歴代彼氏は世相を反映?『リカちゃん』ボーイフレンドに“ワイルド坊主”がいないワケ

2018年09月20日 06時30分

エンタメ eltha


 昨年、誕生から50周年を迎え“国民的着せ替え人形”として長きにわたり愛され続けている『リカちゃん』。フォロワー10万人超えの公式ツイッターでは、安室奈美恵の引退日にアムラーファッションを投稿したり、インスタグラマーとしての活動も活発。そんな世代を超えて人気のリカちゃんには歴代6人のボーイフレンドがいる。彼らの共通点はちょっと長めのサラサラヘア。“ワイルド系短髪”彼氏は今までいなかったのか? そんな素朴な疑問をタカラトミーにぶつけてみた。





写真左から2番目がリカちゃんの6代目ボーイフレンドの「はるとくん」(C) TOMY


世相を反映するボーイフレンド像、初代と現在でキャラ設定の違いは


 『リカちゃん』と遊ぶときに欠かせないボーイフレンド、じつは数年おきにリニューアルを重ねて現在なんと6代目(2016年〜)。どの時代のボーイフレンドたちも「女の子たちの憧れのカッコいい男の子」という設定は共通しているが、名前をはじめ顔立ちやファッション、趣味などがリニューアルのたびに大きく変更されている。

「1968年の初代ボーイフレンド『わたるくん』は、当時流行していたグループサウンズをやっていて、髪型も七三分けにかっちりキメた男の子。テレビや雑誌の中にいる“遠い世界の憧れの男の子”という感じでした。一方、6代目『はるとくん』は、スポーツ万能でクラスで一番かっこいい男の子。“近所に住んでいる憧れの優しいお兄さん”という身近な設定になっています」(タカラトミー リカちゃん事業部)

 宝塚の男役をイメージしたとされる甘いマスクで秀才&スポーツマンの『わたるくん』の将来の夢は”探検家”だったのに対して、背が高くてカジュアルな印象の『はるとくん』は”世界で活躍するスポーツ選手”。ファッションに敏感なリカちゃんもさることながら、キャラクターそのものが変化するボーイフレンドたちが『リカちゃん』の世界でもっとも世相を反映しているのかもしれない。





(写真左より)リカちゃんのボーイフレンド、初代「わたるくん」と現在の6代目「はるとくん」


PHOTO GALLERY





リカちゃんを取り巻く6人の歴代ボーイフレンドたち




初代ボーイフレンド「わたるくん」(1968年〜)




2代目ボーイフレンド「マサトくん」(1976年〜)


((C) TOMY)




⇒ロワ梨里愛、リカちゃんのお友達“みさきちゃん”ダンスPVで歌って踊る



『リカちゃん』歴代ボーイフレンドから見る時代の”モテ男”


 3代目『イサムくん』は19年と長くラインナップされていたが、2000年に登場した4代目『かけるくん』からは8年おきにリニューアルしているボーイフレンドたち。新規キャラクターが作られるきっかけとは何なのだろうか?

「ビジュアルの変化は髪型や人気の顔など流行の要素を入れ、今遊んでくれている子どもたちに人気調査をした結果を反映させています。2008年登場の5代目の『レンくん』はカリスマ美容師や男性のメイクアップアーティストなどが流行したときに発売され、将来の夢はヘアスタイリストという、おしゃれな男の子の設定でした」(タカラトミー リカちゃん事業部)

 背が高くてスポーツマンという設定の『はるとくん』は、ラグビーやサッカー、フィギュアスケートなど世界で活躍する日本選手が話題になったり、2020年のオリンピックの東京開催や男の子がなりたい職業の上位にスポーツ選手が挙げられるなどの時代背景がある。

 ちなみに、5代目『レンくん』以外、全員が趣味や特技にサッカーなどのスポーツを挙げている。50年 前も今も、スポーツができる男の子が女の子たちの憧れというのはなかなか興味深い。

 ところで、ボーイフレンドには”お姫様バージョン”の『リカちゃん』に合わせ、”王子様バージョン”というシリーズも存在する。そのため、『はるとくん』は茶髪も金髪も似合う顔立ちに加え、リカちゃんをお姫様抱っこできるよう腕の可動域も広く、ハイヒールを履いたリカちゃんと並んだ時のバランスも考えられた身長に作られているそう。設定だけでなく、モデルの細部にまでこだわりが深い!

今後“坊主頭”のボーイフレンドに会える日は来るのか?


 では、いよいよ本題の男性キャラクターの髪型について。初代ボーイフレンドの『わたるくん』が七三分けの短髪風だった以外、『リカちゃん』シリーズの男の子は全員耳が隠れるぐらいのロングヘアが特徴。それは、2014年に26年ぶりに密かにリニューアルしていた『リカちゃんのパパ(ピエール)』や、幼稚園に通う妹たちのお友達『りくくん』にも共通している。なぜ長髪のキャラクターばかりが採用されるのだろうか? そこには、同シリーズの商品開発の方法に理由があった。

「お顔や服は俳優さんやアイドル、少女漫画のカッコいい男の子などいろいろ参考にしていますが、カッコいい系、可愛い系、クール系、瞳の色も茶色から青、緑、髪型もサラサラ、おしゃれ系パーマ、短髪爽やか系、などいろいろな試作を作っています。その中から、お子様とお母さんに人気調査をして決めています」(タカラトミー リカちゃん事業部)

 パーマや短髪も試作段階ではいたけれど、現在のコアユーザーたちには選ばれなかった模様。短髪のアイドルや芸能人もメディアで多く見かけるようになったが、やはり理想の王子様像としてはサラサラロングヘアが根強い人気のようだ。キャラクターには時代が反映されるということは、ズバリ、坊主のボーイフレンドが今後登場する可能性も!?

「坊主や短髪がトレンドとなり、たとえば少女漫画やアニメなどに登場するカッコいい男の子や王子様にそのようなヘアスタイルが増えれば、今後登場するかもしれません」(タカラトミー リカちゃん事業部)

 将来、今では想像できない姿のボーイフレンドを目にすることも期待できそう。50年以上にわたって女の子たちの憧れを形にしてきた「リカちゃん」シリーズ。年々おしゃれに磨きをかける「リカちゃん」とともに、彼女のキラめかせてくれる男の子たちが今後どんな進化をしていくのか、楽しみに見守りたい。

(文:齋藤倫子)

◆リカちゃん公式サイト
https://licca.takaratomy.co.jp
◆LiccA公式サイト
https://licca.takaratomy.co.jp/official
◆公式ツイッター
@bonjour_licca
◆インスタグラム
https://www.instagram.com/bonjour_licca

eltha

2018年09月20日 06時30分

エンタメ eltha

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。