秋バテに負けない“養生スープ” 体を潤す「とろみ」レシピ3選

2020年09月03日 18時40分

フード anan

年々、過酷さを増している夏の猛暑。体にじわりとしみる養生スープで、夏に溜まった疲れをデトックス。薬膳のエキスパートが伝授してくれました。

身近な食材を使うスープで、熱や水分、ストレスを排出。


涼しくなってきて体もラクに…と思いきや、なかなか疲れが抜けないという声が多いこの時期。国際中医師の資格を持つ料理研究家の石澤清美さんに、夏の終わりの疲労、いわゆる秋バテの原因と、ケアのための食養生を教わります。


「まず、体に残った夏の暑さによって、活動の原動力である“気”が損なわれているのが大きな原因。緩和には、体に潤いを与えて熱を鎮める、とろみのある食べ物が効果的です。また、冷たいものの摂りすぎで気を作り出す役割のある消化機能、“脾(ひ)”が弱ってしまうことも原因のひとつ。水分代謝機能も低下するため、むくみなど重だるい疲れを感じるのが特徴です。この場合は豆など粒状の食材で、水分代謝を良くします」


そして長引く猛暑に加え、自宅にこもりがちな生活によって生じたストレスも、疲労の一因に。


「気の巡りが妨げられ、活動する気力が低下してしまいます。解消にはハーブなど香りの良い食材が有効。熱、水分、ストレス対策のいずれの食材も、秋口のこの時期は温かい料理、とりわけ消化の良いスープで摂るのが理想的です」


「とろみ」で、熱を抑える。


顔や手足がほてり、何だか落ち着かない…。そうした状態のときは、熱疲れの可能性大。体の中で水を生み出して熱を打ち消してくれる、オクラやモロヘイヤ、チーズなどのとろみのある食材を使ったスープで養生を。体を冷やしすぎないよう、必ず温かくして。


オクラ、山芋、納豆の豆乳スープ



熱を冷ましながら体を潤すオクラと山芋に、消化吸収を助けて気の補強にもなる納豆をプラス。少し温めた豆乳スープを加えてよく混ぜ、全体をとろりとさせてどうぞ。


材料(2人分)

オクラ…1パック(80g)

長芋…150g

ひきわり納豆…50g

鶏むねひき肉…100g

A

・水…100ml

・酒(あれば)…大さじ1

・おろししょうが…小さじ1

・薄口しょうゆ…大さじ1/2

豆乳…250ml


作り方

オクラは熱湯にさっとくぐらせ、へたを取って粗いみじん切りにする。長芋はスライサーなどで細切りにし、オクラ、納豆とともに器に盛る。 鍋に鶏ひき肉を入れてAを注いでほぐし、中火にかける。煮立ったら弱火にしてあくを除き、2分煮る。豆乳を加えて煮立てない程度に温め、1にかける。よく混ぜてとろみをつけていただく。

丸ごとトマトのモロヘイヤスープ



暑熱を取り去る“解暑”効果が高いトマトは、やや火を入れてその効果をマイルドに。補気作用のある豚肉、水分を蓄えるねばり野菜と合わせてバランスよくいただきます。


材料(2人分)

トマト(小)…2個(200g)

豚こま切れ肉…100g

玉ねぎ…1/2個(75g)

モロヘイヤ…1袋(80g)

オリーブ油 または 好みの植物油…小さじ1

A

・水…400ml

・白ワイン(あれば)…大さじ1

・塩…小さじ1/3


作り方

トマトはへたをくりぬき、反対側に十字の切り目を浅く入れる。豚肉は1cm幅に刻み、玉ねぎはみじん切りにする。モロヘイヤは軸を除き、葉の部分を細切りにする。 鍋に油を熱して豚肉と玉ねぎを炒め、肉の色が変わったらAを注ぐ。煮立ったら弱めの中火にし、あくを除く。トマトを加え、皮がはぜるまで、1分ほど煮る。 モロヘイヤを加え、しんなりしたら器に盛る。トマトを崩しながら混ぜていただく。

鮭と三つ葉のチーズスープ



血行を良くして熱の偏りを防いでくれる鮭を、水分を補うチーズとエリンギ、玉ねぎ、気持ちを落ち着かせる三つ葉と一緒に。チーズはモッツァレラチーズを使っても。


材料(2人分)

生鮭…1切れ(150g)

玉ねぎ…1/3個(50g)

エリンギ…1パック(100g)

三つ葉… 1袋(50g)

オリーブ油 または 好みの植物油…小さじ2

A

・水…400ml

・白ワイン(あれば)…大さじ1

・コンソメ顆粒…小さじ1/3

・塩…小さじ1/3

シュレッドチーズ…20g


作り方

鮭はひと口大に切って塩(分量外)を軽くふる。玉ねぎは薄切り、エリンギは3cm長さに切ってから薄切りにする。三つ葉はざく切りにする。 鍋に油の半量を熱して鮭の表面を焼きつけ、いったん取り出す。残りの油を熱して玉ねぎとエリンギをさっと炒め、Aを注ぐ。煮立ったら鮭を戻し、3分煮る。 三つ葉を加えてひと煮し、器に盛る。チーズを散らし、余熱で溶かしていただく。

石澤清美さん 料理研究家、国際中医師、国際中医薬膳師。『ちょっと不調を感じたときのスープとドリンク』(誠文堂新光社)など、著書多数。


※『anan』2020年9月9日号より。写真・中島慶子 取材、文・熊坂麻美


(by anan編集部)

anan

2020年09月03日 18時40分

フード anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。