秘書100人がダメ出し!仕事場でのファッション絶対NGマナー9選

ビジネスマナーを秘書100人に調査! ぐるなびが運営する日本最大の秘書コミュニティ「こちら秘書室」の秘書さんたちにアンケートを実施しました! 現役秘書直伝の “めっちゃ使える” ビジネスマナー、今回のテーマは、仕事場でのファッションで「絶対にやってはいけないこと」。秘書さんたちが教えてくれたNGマナーをご紹介!

職場のファッション、どうしてる?

毎日どんなファッションで仕事に出かけていますか? 制服があったり、カジュアルOKだったりと職種によってさまざまだと思いますが、社会人としての一般常識は知っておきたいところ。そこで、ビジネスマナーに精通した現役秘書100人に、仕事場でのファッションで「絶対にやってはいけないNGマナー」を聞いてきました!

職場ファッションのNGマナーは…


露出はダメーっ!




「胸もとが開き過ぎる服装」(32歳・IT系)

「すべての季節で肘、膝は出さない。鎖骨もすべては出さない」(42歳・教育)

「スーツでも、スカート丈が膝丈より短いとソファーに座ったとき正面のクライアントが目のやり場に困る」(50歳・金融)



アンケートでもっとも多かった回答が、露出に関するもの。特にノースリーブとミニスカートは「絶対NG」という意見が多数ありました。夏に流行したシースルー素材のトップスも要注意。腕がすべて見えるのは避けるなど、工夫したほうがいいようです。


下着のラインもダメ!




「体や下着のラインが見えるようなタイトな服装は控える」(46歳・情報サービス)

「下着の線が出るようなぴったりしたデザインの洋服は避ける。あくまでも上品に」(51歳・IT系)



下着が見えるのはもちろん、そのラインも見えたらマナー違反。ビジネスシーンでなくても、例えば電車の中で下着の線がバッチリ見える女性がいたら、気になりますよね。これは男性目線というより女性が同性に対して注意したくなるマナーなのかもしれません。


素足もNG!




「夏場でも素足でオフィスに入らない」(46歳・製造業)

「生足はみっともないので夏でもストッキング着用」(48歳・その他サービス)



職場での生足は、やはりイメージがよくないようです。ちなみに、アラサー世代以下の秘書さんたちから「素足NG」の回答は寄せられませんでした。素足に関しては、世代によって受け止め方が異なるのかもしれません。


カジュアルすぎる!




「カジュアルなワークパンツ、カーゴパンツなどは履かない」(36歳・文具製造業)

「デニム生地の衣服はカジュアルすぎるのでNG」(32歳・IT系)

「突然の来客でも、すぐにジャケットを羽織ってお客様にお会いできる服装にしている」(32歳・輸送)



ビジネス・カジュアルがOKな職場でも、くだけすぎないよう注意したほうがよさそうです。また、「常にジャケットを用意している」と答える秘書さんも多くいました。とりあえずジャケットがあると、いざという時に安心ですね。


ヒラヒラ…は避ける




「お茶出し等するので、袖がヒラヒラするものは着ない」(24歳・石油・ガス系)



袖フリルのトップスがトレンドになっていた時期もありましたが、ヒラヒラ…もNGなんですね。ほかに、「長めのネックレスはお茶出しでかがんだときに危ないのでつけない」(31歳・金融関係)、「茶器を傷つけないように指輪はしない」(45歳・情報サービス)など、お茶出しに支障があるファッションは避ける、という回答がいくつもありました。


だらしないのもダメ!




「周りに不快感をあたえないような服にすること」(40歳・製造業)

「フォーマルなデザインの物でも、しわがついていたり毛玉だらけなのはNG」(44歳・メーカー)

「だらしなく見える服装、安っぽい服はNG」(47歳・総合電機)



経験を積んでいる秘書さんたちの回答は、やや厳しめ。でも、確かに納得できるものばかりですね。


サンダルはダメ!




「ミュールはカジュアルすぎるのでNG」(40歳・IT関係)

「他社を訪問した際に事務サンダルで来客応対をされたことがあるが、それはマナー違反」(35歳・外資コンサル)

「オープントゥの靴をはいてはいけないと先輩から注意された」(36歳・製造業)



さらに、ウェッジソールやスニーカー、ブーツもNGとのこと。では、どんな靴であれぱOKなのでしょう? 次のNGマナーも見てみましょう。


ヒールも避ける?!




「意外と動き回ることも多いので、ヒールを履かないようにしている」(37歳・製造)

「防災と音の理由からハイヒールは履かない」(46歳・情報サービス)



ただ、「ヒールは必須」(金融系)という人もいて、回答はわかれました。「更衣室で履き替えればOK」という職場もあるので、先輩方の様子を見ながら仕事柄に合うものを選択するとよさそうです。


メイク&ネイル&アクセは…?




「派手な化粧やネイル、大ぶりのアクセサリーはNG」(46歳・製造業)

「イヤリングは電話の邪魔になるので控えている」(40歳・IT関連)

「社内外とも役員に接するので、髪色・髪型・ネイル・アクセは自分の親の目線で考えて悪目立ちしないようにしている」(32歳・飲料メーカー)



やりすぎメイクはもちろんダメですが、「ノーメイクもNG」という意見もありました。やはり、なんでもバランスが大事なんですね。

TPOにあったファッションを!


仕事場でのNGファッション、いかがでしたか? 「自分の好みよりも職場では無難なものを着ている」(30歳・IT)と回答した方もいましたが、オフィスでは、周囲に不快感を与えないファッションをするのが基本。トレンドのおしゃれな服装でも、TPOにあっていなければ悪目立ちするだけです。秘書さんの意見を参考に、ビジネスマナーにあったファッションを取り入れてみてくださいね!

Information

取材協力:ぐるなび「こちら秘書室」




©Paul Bradbury/Gettyimages

©RossHelen/Gettyimages

anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。