伝説的リーダー・高橋愛が明かす、“歌とダンスがすごい”モーニング娘。を築けた理由

2022年01月13日 19時40分

エンタメ anan

モーニング娘。の、そしてハロプロの伝説的リーダーとして語られる高橋愛さん。彼女の心に今も刻まれる先輩の言葉や、元メンバー、後輩との深い関係とは?

ハロプロの象徴的グループであるモーニング娘。のリーダーを、4年4か月もの間務めた高橋さん。モーニング娘。といえば高いパフォーマンス力を武器に活躍しているが、今に至る礎を築いたのは、のちに“プラチナ期”と呼ばれる高橋さんがリーダーの時代だった。


「私がリーダーになった頃は、AKB48さんなどいろんなアイドルが出始めた時期でした。その波に押されるようにテレビとかメディアへの露出が減って、『私たち、大丈夫かな』って。でもライブはやらせてもらえる状況で、そんな中でつんく♂さんから言われたのが、『今こそパフォーマンスのレベルを上げなさい』ということ。メンバーみんながあがいていた時に『これだ』と思える答えだったので、とにかくレッスンを重ねてレベルアップを目指す日々。ダンス経験が浅く、ついてこられない子には『練習してきて』と突き放すのではなく、できるようになるまで一緒にやる。なんか私、暑苦しかったかもしれません(笑)」


その努力があってモーニング娘。のパフォーマンス力は劇的に上がり、“歌とダンスがすごい!”と再注目されるように。そんなプラチナ期のモーニング娘。に憧れて加入した後輩も多いなど、高橋さんたちの世代の功績は大きい。デビューメンバーの結成から今年で25年。さまざまな変化を遂げながらも、どの時代にも“モーニング娘。らしさ”が感じられるのは、共通で受け継がれる意識のようなものがあるからなのだろうか。


「特に決まった何かがあるわけではないんですよね。だから私がリーダーになった時も、突然だったということもあり、どうしたらいいんだろうと戸惑いました。でも、初代リーダーの中澤(裕子)さんから、『グループはリーダーのカラーになっていくものだから、愛ちゃんは愛ちゃんのままでいいんだよ』と言ってもらえたことで、肩の荷が下りて。そうか、決まりはないんだと。ただ、メンバーそれぞれがモーニング娘。としての誇りや責任感を持っていることは間違いなく。“モーニング娘。らしさ”があるとしたら、そういうところなのかなという気もします」


後に続く後輩たちに対しても、あまり先輩の世代を意識することなく、自分たちのカラーを大事にしてほしいと願っている。


「ふくちゃん(モーニング娘。’22のリーダー・譜久村聖さん)には、よく話しているんです。先輩が作ってきたものを大切にしてくれる気持ちは嬉しいけど、もう大丈夫だよって。それよりもモーニング娘。の進化を見たいから。私はもともと、つんく♂さんが作るモーニング娘。の曲のかっこよさが大好きで、私の代でもそこを追求したいと思ったんです。私が卒業したあとも、どんどんかっこよく進化しているし、今が一番かっこいいって思う! そうやってアップデートしていく姿を見るのが楽しくて、だから昔の曲もいいんですけど、今の曲をたくさん聴きたいとリクエストしています」


モーニング娘。のリーダーと並行して、ハロプロのリーダーも務めていた高橋さん。ハロプロメンバーが一堂に会する「ハロー!プロジェクトコンサート」は、グループ同士がいい刺激を与え合えるお祭りのような場だと振り返る。


「いつものライブとはまた違った緊張感ですよね。モーニング娘。はもちろん、Berryz工房も℃-uteも、『負けていられない』というオーラが出ていて、活気がすごかった。ハロコンには、同じ曲を各グループから3人ぐらいのメンバーが代表して歌うコーナーとかもあって、同じ曲なのにそれぞれ違った表現になるのが面白い。そういう感想を、みんなでよく言い合っていましたね。私、みんなのいいところを見つけて本人に言うのが好きなんです。いまだに、一緒に活動したことがない後輩にも、『あそこがすごく良かったです』って、たどたどしくても言っちゃいます(笑)」


モーニング娘。を卒業して約10年。今もOGメンバーと連絡を取り合ったり、後輩たちが出ているコンサートや舞台を観に行ったりと、つながりを持ち続けている。


「辛い時も楽しい時も一緒だった同期の新垣里沙ちゃんと小川麻琴ちゃんと紺野あさ美ちゃんは、唯一無二の存在。今でも仲良くしています。BEYOOOOONDSは、ミュージカルを観に行かせてもらいましたが、みんな生き生きしていて『私の場所よ!』みたいな感じがすごく伝わってきました。このまま突っ走ってほしい!」


また、グループ時代に培った経験は、今の俳優やモデルとしての活動にも生かされているという。


「結局、グループを卒業しても、作品づくりは一人ではなく、みんなでやるものなんですよね。時にはぶつかり合うこともありますが、でもそれがいいモノづくりにつながるということを10年間のグループ活動で学んできているから、怖くない。モーニング娘。にいなかったら、今の私にはなれていなかったと思います」


たかはし・あい 1986年9月14日生まれ、福井県出身。俳優、モデル。2001年、モーニング娘。に加入。’07年からモーニング娘。の、’09年からハロプロのリーダーを務め、’11年に卒業。コスメのプロデュースやオリジナルブランド『fukuu』なども手がける。

ビスチェ¥36,300 スカート¥42,900(共にラロ/ハルミ ショールーム TEL:03・6433・5395) シアートップス¥16,500(アデリー/オフィス サプライズ TEL:03・6228・6477) イヤリング¥6,600(タルパ/ススプレス TEL:03・6821・7739) ブーツ¥13,090(ランダ TEL:06・6451・1248)


※『anan』2022年1月12日号より。写真・大辻隆広(go relax E more) スタイリスト・番場直美 ヘア&メイク・草場妙子 取材、文・保手濱奈美


(by anan編集部)

anan

2022年01月13日 19時40分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。