【女子に調査】SNS“絆”事情 広く浅いつながりは意外と役立つ?

2019年11月08日 20時30分

ライフスタイル anan

20代~30代前半の女性に、絆についてアンケートを実施。リアル、SNSなど、多様化する絆のかたちの現在を探ります!

Q. 広く浅いつながりが役に立ったことはありますか?


YES…83%、NO…17%


強い絆でなくとも、時にはメリットが。

SNSだけつながっておくような、現代らしい広く浅いつながり。普段は意味が薄い関係だけど、「役に立ったことがある」と答えた人が実に83%。情報を必要とする時、意外に力を発揮するのはネットワークといえそう。


Q. 広く浅いつながりが裏目に出たことはありますか?


YES…48%、NO…52%


便利であるゆえに起こるデメリットも。

結果は約半々。SNSを中心に、トラブルを生むこともたくさん。つながっているからこそ、都度返信しないと悪印象だったり、気軽にドタキャンできてしまったり。自分にとってそれほど重要でもないところで、手間をとられる実情が。


Q. つながりが厄介だと感じてしまう人はいますか?(複数回答)


仕事関係…47%、いない…23%、地域…21%、友人…15%、サークルや趣味などの仲間…10%、家族…10%、恋人…4%、その他…2%


仕事関係がトップ。適度な距離感を心がけて。

仕事関係が群を抜いて1位。他にもご近所付き合いや友人で、距離感の異なる接し方に戸惑いを感じる人が多かった。仕事や住居はそう簡単に変えにくいので、悩みも深刻。一方、「いない」と答えたノンストレスな人も23%で2位に。


Q. SNSを利用していますか?(複数回答)


LINE…79%、Instagram…53%、Twitter…52%、Facebook…40%、Messenger…17%、Skype…9%、SNSを利用していない…8%、カカオトーク…8%、Slack…6%、Tumblr…1%


もはや欠かせないツール。インフラ的存在感を発揮。

半数以上の人が、LINE、Instagram、Twitterを利用。SNSがコミュニケーションインフラとして、すでに定着していることがわかる。またSNSを現在利用していない人が、8%ほど存在。なかにはSNS疲れでやめた人も。


Q. SNSの種類によってつながり方は違うと思いますか?


YES…87%、NO…13%


コミュニティでツールを分けている人が多数。

オープンかクローズドか、文字と写真のどちらが中心かなど、SNSごとに特性が。それによってつながり方が違うと考えている人が87%に上った。Facebookは海外や仕事の連絡手段。Twitterは趣味のつながりが中心。Instagramは情報収集・発信に活用など。また、Instagramは表向き、Twitterは本音と、ツールごとに発信内容が異なるというイメージを持つ人もいるよう。LINEはメール感覚で、個人的な連絡手段として一般化している様子。


Q. SNSのみでの交友をどう思いますか?


リアルと区別はするが、問題ないと思う…47%、抵抗がある…27%、リアルより気軽でよい…18%、リアルと同じ…8%


抵抗がないという意見が、70%以上。

SNSのみでの友人関係に抵抗はない人が約70%と、リアルで会っていないことを問題視する人はもはや少数派。むしろ、顔も名前も知らないから相談できる、なんて声も。リアルとは違うことを理解し、関係を構築しているよう。


Q. あまり教えたくない人にSNSを聞かれたらどうしますか?


はっきりと断る…15%、やんわり断る…33%、話をそらす…11%、逆に相手のを聞いておき、自分から連絡すると伝える…18%、仕方なく教える…23%


結果的に教えない派が約80%。

「仕方なく教える」と答えた23%を除き、残りの77%が「教えない」という結果に。細かく見ると、断るというストレートな人が約半数。話をそらすなどのごまかす派が30%程度。徐々にネットリテラシーが高まっているといえる。


Q. SNSを使用していないと“孤独”を感じますか?


YES…14%、NO…67%、どちらともいえない…19%


意外にもNOが多数派。世代的にも依存度は低め。

人間関係の中でも比重が大きいSNSで、注意すべきはその依存度。しかしSNSを使っていない時も「孤独を感じない」と答えた人が約70%に上り、この世代については問題なさそう。執着しすぎず、うまく使いこなしている模様。


Q. SNSを利用してから、絆のあり方は変わったと思いますか?


YES…68%、NO…32%


YESのうち良い変化…顔は知らなくても、気の合う人と会えた。(32歳・事務)、住んでいる地域が違う人と出会えた。(26歳・不動産)、Twitterのおかげで、生涯の友人に出会えた。(24歳・金融)

YESのうち悪い変化…コミュニケーションの回数は増えたけど、深さはない。(24歳・広告)、会わなくても近況を知っていて、会った気になっている。(31歳・ブライダル)、携帯を見ることが多くなり、会話が減った。(23歳・出版)、LINEの返信など、めんどうなことが増えた。(25歳・印刷)


良くも悪くも、変化アリ。様々な声が集まりました。

約70%がYESと回答。コメントを見ると、良い悪い両方の変化があることがわかる。良い変化は、リアルに縛られずに絆を見つけられるという意見。悪い変化は、SNSの利便性により、リアルな絆が薄れたという意見が多かった。


※『anan』2019年11月13日号より。イラスト・nanamy


(by anan編集部)


anan

2019年11月08日 20時30分

ライフスタイル anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。