山の高さに戦意喪失し、踏み出す以前に諦めてしまうパターンも大いにある。スタート前に心が折れないために、まずゴールまでのスケジュールを細かく設定し、そこまでに“今の自分でもトライでき、乗り越えられる目標”をたくさん立て、少しずつクリアしていく道筋を作ることから始めましょう。書き出すことで、夢に向かって今やるべきことが見えてきます」


飯山晄朗(じろう)さん メンタルスキルコーチ。オリンピック金メダリストの高木菜那選手のコーチも務める。著書に『超メンタルアップ10秒習慣 心がどんどん強くなる』(大和書房)など。


※『anan』2020年8月5日号より。イラスト・岡田 丈 


(by anan編集部)


anan

2020年08月06日 20時00分

ライフスタイル anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。