「女子会コーデ」の鉄則ルール

2019年09月14日 11時10分

ファッション マイナビウーマン

20代の女子会コーデは、若さも手伝っていつも通りの服で、なんてことも少なくないですが、30代、それもバリバリ働いている女子にとって、女子会に着て行く服は悩ましいものです。

大人の女性だからこそ、女子会に着て行く服はハズしたくない……!

女子会の頻度がどんどん少なくなっていく30代では、おしゃれの準備に余念がないようにしたいですよね。

私も、気ままに服を選んでいた20代に比べて30代真っ只中の今、会社に着て行ってもおかしくない、そして、女子会でもおしゃれ! と思われる服を日々コーディネートしています。それってポイントさえ押さえておけば意外と簡単なんです。

女子会などで友人に会う際に「本当にいつもセンス抜群! 服を選んでほしい!」と言われることも多く、やはりおしゃれに気を抜かないでよかったな、とうれしく思います。

今回は、迷いがちな女子会コーデをさらに洗練させるルール、またオススメのコーデを紹介したいと思います。

シーズンごとに紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■大人女子のコーデを格段にUPさせる3つのルール

大人女子会のコーデを格段にUPさせる3つのルール

まずは、以下の3つのルールを守ってみてください。

◇アクセサリーや小物類は鉄則!

30代になったとあれば、ジュエリーの力を借りるのが鉄則です。

20代よりぐっと素敵にマッチするのがジュエリー。

そして身につけるものは良質なものにしましょう!

ゴールドなら、金メッキより、18K。フェイクジュエリーではなく、ダイヤモンド。

良質なアクセサリーが大人の女性の魅力を存分に引き出してくれます。

良質なアクセサリーは、Tシャツ、デニムといったシンプルなコーデですらぐっと格上げしてくれるため、大人の女性、特にカジュアルスタイルを好む人にはマストアイテム。

どんなときでも必ずアクセサリーはつけていく、ということを意識してみてください。

◇ワードローブを「黒」ばかりにしない

社会人になるとついつい増えてしまう「黒」の服。でも、頻繁に黒を着てしまうのはNG。毎日お葬式みたいです。

黒はとっておきのときに着るからこそセンスが光るもの。それと同時に、黒を上手に着こなすのは、プロのスタイリストでも難しいといわれているのです。

黒ばかり着るのはほどほどにして、トレンドカラーやシーズンに合わせたカラフルな色の服を増やしてみてはどうでしょう?

私もつい黒ばかり着てしまうのですが、友人に「絶対黒着ると思ってた!」と言われたときに、黒を減らすと心に決め、それ以降実行しました(笑)。

やっぱり女子会くらいは、カラフルな服を着て友人を驚かせたいですよね。

◇キメすぎず、いい意味で肩の力を抜く

きれいめのワンピースにアクセサリーを身につけ、ヘアアレンジもしっかりして、メイクももちろんばっちり、そしてハイヒール……。

キメすぎるとすごくトゥーマッチでなんだか野暮ったくなってしまうものです。

若いときはいいかもしれませんが、大人の女性たるもの「余裕」を見せたいですよね。

そんなとき意識してほしいのが、「引き算」。

どこかのアイテムを思いっきりカジュアルにするなど、力を抜く。ファッション業界でいう「ハズし」です。

キメすぎはなんだかダサい、引き算を忘れないようにしてくださいね。

次項から春夏秋冬季節別に、オススメの女子会コーデを提案していきます。

■春の女子会コーデ

春にオススメの女子会コーデをシチュエーションに合わせて提案します。

◇春。テラスでご飯

春の女子会コーデ。テラスでご飯

春の夜風が気持ちいいとつい選びたくなるテラス女子会!

仄暗い場所には、少しヴィヴィッドなカラーのトップスを選んでみて。

デニムなら足を冷やしませんし、カジュアルになりすぎないよう少し低めのヒールできちんと感をプラスしてください。

露出が少ないコーデは、アップヘアにして首元をスッキリさせるとバランスよく決まります。

◇おしゃれな丸の内イタリアン

春の女子会コーデ。丸の内イタリアン

丸の内、銀座、OL御用達の街でおしゃれなイタリアンに行くなら、少しかっちりとしたアイテムを。

シャツはピッタリしているものより、ゆるいシルエットのアイテムがトレンドです。

足元はブラックやグレーなどベーシックカラーをチョイスし、オープントゥ、足首が見えるものなどにすると重たくなりすぎません。

おしゃれシャツ×ストレートパンツで、会社でも女子会でもセンスいい! と言われる万能コーデのでき上がり。

パンツはワイドなものを選ぶとさらにモードさがアップします。

■夏の女子会コーデ

夏にオススメの女子会コーデをシチュエーションに合わせて提案します。

◇ビアガーデン

夏の女子会コーデ。ビアガーデン

暑い夏のビアガーデンは最高! テラス、室内でもパッと映えるようなホワイトやベージュのワントーンコーデやアイテムをチョイスして視線を独り占めしちゃいましょう。

少し肩がえぐれたデザインのノースリーブは、二の腕の細見え効果も。

動きの多いビアガーデンでは、フラットのサンダルをチョイスするのもいいですね。

全体的にラフな印象になるので、シルバーやゴールドのアクササリーをふんだんに着用すると高見えしてgood。

◇友だちの誕生日会

夏の女子会コーデ。友だちの誕生日会

友人のお祝いや誕生日会に、ホテルやフレンチなどに行く際は、ぜひ1枚で決まるワンピースを。

夏なので柄物をチョイスして少しゴージャスにいくとフォーマルな場所でのおしゃれをとことん楽しめます。

バッグやアクササリーは華奢なものを選び、バランスを取るようにするのがコツ。

足元はヒールでもフラットでもOK! 身長とワンピースの丈に合わせて決めましょう。

■秋の女子会コーデ

夏にオススメの女子会コーデをシチュエーションに合わせて提案します。

◇買い物ついでのランチ会

秋の女子会コーデ。買い物ついでのランチ会

少し涼しくなってくると着たくなるのがジャケット! 今年はベージュがトレンドなので、ゆるっとしたシルエットのものをぜひゲットして。

ボトムスはふわっとしたスカートや、ワイドパンツを合わせて全体的にオーバーサイズなコーデがイマドキです。

カラーはくすみカラーや同系色を選ぶとトレンド感が出ます。

◇ピクニック

秋の女子会コーデ。ピクニック

秋の紅葉を楽しみながらのピクニック!

座る際にふわっとなるシルエットのスカートはカラフルでヴィヴィッドなカラーのものをセレクト。トップスがニットでも重たくなりすぎず、大人の上質なカラフルコーデが完成します。

足元はスニーカーでちょっとハズして。

全体的に暖色で合わせると、マッチしやすいので楽です。

■冬の女子会コーデ

冬にオススメの女子会コーデをシチュエーションに合わせて提案します。

◇サクッと遅くに飲みに行く

冬の女子会コーデ。サクッと遅くに飲みに行く

遅め開始の女子会、ご飯よりもお酒重視のお店に行くなら、グレーでスマートに決めてみませんか?

グレーは黒ほど重たくならずに、かっちりとしてフォーマルな印象もあります。

ニットでもきちんと感が出るのでおしゃれなバーでも浮きません。

アクセサリーはゴールドでもシルバーでもOK! 少し大ぶりでも相性抜群です。

足元はヒールでピシッと決めましょう。

◇友だちとホームパーティーご飯

冬の女子会コーデ。友だちとホームパーティーご飯

友だちの家でパーティーをする際は、ぜひ今年のトレンドカラー「パープル」のトップスをセレクトして。

パープルは合わせる色を選ばないので、手持ちのカラフルなボトムスを持ってきても、ベーシックなカラーでもバッチリ合います。

ゆるっとしたニットなら着心地もいいですし、動きやすさも抜群ですよ。

■女子会コーデは肩の力を入れすぎずに決める

私がいつもファッションで意識するのは「緩急」です。

・派手めなアイテム×ラフなアイテム・カジュアルなアイテム×フォーマルなアイテム・派手なアクセサリー×楽チンなスニーカー

極端にいうと、派手×地味、シンプル×ゴージャスといったように、引き算と足し算をかなり意識してコーデを組んでいます。

なんかパッとしないなと思うコーデは、派手×派手、シンプル×シンプルなど引き算足し算ができていないことがしばしば。

なんだか「惜しいな……」と感じるコーデはこの計算がうまくいっていないパターンなんです。

身に覚えがある人はぜひこの簡単なルールを意識しながら女子会コーデをつくってみてください。

緩急のあるコーデは垢抜けていてセンス抜群に見えますよ。

この記事を読んだあなたが女子会コーデ王者になれますように!

(文:エルメス、イラスト:ヤベミユキ)

Read more

エフォートレスファッションとは【イラストで解説】

「抜け感」って一体何? 上手な「抜け感コーデ」の作り方

マイナビウーマン

2019年09月14日 11時10分

ファッション マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

「ファッション」ジャンルで人気のタグ

バッグ ミュージック ガウチョパンツ イメチェン ショートブーツ ドレススタイル フリンジ 雑誌付録 グレンチェック 清潔感 デニムスカート ファーバッグ ギャル コンサバコーデ マスタードカラー スポーツMIXコーデ ワイドパンツ 大人女子 スカーフ プチプラ 花柄 レイヤード 着回し抜群 シンプルコーデ カラーコーデ ボーダー柄 ユニクロ ナチュラルコーデ スカート バギーパンツ 靴下 スニーカー フーディー アウトドア タイツ トップス ワンピース 色気のある格好 パーカー トレンチコート アニメ・漫画 アウター チェック柄 パンプス 家事・育児 カラージャケット クラッチバッグ ワイドデニム ゆったりコーデ インスタ映え スウェット ガーリーコーデ ミリタリー カーディガン リュック マネー ファー タイトスカート ビスチェ GU 帽子 癒し モノトーンコーデ ママコーデ ミュール メガネ アプリ コーデュロイ モードコーデ お仕事 プチプラコーデ ニット パンツスタイル シャツ しまむら ロゴもの ブーツ おしゃれマナー デニム 腕時計 ミニスカート ZARA カジュアルコーデ ベーシック ストリートコーデ 結婚式コーデ ベルト ピアス スキニーパンツ グッズ ニット帽 フェミニンコーデ フレアスカート ヘビロテ パーティスタイル ショルダーバッグ トレンドアイテム 金運 モテコーデ ニューバランス 刺繍 ベレー帽 コート 台形スカート 趣味 サンダル

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。