深まる秋にこっくりした味わい&色合いのロゼシャンパーニュを

2017年11月07日 07時00分

フード・レシピ michill


この記事を試すのにかかる金額




  • 7,000円(税抜)
    輸入元希望小売価格



スパークリングワインといえばシャンパーニュ



グラスの底から優雅に舞い上がる泡は、スパークリングワインの最大の魅力です。

華やかなシーンによく似合うスパークリングワインは、世界のワイン産地で生産されていますが、最も有名な産地といえば、なんたってフランスのシャンパーニュ地方です。この地方で生産されたスパークリングワインだけが「Champagne」(シャンパーニュ)を名乗れます。


シャンパーニュは、いったん発酵が終わったワインに糖と酵母を加え、瓶の中で熟成させながら泡を発生させる“瓶内二次発酵”という製法で造られます。瓶内熟成の期間は、シャンパーニュの場合は36カ月以上と決められています。この時間がシャンパーニュをおいしくします。


ロゼは特別なシャンパーニュです


シャンパーニュの中でも、ピンク色の「ロゼシャンパーニュ」は生産量が少なく、その美しい色合いからも大変人気です。

ピンク色にするには、黒ブドウの果皮から色を抽出させる方法(セニエ方式)と、赤ワインを加える方法(アッサンブラージュ方式)がありますが、後者を採用するメーカーが大半です。


ロゼシャンパーニュにブレンドする赤ワインの比率は約5%、高くても10%程度のメーカーが多いですが、Champagne PIPER-HEIDSIECK Rosé Sauvage(パイパー・エドシック「ロゼ・ソヴァージュ 」)は、ピノ・ノワールで造った赤ワインを25%もブレンドしています。



「ロゼ・ソヴァージュ」の構成は、50~55%のピノ・ノワール、30~35%のシャルドネ、10~15%のピノ・ムニエです。黒ブドウは果皮だけが黒いので、中の果肉の部分で白ワインをつくります。

白ワインに赤ワインを加えると、ワインに苦みや青臭さが出てしまう危険性があり、さらに赤ワインの比率が高くなると、シャンパーニュとしてのパランスを取るのが非常に難しくなります。それを絶妙なバランスで仕上げたのが、「ロゼ・ソヴァージュ」です。


「ロゼ・ソヴァージュ」は収穫年の入らないノンヴィンテージシャンパーニュで、現在のシェフ・ド・カーヴ(醸造長)が就任した2002年から造られています。ただし、毎年は造られず、気に入った赤ワインができない年は生産しません。こだわりにこだわっているロゼシャンパーニュなのです。


シャンパーニュをワイングラスに注いでみましょう



赤ワインの比率が高い「ロゼ・ソヴァージュ」は、なんといっても色が濃いのが特徴です。それはもう、ピンクというよりも、赤ワインに近い濃いバラ色です。

ベリー系のアロマが濃密で、ほんのりと甘いスパイスの香りもあります。泡のキメはとても細かく、しっとりクリーミーで、果肉感たっぷりのアタックとともに、舌になめらかにからみつきます。口の中いっぱいに広がる厚みのあるフルーツと豊かな酸とのバランスも絶妙で、うっとり心地よいシャンパーニュです。


「ロゼ・ソヴァージュ」は、泡がやさしく、ボディに厚みがあり、酸もあるので、通常のワインのように、色々な食との可能性が広がります。例えば、注ぐグラスを変えることで味わいも変化し、幅広いフードに合わせて楽しめます。


いつものように、キーンと冷やしてシャンパングラスに注げば、乾杯やアペリティフにピッタリですが、赤ワイングラスに注ぐと、ベリーの香りがより華やかに開きます。味わいもまろやかになり、スティルタイプのワインを飲んでいるような感じがします。


脚のないコロンとしたグラスに入れても面白く、ボウル部分を直接手で持つことで温度が上がり、まったりやさしいニュアンスが出て、よりフルーツの甘みを感じます。


「ロゼ・ソヴァージュ」は酒質にパワーがあるので、空気に触れて温度が上がってもボヤけず、また、酸がしっかりあるため、時間をかけて飲んでも、最後までおいしく飲めるシャンパーニュです。


果実味がフレッシュな赤ワイン的に楽しめますから、肉料理やスパイシーなエスニック料理にも合わせられ、ラムチョップ、鹿肉、鴨などにもオススメです。マカロン(私のイチオシはフランボワーズフレーバー)にもピッタリですし、フレッシュなフルーツを加えてカクテルにしても楽しめます。

ふたりで何本ものワインを用意するのは大変ですが、これ1本で最初から最後まで通せる「ロゼ・ソヴァージュ」は、なんとも優秀!


美女たちが愛した「パイパー・エドシック」


1785年創業の「パイパー・エドシック」は、シャンパーニュで最も古いメゾンのひとつです。あのマリー・アントワネット(1755~1793年)にも献上され、宮廷でも人気を博しました。また、往年の名女優マリリン・モンロー(1926~1962年)が目覚めに飲んでいたシャンパーニュとしても知られています。


アントワネットといい、モンローといい、世界の美女たちに愛されてきた「パイパー・エドシック」は、現代では、カンヌ国際映画祭やアカデミー賞の公式シャンパーニュ・メゾンとして、レッドカーペットに華を添えています。


そんな華麗なエピソードいっぱいの「パイパー・エドシック」ですが、プライスは比較的リーズナブルな点も、人気の秘密なんでしょうね。


普段からよくシャンパーニュを飲むという方も、深まりゆく秋の夜長、ちょっといい気分に浸りたい時、ふたりでまったりしたい時に、ロゼシャンパーニュ「ロゼ・ソヴァージュ」を用意してみませんか?


その深みのある美しい色と味わいで、しっとりとしたシアワセな時間が過ごせること間違いなしだと思います。

michill

2017年11月07日 07時00分

フード・レシピ michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。