パーソナルカラー別!選ぶカラーで印象はコントロールできる!

2018年04月30日 10時00分

ファッション michill

気分をあげるカラーでハッピーな一日を

朝起きて、なんだか気分がすぐれない。。。

季節の変わり目や、心身ともに疲れている時、どこかが悪いわけではないけれど、なんとなくそんな不調を感じる朝ってありますよね。

そんな朝は目についた無難な服をなんとなく着て出かけてしまいがち。そして外で鏡やガラスに写った自分をみて、「あ、顔色さえてない…。」と気づいて余計に落ち込んでしまったり。

だからそんな不調の日こそ、ファッションカラーはとっても大事。

今回は、その日の“なりたい印象”をつくるファッションカラーの選び方をパーソナルカラーごとにご紹介!不調な朝こそ、気分を上げるカラーを選んで、1日をハッピーに彩りましょう!

ご自身のパーソナルカラーを知らない方は、まずはこちらで診断してみてください。

ファッションカラーコーディネートのポイント

ファッションカラーを選ぶ時にまず大切なのは、“なりたいイメージ”を決めること。

それからそのイメージに合ったカラーのトーン(色の明るさ、鮮やかさ、クリア感など)を決めて、ベースカラーを選定していきます。

ベースカラーというのは、コーディネートの中で一番大きな面積を占める色。コートやワンピースなど、体の多くの部分を覆うことで全体のイメージを決定づけます。ですから、このベースカラーの印象を“なりたいイメージ”に合わせることで、その日のコーディネートから醸し出すイメージを思い通りに操れるんです。

ベースカラーが決まったら、配色にメリハリをつけるためのアクセントカラー(小面積)を選び、最後にアソートカラー(中面積)でベースとアクセントカラーをつなぎます。

↓イメージ
左から順に、ベースカラー、アクセントカラー、アソートカラー


ではさっそく、“なりたいイメージ”ごとのおすすめカラーコーディネートをご紹介していきましょう。

可愛くキュートに魅せたいとき

可愛らしくまとめたい時にはまず、ペールトーンを選びましょう。

可愛らしい、守ってあげたい、といったら思い浮かぶのが赤ちゃん。ベビー用品にも多様されているペールトーンは、パステルよりさらに明るい(白に近い)、淡く優しいトーンです。


そして可愛らしく魅せたいときにはやっぱり、愛されカラーの代表、ピンクをベースカラーに。

Springの方なら、ペールトーンのコーラル系ピンクをベースに、イエローやグリーンをアクセントに持ってきて、お得意のベーシックカラーのアイボリーでつなぐと、フルーティーでキュートなファッションコーディネートに。

Summerの方は、ペールトーンのローズ系ピンクをベースに、お得意の紫陽花やラベンダー系のアクセントを置いて、オフホワイトや淡いグレーでつなぐ、初夏の花畑のような可憐で瑞々しいコーディネートがおすすめです。

AutumnとWinterの方は濃い色がお得意な方が多く、ペールトーンのような淡い色は苦手。実はそもそも“可愛らしい”印象はあまりなく、子供の頃から“大人びている”と言われている方が多いです。

ですからトーンはお似合いのトーン(16タイプ・パーソナルカラーによって異なります)のままに、色で表現していくのがいいでしょう。“可愛らしさ”ではなく、あくまで“女性らしさ”を魅せるのがポイントです。

Autumnなら、トマトレッドやブラウンをベースに、独特なニュアンスを含んだダックブルー(鴨の羽のような青)をアクセントに、ベージュやキャメルでつないで、とことん暖かいカラーの大人の女性のコーディネートを。

Winterなら、アイシー(ペールトーンの中でも最も白に近い)ピンクをベースに、ショッキングピンクやロイヤルパープルなどの鮮やかな色をアクセントに置き、ネイビーやブラックでまとめると、淡いトーンを使いながらもWinterらしいメリハリのついた、愛らしいコーディネートに仕上がります。

信頼感のある賢さを見せたいとき

仕事で重要なプレゼンや大事な会議のあるときなどは、“信頼感のある装い”が大切。

そんなときはベーシックカラーを見方につけながら、さりげないアクセントカラーで自分らしさを出していきましょう。

信頼感や安定感を見せるには、重厚感のある(濃い)ベーシックカラーが最適。先ほどの“可愛らしさ”のペールトーンとは反対に、ダークトーンのベーシックカラーをベースに持ってくるとよいです。

最も信頼感の高いネイビー(企業ロゴなどにもよく使われていますね)は、SummerとWinterのお得意なベーシックカラー。

Summerの方なら、ネイビーをベースに、ブルー(青もネイビーに次いで信頼感のある色)やお好きなSummerカラーをアクセントに、オフホワイトや淡いグレーをアソートカラーに置いてまとめるとgood!

グレーもお似合いですが、従順な色ですのでベースカラーに置くには華やかさに欠けます。謝罪の時などにはおすすめです。

Winterの方なら、ネイビーをベースに、お好きなWinterカラーをアクセントに、純白やアイシーカラーをアソートカラーに置いてまとめるとgood!

ブラックもお似合いですが、とても強い色ですので、“信頼感”以上に“強さ”を見せたい時によいでしょう。

SpringとAutumnの方は、ブラウン~ベージュを基調としたコーディネートがおすすめです。

格式と安定感を感じさせるブラウンは、仕事のシーンで重宝します。ベージュはその格式と安定感にプラスして女性らしい柔らかさを持っており、ビジネスシーンでの女性の装いに最適です。

Springの方は、ベージュをベースに、お好きなSpringカラーをアクセントに、ブラウンやアイボリーでつないで。アクセントカラーには、ベージュと相性のいいティファニーブルーやパンジー、オレンジがおすすめ。ベージュ×ネイビーも相性がとてもよいです。

Springの方はお顔の下に直接ネイビーを持ってくると青ざめるので、ボトムや小物にネイビーを使うとよいでしょう。

Autumnの方は、ブラウンをベースに、お好きなAutumnカラーをアクセントに、ベージュやキャメルなどでつなぐと、ニュアンスのある安定感・信頼感をつくれます。

若々しくみせたいとき

溌剌とした印象を感じさせる鮮やかなトーンを選びましょう。ブライトトーンやビビッドトーンがおすすめです。

ブライト


ビビッド


若葉のグリーンや、人を陽気な気持ちにさせる力のあるオレンジ系の色を取り入れましょう。

Springの方なら、アップルグリーン、オレンジなどのフルーティカラー。

Winterの方なら、とことん鮮やかな原色のグリーンや青緑。

Summerの方なら、ブライトトーンの青緑。

Autumnの方なら、トマトレッドやパンプキンなどの緑黄色野菜カラー。

それぞれお得意のベーシックカラーやお好きなカラーとコーディネートすると、自分自身だけでなくまわりの人たちも元気に、ハッピーにすることができますよ。

色にはこんなに意味やパワーがあるんです

だから、疲れていて「服選ぶのめんどくさいなぁ…。」と思う朝にこそ、カラーコーディネートに少し時間をかけてみてはいかがでしょうか。

色が力をくれて、その日1日の貴女の気分をアップしてくれますよ♪



「#パーソナルカラー」の記事をもっと見る




【あなたにおすすめの記事】

■GU・ユニクロで見つけた♡春っぽさ最強!コーデ

■GU・ZARA♥キレイめ女子なら春は絶対ビタミンカラー!

■色の効果で“なりたい気分”をつくる♪インテリアコーディネート

■売り切れ間近!絶対チェックしたいGUの3大アイテム♡

■春の決め手はシースルー❀しまむらシースルートップスコーデ

michill

2018年04月30日 10時00分

ファッション michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

「ファッション」ジャンルで人気のタグ

モードコーデ ストリートコーデ パーカー ナチュラルコーデ バッグ ZARA お仕事 腕時計 インスタ映え イメチェン ニューバランス トレンドアイテム ショートブーツ フーディー アウター メガネ スキニーパンツ カーディガン カラージャケット フリンジ デニムスカート クラッチバッグ 趣味 ニット帽 スウェット サンダル ヘビロテ パンプス 結婚式コーデ プチプラコーデ 清潔感 グレンチェック おしゃれマナー ロゴもの ミュージック 大人女子 ワイドデニム プチプラ 靴下 シャツ マスタードカラー コンサバコーデ ボーダー柄 チェック柄 コーデュロイ レイヤード 帽子 着回し抜群 フェミニンコーデ スカート しまむら スニーカー 家事・育児 ファー ベーシック パーティスタイル アウトドア ファーバッグ ガウチョパンツ グッズ ガーリーコーデ ミュール モテコーデ ゆったりコーデ デニム マネー ミニスカート ベルト ブーツ モノトーンコーデ ワンピース 金運 癒し 台形スカート ニット ワイドパンツ ユニクロ トップス ピアス ビスチェ リュック バギーパンツ スカーフ 刺繍 タイツ アニメ・漫画 色気のある格好 雑誌付録 ミリタリー カラーコーデ カジュアルコーデ ママコーデ シンプルコーデ ベレー帽 ドレススタイル スポーツMIXコーデ フレアスカート コート トレンチコート 花柄 GU ショルダーバッグ アプリ タイトスカート パンツスタイル

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。