「I have. 」~私は所有する。~|12星座連載小説#114~牡牛座 最終話~

2017年07月07日 21時15分

ライフスタイル anan

12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

文・脇田尚揮

【12星座 女たちの人生】第113話 ~牡牛座-最終話~


―――3ヶ月後


私は自分の部屋のベッドで、真っ白なシーツに包まれている。


そして、その隣には……秀さん。


私の“呪い”とも言えるほどの、雅俊さんへの執着心を彼は受け入れ、そしてそれ以上の存在になってくれたのだ。


スヤスヤと寝息を立てて眠る彼の横で、私は心が満たされているのを感じた。


彼は、ありのままの私を受け入れてくれる。コンプレックスまで全部。


それが全ての決め手だった―――


初めて二人でデートをした“あの日”から、私たちは始まった。


あの日、私は秀さんに全てを話した。


自分には忘れられない人がいること、そして、その苦しみから逃れるために秀さんを利用してしまっていること。


包み隠さず、全てを。


そしたら、秀さんは一言。


「それが人間ってものでしょ」


受け入れてくれるはずないと思っていたから、驚いちゃった。何か誤解しているんじゃないかと思って、もう一度説明し直したくらい。


でも、彼は顔色一つ変えず、「人間って弱いですから…よく分かります」って言ったわ。


そんなこと言ってくれるのも、最初のうちだけだと思っていた。


それから何度かデートを重ねた。ランチだけでなく、ディナーも。


いくら会っても、秀さんは何も変わらなかった。


「清水さんが、過去のことを忘れることができるまで、私はこうしていつまでも待ち続けます」


そう言ってくれたのが、8回目のデートだったかしら……。



私も結構考えを曲げない方だけど、そんな私以上に忍耐力のある人だった。


雅俊さんのことを、完全に忘れたと言ったら嘘になる。でも、たまに思い出す程度に薄らいだ。


秀さんは、こんなことを言っていた。


「私が取り組んでいる環境事業というのは、とてもとても時間のかかるものです。こんな風な街にしたいという構想があったとしても、完成までに数十年もかかってしまうのです」


「これは、人間関係や恋愛にも通ずることではないでしょうか。出会いの種を蒔いて、そこから信頼という名の芽が出て、幸せの花を咲かせるまでには“時間”が必要です」


「だから私は“待つ”ということの大切さを知っているつもりです。その……何を言いたいかというと……」


―――そこまで言いかけた彼に、私は口づけをした。


それが、私と秀さんの始まりだった。


今でもたまに雅俊さんのことを思い出して、胸が痛くなることもある。でも、その痛みも前ほどじゃない。


それはきっと、今が充実しているから。秀さんの温かさに包まれているからこそなのだと、思う。


私がお酒で失態をした、あの夜。秀さんは何も言わずに私を介抱し、守ってくれた。


あの時と変わらず、彼はずっと私を見守ってくれている。いつまでも、過去の男から抜け出しきれないダメな私を―――


無防備に眠る彼の髪を撫でる。


雅俊さんのように爽やかじゃないし、リードしてくれるわけでもない。でも、彼は私にとっての“唯一無二”の存在なの。


この3ヶ月間一緒に過ごしてみてよく分かった。


これほど絶対的な安心感を私に与えてくれる人は、他にいないだろう……って。


ベッドから起き上がり、着心地の良い薄手のワンピースを羽織る。


朝ごはんを作ろう。彼が起きて、喜んでくれるように。


心の痛みを少しずつ取り除いてくれる彼への、私なりのちょっとしたお礼。


冷蔵庫を開け、レタスとマヨネーズ、ハムを取り出す。そして、トースターにパンを二枚セットし、スイッチオン。


熱々のお湯でコーヒーを淹れる。そして、フライパンに卵を二つ。お箸でかき混ぜスクランブルエッグに。


大切な人と、幸せな朝を迎え続けたい。それが私の一番の夢だった。



―――私の夢を、秀さんが叶えてくれた。


これから秀さんと時間を重ねていく中で、私は雅俊さんとの思い出を心の宝箱にしまい込むだろう。


時には、そっと開いて思い出すこともあるかも知れない。


でも……、一瞬一瞬を、秀さんと楽しんで生きていく。


牡牛座の女の人生は、


“ I have. ” ~私は所有する。~


かけがえのないものを、掴んで離さない。


私は手放すことへの恐れがあった。だから、自分から離れていくものにすがりつき、いつまでも暗い場所に立ち止まっていた。


だけど、そんな私を秀さんは外へと連れ出してくれた。きっと、これからの彼との未来は明るいだろう。


朝陽が、部屋に差し込んできた。もうすぐ目を覚ますであろう、彼の横顔に軽く“おはようのキス”をする。


今、私は安心感に包まれています―――。


牡牛座の女の人生 ~Fin~


【今回の主役】

清水和歌子 牡牛座28歳 保育士

子供好き。学生の頃から付き合っていて、結婚まで考えていた彼(飯田雅俊)に振られる。彼との恋をずっと引きずっており、復縁を望んでいる。ややぽっちゃり体型だが、男ウケする柔和な笑顔が特徴的。結婚していい奥さんになるのが夢。友人の紹介で、同郷の志田秀と引き合わされ、淡い恋心を持ちながらも、過去を忘れられずに苦しむことに。

(C) indira’s work / Shutterstock

(C) Pressmaster / Shutterstock
anan

2017年07月07日 21時15分

ライフスタイル anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。