【インタビュー】ikumi「40歳くらいでなんかかっこいいよね、って言われる謎のおばさんになりたい」

2018年03月29日 18時45分

エンタメ eltha


17歳からモデルとしてストリート誌をメインに活躍。現在、自ら立ち上げたファッションブランド「IKUMI」のデザインのほか、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」の日本武道館公演衣装、歌手AIのツアー衣装を手掛けるなど、デザイナーとしても活動の場を広げ続けているikumiさん。今年3月、パリで2度目となるファッションショーを開催した彼女に、ショーの舞台裏や、夢をかなえるための秘訣をうかがいました。

初めて海外でショーを開いたときから会場もモデルも自分で手配しています


――海外でのファッションショーは、ニューヨークで4回。パリでは昨年の10月に続いて2度目だそうですね。いつ頃から準備を始められたんですか?
【ikumi】 前回のショーが終わって、すぐでしたね。いつものことなんですけど、翌日には、もう次のコレクションのことで頭がいっぱいになっているんです。最初に、次回はどういうショーにしたいか、ざっくり考えるところから始めるんですが、今まで黒なら黒だけ、白なら白だけと、単色でデザインしていたのを、今回は最初から「(黒と白を)全部混ぜよう」って決めてました。そこから、どんどんどんどん考えが進化していって、最終的に、モノトーンのサイケデリック柄や人形の総柄プリントが生まれて。最後に作ったお人形も、天使と悪魔のハーフになりました。名前はDOLLです。笑













※ショーの様子。すべてikumiさん提供

ショーの様子。提供/ikumi





――サイケデリックといえば派手な原色のイメージがあったので、モノトーンのサイケデリック柄って、すごく新鮮な感じがします。
【ikumi】 それが狙いだったので、そう思っていただけたのなら嬉しいです。今回、全部で30体くらい作ったんですけど、完璧なものがすぐできることもあれば、思った通りにいかなくてイチからデザインし直したり。なんだかんだで、けっこうギリギリまで作ってましたね。

――時間のない中、会場やモデルさんも、すべてikumiさんご自身で探されたとうかがったんですが……。
【ikumi】 そうなんです。セルフプロデュースといえば聞こえがいいんですけど、そもそも私ひとりしかいないので(笑)。ショー自体も、パリのファッション協会に加盟しているメゾン・ブランドが大々的にやるものと違って、やりたい人が自由に発表するゲリラ的なものだから。初めてニューヨークでショーを開いたときから、現地にはひとりで行って、会場もモデルも、すべて自分で手配しています。

⇒【インタビュー】高橋メアリージュン 私が本当に伝えたかったこと



アジア人の少ないパリではイメージ通りのモデルを探すのも一苦労




IKUMIを着こなすモデルたち。写真提供/ikumi

IKUMIを着こなすモデルたち。提供/ikumi




――現地には、どれくらい前に入られたんですか?
【ikumi】 半年前、初めてパリでショーをしたときは知り合いもまったくいなかったから、下見にも行ったし、開催日の1ヶ月前には現地に入ってたんですけど、今回は、そのときにできた友達とメールのやりとりをしながら事前に会場の目星をつけることができたので、現地に入ったのは2週間前でしたね。それから会場を決めて、モデルを探して…。今回は、フィッターはもちろん、カメラマンなどスタッフも全部自分で探しました。英語があまり喋れないんで大変だったけど、ノリと、あとは笑ってたらなんとかなるもんです。笑顔は大事ですよ(笑)。道で声をかけたモデルちゃんたちも、笑顔で話していると、けっこうOKしてくれますから。

――道で声をかける!? てっきり、モデルはオーディションなどで決めるのかと思ってましたが。
【ikumi】 いえいえ。極寒の中、街に出て、この子だ! と思ったら「今度自分のブランドのショーをやるんだけどモデルをやってもらえませんか?」って(笑)。私、アジア人で、細身で、宇宙人っぽい感じの子が好きなんですけど、パリではなかなか見つからないんですよね。ニューヨークでは選べるくらい、いっぱい歩いてるのに。ようやく見つけても、事務所に入っているとほぼNGだし。でも、今回、初日にすごくいい出会いがあったんです。パリに着いてすぐ、ひとりで散歩に出たら、3分くらいでモデル(候補)が見つかって。その場で声をかけたら、パリにあるドイツのブランドのプレスとして働いてる子だったんですけど、すごく仲良くなって、いろいろ教えてくれたり、協力してくれて。その出会いがきっかけで、どんどん出会いも増えていって。出会いって、すごいですよね。偶然道で出会った子と、そこまで仲良くなれるなんて。





パリにて。提供/ikumi


開催3日前に会場がまさかのキャンセル! 絶体絶命の大ピンチに








――モデルと同時進行で探していた会場は、スムーズに決まったんでしょうか?
【ikumi】 それが、会場探しのほうが、モデル探しよりもずっと大変で。前回の会場は地下の洞窟ですごく暗かったから、今回は変化を出すためにお昼の光が入るところにしようと思って。そのためには天窓がマストだったんですけど、わりと早めに見つかって一安心していたら、ショーの3日前にいきなりキャンセルされちゃったんです。1時間くらい落ち込んで(笑)、すぐに代わりの会場を探しに出かけたんですけど、どこもあいていなくて。ようやく見つかったのは前日の昼(笑)。見学に行って、その場で決めて、長さとか測って、パーテーションとか必要なものを揃えて。みんなに手伝ってもらいながら、ほぼ徹夜で準備して、どうにか本番に間に合ったんです。

――モデルやスタッフが決まっても、会場が決まらないことには、ショーはできませんもんね。まさに最大のピンチだったわけですね。
【ikumi】 でも、最終的に決まった会場の人が、すごく優しくて、いい人達だったから、結果オーライ。最後に救われたって感じです。いつもそうなんですよ。アンラッキーなことがあっても、最後の最後にいいことが起きる。ニューヨークでも会場探しに難航したんですけど、最終的に、一番やりたかったところでできたし。もしかすると、そういう運命なのかも。これまでの人生でも、落ち込んで落ち込んで、すっごいハッピーになるみたいな感じのことが何回もありましたから。







――そんな中、迎えた本番は、感慨もひとしおだったのでは?
【ikumi】 感慨どころか、終わるまでドキドキしかないですね。楽しまなくっちゃっていう気持ちもあるけど、ショー自体は15分くらいで、あっという間に終わっちゃうんで。

――え? たった1回しかやらないんですか?
【ikumi】 そうなんです。半年かけて1回だけって、すごいですよね。でも、今回その15分の間に、前回の課題をけっこう改善できたから、自分の中ではステップアップできて良かったなって。

――お客さんの反応も気になりますよね。
【ikumi】 そうですね。私がメールで送ったインビテーションを見て、日本から来てくださる方もいれば、現地で仲良くなったデザイナーの人が、現地のPRや雑誌の方を呼んでくださったり。だいたいいつも100人くらいは集まっていただいていますね。外国人の方がほとんどなので、ショーの最中は何を言ってるのかさっぱりわかんなかったんですけど(笑)、終わった後、気になった服を見にバックヤードまで来てくれたり、次回、PRをやりたいとか、ショールームに入れたいとかいう声もたくさんいただいて。本当にありがたいことだなって思いました。

――ちなみに、パリ滞在中はずっとホテル住まいをされていたんですか?
【ikumi】 ホテルじゃ落ち着けないので、『Airbnb』で自分好みの部屋をまず探しました。日本で言う民泊みたいな感じで、ふつうのお家のお部屋をまるごと借りるんです。洗濯機もついてるし、シャワーもあるし、料理もできるし。ホテルと違って好きに使えるので、そこにもうサンプルとかどーんと広げて。現地で出会って仲良くなった友達を呼んで、ご飯作って食べながら「あと何人モデルが足りない!」とか、作戦会議したりする時間も、楽しかったですね。
今回のショーを通じて、友達もずいぶん増ましたね。彼らから「次はもっと早く、一ヶ月前に来てくれ。そしたらもっと早く会場が決められるから」って、ずっと言われてるんですよ(笑)





パリにて。提供/ikumi


ブランドを立ち上げたときから「30歳でパリに行く」と決めてたんです


――波瀾万丈だった2回目のショーも無事に終えられた今、次の目標は?
【ikumi】 今はもう、次の10月のショーのことで頭がいっぱい。パリで3度目のチャレンジです。まだまだ負けないぞ、って(笑)。IKUMIというブランドをちゃんと確立するためには、まだあと3回くらい、パリで挑戦しないといけないんじゃないかな。パリでショーをやったからには、自分が満足したって思えるまで頑張りたい。次の野望が出てくるのは、きっとその後ですね。ニューヨークのときも、自分の中で満足できるまで2年、4回かかってるし。4回目に会場とか準備とか全部完璧にできてようやく完成した、って思ったら、急に、30歳だから、パリに行かなきゃ!って思ったんですよね。

――30歳という年齢も、ひとつの節目になっていたんですね。
【ikumi】 実を言うと、24歳でIKUMIを立ち上げたときに「30歳でパリに行く」って、勝手に決めてたんですよ。なので慌ててパリに行くみたいな(笑)。ニューヨークの、ようやくできたチームの人達には「ニューヨークでここまでやってきたんだから、行くな」って止められたんですけど、そう言われると逆に、行きたくなっちゃう。大変なところにあえて挑む、みたいな、あまのじゃくなところがあるんですよね。もし4回目のニューヨークで満足できてなかったら? それでも、行ったんじゃないかな。でも、結果的に満足できたので、結果オーライですね。

20代はたくさん失敗したぶんいろんな経験ができました








――今、改めて振り返ると、どんな20代でしたか?
【ikumi】 一言でいうと、波瀾万丈(笑)。17歳のときにモデルの仕事を始めてからは、つねにバタバタと忙しかったですね。ファッションページの撮影や、当時持っていた連載の取材で、20カ国くらい旅したこともいい経験になりましたし。失敗もたくさんしたけど、そのぶんいろんな経験ができたし、そこから学ぶこともたくさんありました。30歳になって少しは落ち着いたので、20代で経験した中から、自分がこれだと思ったものをさらに積み上げていく。そんな10年にできたらいいなと思ってます。

――IKUMIを立ち上げたのも24歳のときですよね。
【ikumi】 知らない世界だし、だいたい5年くらいは失敗するかなと思って。ちょっと若いけど、今のうちから経験を積んでおこう、と思ったんです(笑)。その前に4年間、違う会社でiというブランドのデザイナーとして、東京でファッションショーをさせてもらったり、一通り勉強させていただいて、その頃から、いつか独立するんだろうなとは思ってたんですけど、いざそのときがきたら、不安よりも楽しみのほうが勝ってしまって、そのまま、ハッピーに、円満に独立しました。独立後は、思っていた以上に大変でした(笑)。前の会社にいたときは、5人くらいのチームでしていたことを、全部自分ひとりでやらなきゃいけないから。でも、ショーと同じで、大変なぶんだけ、やりがいも楽しさも大きいんです。

――独立して後悔したことは一度もない?
【ikumi】 ないですね。大変だけど、まだまだ未熟だし、やりたいことがなくなる日なんて一生こないかもしれないです。いつか子どもができても、きっと抱えながら、何かしらやってると思います(笑)。それぐらい、止まらないし、止められない。たまに暴走しすぎちゃうから、周りの人には心配させてばかりですけど。

IKUMIをちゃんとした形にするまでは恋愛禁止と決めてます


――お話をうかがっているとお仕事一筋な印象ですが、結婚願望はないんでしょうか?
【ikumi】 子どもも欲しいし、いつかは結婚したいんですけど、今はまだIKUMIをもっとちゃんとを形にしなきゃっていう気持ちのほうが強すぎて。自分で勝手に、恋愛禁止にしてるんです(笑)。

――ストイックなんですね。
【ikumi】 経験上、好きになっちゃうと、頭の中が半分そっちに行っちゃうんですよ。パリ(でショーを開くの)は、けっこうしんどいから、そこは覚悟決めないと。生半可な気持ちでは、できないと思っているので。







――いつか恋人ができても、ikumiさんくらい行動力があると、男性はついていくのが大変そうですね。
【ikumi】 そうなんですよ。周りの人にも「確実に離婚しそう」って言われるんです(笑)。私は、自分と同じくらい刺激的に動いている人に魅力を感じるんだけど、付き合うとなると、ちょっと見守ってくれるような人の方が相性がいいというか、長続きするんです。自分と似たタイプは、ぶつかると、めちゃくちゃ大変(笑)。そういう恋愛も、20代ですでに経験済みなので。だから当分は、恋愛禁止です(笑)。

――そんなikumiさんが憧れる理想の女性は?
【ikumi】 理想は、今のまま、ずっと変わらずにいることかな。ただ、40歳くらいで「ikumiって、なんかかっこいいよね」って言われるような、謎のおばさんになっていたい(笑)。服もそうなんですけど、昔から、可愛いって言われるよりも、かっこいいって言われるほうが嬉しいんです。

――最後に、eltha世代の女性にメッセージをお願いします。
【ikumi】 偉そうなことを言える立場じゃないですけど、何でもいいから、とりあえず自分が楽しいと思うことをしてほしいなって思います。悩んだときは、落ち込むほうじゃなくて、とりあえずハッピーなほうに行く。ラテが飲みたいから飲むとか、ささいなことでもいいと思うんです。そうしたら、買いに行く途中でいいことがあるかもしれない。そうやって、全部プラスの方向に考えれば、どんな失敗も成功の糧になる。少なくとも私は、そう信じています。

取材・文/今井洋子 撮影/徳永徹



PROFILE
ikumi(イクミ) モデル・デザイナー。1987年1月7日生まれ。日本とドイツのハーフ。1993年、子役モデルとしてデビュー。2004年頃より、ファッション誌『non-no』『JILLE』『mini』『NYLON』『Sweet』『SPRING』などでモデルを務める。2011年、ニューヨークにてモデルデビュー。2015年、自身のファッションブランド『IKUMI』を立ち上げる。




eltha

2018年03月29日 18時45分

エンタメ eltha

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。