【ゲゲッ! 体重減らない】ダイエットがうまくいかない “かくれ栄養失調” って?

2017年08月03日 17時30分

フード・レシピ anan

8月1日〜7日は栄養週間です。それに伴って少し自分の食べるものについて見直してみてはいかがでしょうか? 実は最近では、しっかり食べているようでかくれ栄養失調の人や添加物を取りすぎている人が増えているそうなんです。今回「生活クラブ」主催のセミナーで学んだかくれ栄養失調予防についてレポートします!

こんな症状が当てはまったら ”かくれ栄養失調” かも!

・貧血ぎみ

・風邪をひきやすい(体調を崩しやすい)

・痩せにくい

・老けて見える

・肌ツヤが悪い(血色が悪い)


もし、みなさんがこのような症状に当てはまるなら、もしかしたらかくれ栄養失調かもしれません。かくれ栄養失調とは、現代人に多く、知らず知らずのうちに偏った食事を続けてきちんと食べているようでも、実はミネラル・ビタミンが不足していたり、タンパク質や炭水化物が不足しているなど栄養バランスの取れていない状態のことをいいます。下記のような食事をしている人は要注意ですよ。


(例1)炭水化物は太るからと全て抜く。

朝は食べず、昼は蕎麦、夜はサラダなどではエネルギーとなる栄養素がなくて頭がぼーっとしたり、神経組織や赤血球の再生にも害が及び、体の機能が正常に働きません。すぐにお腹も空くから間食の原因に!


(例2)油は太るからとほとんど取らない。

せっかくサラダなどでビタミンをとっても脂溶性ビタミン(人参やかぼちゃに含まれるビタミンA【カロテン】やアーモンドなどに含まれるビタミンE)は油と合わせて摂ると吸収力がアップするので、油を控えてしまうと上手に栄養素が体に吸収されない。


(例3)朝はバターとジャムをぬったトースト1枚

高カロリーだけどミネラル、ビタミンなどはまったくない低栄養でせっかく摂取した炭水化物もエネルギーになりずらく太りやすい体に。


油もごはんも適度にしっかり食べましょう

そこで生活クラブ「健康な食」推進課の國井咲子さんに上手な栄養摂取方法を聞きました!


まずは、エネルギーや筋肉の源となる三大栄養素「たんぱく質・脂質・糖質」をしっかりとること。そしてその三大栄養素がうまくエネルギーや筋肉に変わるようにサポートする「ビタミン・ミネラル」もしっかりと一緒に取ることが大事だそうです。


そんなこと言ったって、忙しい私たちには難しい! という方。一緒に食べることで栄養素が効率的に吸収でき、栄養価を高める食品の組み合わせを聞いてきました。もし上記のような症状があるかくれ栄養失調の人はこの組み合わせをちょっと意識して食べてみてください。


誰でもできる健康な食べ方のポイント

※旬彩料理家/管理栄養士 伯母直美さん考案プレート(セミナー特別用意)


・鉄(ひじき・かつお・小松菜など)×ビタミンC(ピーマン・ブロッコリー・キウイフルーツなど)

ビタミンCは鉄の吸収を助けるので貧血気味や頭痛持ち、疲れやすい方におすすめです。


・カルシウム(牛乳・チーズ・さば水煮缶など)×ビタミンD(鮭・うなぎのかば焼・さんまなど)

ビタミンDはカルシウムの吸収を助けます。カルシウムが不足するとイライラしたり、ホルモンバランスが悪くなる・骨や歯が弱る・肥満の原因にもなるそうです。


プレート左の「具だくさんミルクスープ」はカルシウムたっぷりの牛乳と、ビタミンD・鉄が豊富に含まれるきくらげが入っています。


・ビタミンE(モロヘイヤ・かぼちゃ・アーモンドなど)×ビタミンC(上と同じ)×ビタミンA(レバー・ほたるいか・モロヘイヤなど)

この組み合わせは抗酸化作用があり、アンチエイジング・美容効果のある栄養素なので女性はぜひ積極的にとることをおすすめします。ビタミンCはビタミンEと協力してシミ・そばかす・シワの原因の活性酸素も除去してくれます。


プレート手前にある「トマトとベーコンのピラフ」のように、トマトに含まれるビタミンAとビタミンEは油と合わせてとると吸収力がアップするので、マヨネーズやドレッシング、バターやベーコンなどの食材や調味料と一緒にとることで効率的に吸収されます。


また、上のサラダ「ビタミンACEサラダ」もビタミンCたっぷりのお野菜にまぐろ油漬缶をプラスすることでさらに栄養の吸収が高まります。


・ごはん vs パン

ごはんかパンを選ぶ時はぜひごはんを! というのもパンには食塩も脂質も入っていますが、ごはんには塩分はなく、脂質も低いので余分なものをとらずにエネルギーとしての栄養素を摂取できるんです。


ダイエット中の人は食物繊維をたっぷり摂って食べる時間を気をつける

ダイエットが気になる人は、おから・ブロッコリー・大豆水煮缶などに含まれる食物繊維を多く摂ることがいいそうです。食後血糖値の上昇を抑制するのを抑えてくれ、脂質の排出も助けてくれます。また腸内環境がよくなることで肌ツヤもよくなり美容効果も期待できそうです。


また、もし炭水化物の量が気になる方はまったく食べないのではなく、1食分だけ抜いたり、夜になるとエネルギーを燃やしずらくなるため夕方の5時や6時までに食べておくなど食べ方の工夫をすることでかくれ栄養失調予防にもつながります。


このように、忙しい女性やダイエット中の方も食べ方や効率的な組み合わせを知ることで、かくれ栄養失調は防げます。忙しい人は缶詰をプラスするものいいかもしれませんね。生活クラブの「ビオサポ」のホームページでは正しい食べ方の知識やバランスのとれた食事の献立などものっているので参考にしてみて下さいね。


Information

■生活クラブ


■ビオサポ

anan

2017年08月03日 17時30分

フード・レシピ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。