ティッシュで拭くのは間違いだった!テレビの正しい掃除方法とは

2017年12月30日 16時03分

住まい LIMIA

テレビの液晶って指紋やホコリがついてしまったりと、すぐに汚れてしまいがちです。その汚れはウエットティッシュや普通のティッシュで拭いていませんか? 実はそのお手入れ方法は間違いなのです。今回はテレビの画面を傷つけずにきれいに掃除する方法について詳しくご紹介します。

普段何気なく見ているテレビ。見ている間は良かったけど、電源を切ってからふと見たときに「あれ、こんなに汚かった……?」と、汚れに気付いてしまう方も多いのでは?

そこで、今回はテレビ掃除について、液晶画面の拭き方や裏面の掃除方法など、しっかりと調べてみました。正しい方法で掃除してみると、液晶を傷めたり事故につながったりする恐れもなく、すっきりキレイになりますよ。

◼︎目次
1.テレビの液晶、なにで拭いていますか?
2.掃除道具紹介
3.掃除してみた【液晶】
4.掃除してみた【裏面など】
まとめ

1. テレビの液晶、なにで拭いていますか?

皆さんは普段、テレビの液晶画面をなにで拭いていますか? 水で濡らしたタオル? それとも普通のティッシュ? これらの方法は、どれも間違いです。
テレビはご存知の通り電化製品。もし水分が画面のふちから内部に入ってしまったら、テレビが壊れてしまいます。

デリケートなテレビの液晶画面。では何を使えば良いのでしょうか。

2. 掃除道具紹介

今回準備した掃除道具はこちら。

液晶画面クリーナー(ウェットタイプ)。
やはり専用のクリーナーは安心ですし、洗浄力も高く、液晶掃除に最適です。

缶入りエアダスター。
精密機器のホコリを安全に飛ばせます。

マイクロファイバークロス。
柔らかい繊維と、吸水性、原料の性質など、液晶掃除のための条件がそろっています。

ハンディモップ。
今回は繊維が柔らかく、使い捨てタイプのものを選びました。こちらはテレビの裏側掃除で大活躍です。

掃除機。こちらもテレビの裏側や、ラックの掃除に使いました。

3. 掃除してみた【液晶】

テレビの掃除をするときに絶対忘れてはいけないのが「まずコンセントを抜くこと」。

掃除することで起きる静電気によって、精密機器が壊れてしまうことがあります。
テレビと周辺機器など、電源が一緒のタップにささっているものはまとめて抜いておいたほうが安心です。

次に、テレビの状態を確認してみます。

テレビ上面にホコリが積もっています。

画面下側のフチにもホコリが積もり、液晶画面にもホコリがいっぱいです。
では早速、掃除開始です。

液晶の掃除をする前に、まずはテレビの上面のホコリを取ります。
液晶が汚れる主な原因は静電気。画面の静電気によってホコリを呼び寄せてしまうのです。

画面を掃除した後に上面を掃除すると、またホコリが舞って画面にくっついてしまうので、先に上面を掃除しておきましょう。

次はエアダスター。画面両脇と下側のフチのホコリを飛ばします。

ここまできたら、やっと液晶画面の掃除に入ります。

マイクロファイバークロスでから拭きします。ほとんど押し付ける力はゼロです。

マイクロファイバーはとても柔らかい繊維で、液晶を傷めにくい素材です。そして原料はナイロンやポリエステル。静電気の起きやすい素材なので、これを利用して画面のホコリを絡め取っていけるのです。

しかしこれだけでは、指紋や手垢、飲み物などの飛び跳ねは落とせません。
そこで、液晶画面クリーナーの出番です。

液晶画面クリーナーで優しく、あまり押さえつけずに拭いていきます。

4. 掃除してみた【裏面など】

続いては、テレビの裏面。

テレビ側面の排熱穴にほこりが溜まっています。

配線類の横にもほこりがたまっています。

まずハンディモップでテレビ側面と裏面を掃除していきます。

そして配線の隙間も。

配線の間も、今回使ったような柔らかい繊維のハンディモップならスルスル入っていけるので、簡単に掃除できます。

まとめ

今回は液晶画面を中心に、テレビの表面と裏面を掃除してみました。

特に液晶画面の拭き掃除に関しては、液晶を傷めてしまうもの、テレビを壊してしまう可能性のあるものなど、使用できない掃除用品がいろいろあることがわかりました。液晶画面の掃除には、やはり専用のクリーナーが一番かもしれません。

また裏面の掃除については、掃除することも大切ですが、汚れない工夫がもっと大切だと感じました。

テレビは正しい方法により掃除することで長持ちします。皆さんも実践してみてはいかがでしょうか。

LIMIA

2017年12月30日 16時03分

住まい LIMIA

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。