「ストリートファッション」基本のキ

昔から根強い人気を集めているストリートファッション。

ストリートファッションとは一体なんなのか。

ここ数年また盛り上がりを見せているレディースストリートファッションについて、レクチャーします。

カリスマブランドの一覧から、おすすめストリートアイテムやコーディネートまで紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

■ストリートファッションとは

ストリートファッションとは

そもそもストリートファッションとはどんなジャンルの服装のことを指すのでしょうか。

まずはストリートファッションの歴史からご紹介していきます。

「聞いたことある!」というブランドも数多く出てくるはず!

◇ストリートファッションの意味や定義

ファッションは、大きく「モード」と「ストリート」の2つに分けられます。

「モード」とはハイブランドのファッションショーなど、ファッション業界から発信されるもの。

かたや「ストリート」は、実際に街中で着られていることで流行っていくファッションのことを指します。そのとき流行っている音楽などのカルチャーからの影響も大きいです。

現在はカリスマストリートブランドも多く誕生しているので、「モード」との差別化はあまりなくなってきているといえますね。

◇日本のストリートファッションの歴史

1970年代 若者を中心にファッション&カルチャーが成長1980年代 ジャパニーズプレッピー、バブルファッション、渋カジなどが次々と流行1989年 女性ファッション誌『CUTiE』が創刊1993年 女性ファッション誌『Zipper』が創刊1995年 デザイナーやミュージシャンなどの活動が注目を集め、インディーズブランドなども盛んに。NIGO氏の「A BATHING APE(ア・ベイシング・エイプ)」、高橋盾氏の「UNDERCOVER(アンダーカバー)」などが渋谷区神宮前4丁目を中心にオープンしたことで、感度の高い男子の間でこのエリアが“裏原宿”として人気に。レディースブランドの「X-girl(エックスガール)」、「MILKFED.(ミルクフェド)」もこの時期に誕生1996年 NIKEのエアマックス95が大流行1999年 裏原系女子が台頭。スウェット+スキニーデニム+スニーカーが定番2000年 ストリート系女性ファッション誌『mini』が創刊2001年 「A BATHING APE」のレディースブランドである「BAPY(ベイピー)」が誕生。トートバッグが大人気となる2018年 「BAPY」が「BAPY BY A BATHING APE(ベイピー・バイ・ア・ベイシング・エイプ)」としてリスタート

◇【レディース】ストリートファッション代表ブランド

ストリートファッションを今日までけん引してきたカリスマ的ブランドを紹介します。

レディースにも人気の高い代表ブランドです。

☆Supreme(シュプリーム)

ニューヨーク発のストリート系ファッションブランドの代表格。スケーター、ヒップホップなどのカルチャーにも強い影響を与えています。

「COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)」や「UNDERCOVER(アンダーカバー)」などのブランドのコラボは定番化されていて、発売されるたびに大人気。

2017年では、「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」とのコラボも話題になりました。

☆STUSSY(ステューシー)

南カリフォルニア発祥のストリートブランドで、スケーター系から圧倒的支持を受けています。

動きやすくゆったりしたシルエットが特徴で、特にパーカが代表的なアイテム。

手に取りやすい価格帯で、クセのないデザインが多いので、男女ともに人気です。

☆A BATHING APE(ア・ベイシング・エイプ)

デビューして間もなく、瞬く間にカリスマ的地位を取り入れたブランド。

大物アーティストとのコラボや音楽レーベルまで発表しました。

「BAPE KIDS(ベイプ・キッズ)」というキッズ服も誕生し、ストリート好きの親子にも好評です。

メンズ、レディースともに展開しています。

☆BAPY(ベイピー)

「A BATHING APE」のレディースラインとして誕生し、昨年リスタート。

現代の女性にフィットするシルエットやトレンドを意識して、ブランド誕生から掲げている、「働く女性でも心地よく着られる洋服」を提案。

原宿にある旗艦店は、ブランドカラーであるコーラルピンクが目印。

☆X-girl(エックスガール)

「リアルガールズクロージング」をテーマに1994年にスタート。

音楽やカルチャー、スポーツなどを組み合わせ、その時代に合う女子のストリートファッションを提案しています。

◇女子ストリートファッション代表雑誌

日本のストリートファッションを引っ張ってきたのは、ブランドだけではありません。

数々のファッション雑誌がストリートファッションを盛り上げ培ってきました。

代表的な4誌を紹介します。

☆『CUTiE』

裏原系や古着好きの女性向けのファッション誌。

岡崎京子や安野モヨコ、コナリミサトなどのマンガ家が連載していたこともあり、カルチャーの分野でも大きな影響を与えています。

2015年8月に休刊。休刊直前は乃木坂46の齋藤飛鳥さんが専属モデルを務めるなど、ガーリーテイストの強いファッションを提案していました。

☆『Zipper』

創刊以来、「原宿発! NO.1おしゃれGIRLSマガジン」として、原宿系ファッションでさまざまなブームを巻き起こした雑誌。

矢沢あいの『Paradise Kiss』をはじめとした漫画が掲載されたり、音楽アーティストによる連載があるなど、『CUTiE』同様カルチャーへの影響も多大にありました。

また、『Zipper』の読者モデルはパチパチズと呼ばれ、多数の有名人を輩出してきました。近年では、ぺこさん、三戸なつめさんなどが有名です。

2017年12月に休刊しましたが、2019年6月、1号限定で復活。カバーは木村カエラさんが飾っています。

☆『Soup.』

2001年に創刊。大人でも着やすいシンプルなカジュアルコーディネートが人気です。

「めがね女子」が多く登場することなどでも話題になりました。

誌面ではモデルの今宿麻美さん、EMIさんなどが登場しています。

2017年3月に一度休刊し、デジタル専売雑誌へ移行しました。

☆『mini』

ストリートファッション誌の主軸となっていた『smart』の女性版として2000年に誕生。

シンプルでボーイッシュだけど、どこかかわいいスタイリングが人気です。

今宿麻美さんも多く登場し、ストリートガーリーの土台を築きました。

そのほか、田中美保さん、鈴木えみさん、森絵梨佳さんなど歴代人気モデルたちも誌面で活躍してきました。

Read more

ロリータファッションとは。種類&ブランド【イラストで解説】

■ストリートファッションの特徴【イラストで解説】

ストリートファッションに対する理解が深まったところで、続いては実際のファッションを詳しく見ていきましょう。

レディースのストリートファッションと呼ばれるコーデの作り方を解説します!

◇ストリートファッションの代表アイテム

ストリートファッションの代表アイテム

まずは、ストリートファッションを作るのにマストなアイテムをピックアップ!

ストリートファッションにチャレンジしてみたい人は、まずは1点からでも取り入れてみてください。

☆キャップ

一気に「っぽさ」を出してくれるのがキャップ。いつものコーデにプラスするだけで、ストリート感が出せる頼れるアイテムです。

意外にふんわり巻き髪とも相性がいいので、チャレンジしやすいかも。

ストリートブランドのものだとより気分が上がりますが、初心者の方は無地のキャップでもOK。

☆ロゴTシャツ

春夏コーデにはストリートブランドのロゴ入りTシャツがあると便利です。

あえてメンズのものや、レディースでもワンサイズ大きいものを選んでゆるっと着るのが通のやり方。ストリートファッションの定番ボトムス・スキニーパンツと合わせたときにバランスが取りやすいですよ。

☆スウェット

ストリートファッションの秋冬コーデの定番アイテム。いろんなデザインのものが出ているので好みを選んでみて。

中でもプルオーバーのパーカだとより雰囲気が出るはずです。

ポップなロゴ入りのものもおすすめ。

☆スキニーパンツ

オーバーサイズめのTシャツやスウェットと相性がいいのがスキニーパンツ。

ストリートファッションはトップスでボリュームを出す場合が多いので、ボトムスを細身にすることで、女性らしさを演出できます。

☆リュック

ビッグサイズの黒のリュックだと、ストリート感ばっちり。大きめを選ぶことで、コーデに抜けが出ておしゃれ度が増します。

いつもの自分コーデにリュックを足すだけでOK!

「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」の黒リュックはシンプルで合わせやすいはずです。

☆スニーカー

足元は、基本はスニーカーをチョイス。

ローテクで女性でも履きやすい「VANS(ヴァンズ)」、エアマックスブームを引き起こした「NIKE(ナイキ)」などを選ぶとストリート感をより演出できます。

そのほか、「PUMA(プーマ)」や「adidas(アディダス)」も合わせやすいのでおすすめです。

◇季節別ストリートファッションの作り方

続いては、季節別のストリートファッションの作り方を、イラストともに解説します!

☆春のレディースストリートファッション

春のレディースストリートファッション

花柄スカートやワンピにマウンテンパーカを合わせるコーデ。

いつも着ているような花柄アイテムにスポーティなアウターを合わせることでストリートテイストに仕上げることができます。

ミニサイズのボディバッグをちょっと高めの位置でつけると、こなれ感も上昇。

足元はお気に入りのスニーカーを合わせてみましょう。

☆夏のレディースストリートファッション

夏のレディースストリートファッション

夏は思いっきり足出しするのもひとつ。

Tシャツワンピを1枚でさらっと着て、足元はスニーカー、もしくはスポサン+ソックスでストリート感を演出してみましょう。

ニットキャップやベースボールキャップをかぶって、ポイントを入れてみるのも◎。

バッグはリュックやくたっとしたキャンバストートがかわいいです。

☆秋のレディースストリートファッション

秋のレディースストリートファッション

秋といえばチェック! チェック柄のスカートにゆるっとしたロングTシャツや丈の長めのスウェットを合わせると、立派なストリートコーデに。

スタンドカラーのトップスもクールに見せたい人はトライしてみましょう。

足元はソックス+スニーカーで仕上げて。ソックスはラインソックス、スニーカーはハイテク系を選ぶとよりストリート感が増します。

☆冬のレディースストリートファッション

冬のレディースストリートファッション

スウェットにスキニーパンツを合わせて、ブルゾンを羽織るコーデ。

ロゴ入りスウェットをメインに考えて、パンツはブラックもしくは白系のスキニーを選んでみましょう。

ブルゾンはちょっとビッグシルエットにして、肩掛けしても袖を通してもバランスが取れるように。

足元はコンバースやヴァンズのスニーカーをチョイスするのがいいでしょう。

ストリートファッションの今後

20年以上前から、ファンを魅了し続けているストリートファッション。

現在でも、動きやすくシンプルにまとめたストリート系のコーディネートは人気を集めています。

ビギナーの方は、ストリート系ブランドから入るより、まず自分がよく行くショップで、ロゴ入りのスウェットを買ってみたり、足元はスニーカーを合わせることにトライしてみましょう。

最近は、インスタでも #ストリートファッションなどで、コーデをアップしている人もたくさんいるので、ぜひ参考にして楽しんでみてくださいね!

(文:弓削桃代、イラスト:のでこ)

Read more

【イラスト&図解】ファストファッションとは。人気ブランド一覧と歴史

マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

「ファッション」ジャンルで人気のタグ

ドレススタイル 大人女子 アウター ワイドデニム カジュアルコーデ スカート モノトーンコーデ 帽子 ファー ファーバッグ スポーツMIXコーデ モードコーデ チェック柄 刺繍 ミリタリー マネー フーディー クラッチバッグ 雑誌付録 アニメ・漫画 デニム おしゃれマナー パーティスタイル バギーパンツ リュック タイツ フレアスカート カラージャケット コンサバコーデ GU ショートブーツ ヘビロテ ユニクロ 清潔感 トップス メガネ 結婚式コーデ ニット帽 フリンジ トレンドアイテム ママコーデ ワイドパンツ イメチェン バッグ カーディガン ブーツ 金運 ニット ゆったりコーデ ワンピース ピアス ミニスカート 花柄 タイトスカート パンプス しまむら スカーフ ナチュラルコーデ デニムスカート アウトドア 台形スカート 腕時計 癒し グレンチェック スニーカー グッズ ストリートコーデ 靴下 カラーコーデ コーデュロイ ボーダー柄 トレンチコート シンプルコーデ ベーシック コート 家事・育児 ビスチェ ニューバランス プチプラ スキニーパンツ サンダル 趣味 アプリ 着回し抜群 ZARA 色気のある格好 ガーリーコーデ インスタ映え ミュージック ベレー帽 スウェット ギャル お仕事 シャツ パーカー モテコーデ ベルト ロゴもの フェミニンコーデ パンツスタイル ガウチョパンツ ミュール プチプラコーデ ショルダーバッグ レイヤード マスタードカラー

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。