音楽と物語がシンクロ! 『ヴィジュプリ』ヴァンパイアたちの“美学”とは

2021年12月21日 21時10分

ミュージック エンタメ anan

独自の世界観を音楽とストーリーでより深く味わわせてくれる、アニメ『ヴィジュアルプリズン』。音楽と物語がシンクロする世界と『LOS†EDEN』について、シリーズ構成・菅原雪絵さんが語ってくれました。

シリーズ構成・菅原雪絵さんが語る、『ヴィジュアルプリズン』に潜む美学。



『ヴィジュアルプリズン』は音楽をテーマに掲げている作品なだけに、劇中では原作の上松範康さんの曲が大切なシーンで効果的に使われている。そのため、脚本を書く方法が普段とは異なっていたと、本作のシリーズ構成を手がけた菅原雪絵さんは語る。


「本来、物語の一番大事なシーンやセリフは当然、脚本家が書くべきところですが、今回はそういうシーンをすべて“上松さんの音楽が入る”という指定でおまかせしました。脚本と音楽を同時並行で作っていくのが“ヴィジュプリ”の主題でもあったので、上松さんには脚本会議にもご参加いただいて、都度ご意見をいただきました」


音楽と物語が同時に紡がれることで、より深い感動が生まれる。それこそが“ヴィジュプリ”ならではの魅力を生み出しているのだけれど、時には物語と音楽が、制作陣の意図を超えてシンクロするという奇跡も。


「例えば、LOS†EDENのゲリラライブが機材トラブルにより中断される7話のシーンは、自分のマイクだけが生きていると知ったミストがソロで繋ぎ、そこにサガがギターで合流します。この流れはあらかじめ相談して作ったものですが、上松さんの音楽はセリフや感情だけでなく、芝居の段取りにも不思議とぴったり合うんです。もちろん演出・作画陣の尽力があります。それでもこのように物語と音楽がシンクロすることは初めてで、脚本家として非常に面白い体験をさせていただきました」


1話につき必ず1曲流れるのも、“ヴィジュプリ”の楽しみ。


「ただ、毎回曲が入る分、脚本が通常の7割ぐらいしか書けないんです。早々に説明は最低限にしてドラマに集中しました。『きっと感じてくれる!』という思いですね(笑)。“ヴィジュプリ”は歌が全部語ってくれるので」


ヴァンパイアたちが紅い月の下、音楽で競い合う『ヴィジュアルプリズン』。現代を生きるヴァンパイアたちに上松さんと菅原さんが見出したのが“美学”だった。


「ヴァンパイアって基本的に精神的な生き物なんですよね。食べ物を摂らなくていい、老いない、死なない。だからこそ、何をよしとするかが大事なんです。ヴァンパイアは長く生きる分、それがどんどん研ぎ澄まされていくんじゃないかと思うんですよ。同時に美学とは、ヴィジュアル系にも繋がります。自分がいいと思うもの、美しいと思うもの、好ましいと思うもの、そういうものを選びに選んで、さらに全部積み重ねていく、そういうゴテゴテで濃厚な世界はとても美しく人を惹きつけるのだと思います。つまり、本作のヴァンパイアも同様の魅力を持った存在なんです」



なかでも、とりわけLOS†EDENのメンバーはそれがわかりやすいそう。


「エリザベスの美学は美しいものを追い求め、それを肯定すること。ただ、それに至るまでに苦しんできたと思うんですよ。今でも美を求め続けてるということは、現状の美に満足してないんですよね。そこには深い劣等感があると思います。でもエリザベスは、自分が求める美は、永遠に追い続けるものだっていうことを覚悟した上で、今の余裕があるんです。そういう想いを抱えながら美しくあり続けるエリザベスを、私は一番美しいと思います。ジャックは3話で露呈しましたけど、ロビンに対するコンプレックスの塊ですよね。ただ、サガたちと出会い、そしてロビンと再会したことで少しずつ克服しつつあります。彼の心はまだ幼くて、成長過程なんです。だから彼なりの美学を持つのはこれからですね。それはヴァンパイアになったことで失ったもの、得たものを改めて知る苦しい道のりになると思います。ミストは叶わない想いを抱えていて、それが誇りでもあり、各方面へのコンプレックスにもなっています。サガは、ミストの愛を受け入れないと同時に決して否定はしません。ミストにとって絶対に手に入らない人のそばに居続けることは、茨の道かもしれませんが、私はその関係性に美しさと羨ましさを感じます。何かを欲する想いは、コンプレックスや劣等感と表裏一体で。他人にぶつけず、その想いで自分を磨くことによって美学になるのだと思うんです」


そしてサガは“ヴィジュプリ”の中で唯一、劣等感を持たないヴァンパイアなのだそう。


「サガだって欲しくても手に入れられないものはあるんです。ギルなんですが。でもサガは、それを嘆いても自ら立ち上がり、ならば自分はどう生きるか、戦うかを考えるタイプ。貴族的なヴァンパイアが多い中で、サガだけは強い生命力を持つ獣みたいだし、ある意味、すごく人間くさい。いまだ食欲旺盛で肉やラーメン好きですしね(笑)。サガは『楽園がないなら俺たちで作ればいい』と堂々と言える人で。そんなサガだから、ミストたちは惹かれるし、サガの野望を叶えようとします。物語はいよいよ佳境ですが、最後までぜひ見届けてください!」


『ヴィジュアルプリズン』 放送情報・TOKYO MXなどで、毎週金曜24:00~放送中。©Noriyasu Agematsu,Afredes/Project VP


すがわら・ゆきえ 数々のアニメで、シリーズ構成や脚本を手掛ける。シリーズ構成を務めるアニメ『吸血鬼すぐ死ぬ』もTOKYO MXなどで毎週月曜23:00~放送中。


※『anan』2021年12月22日号より。取材、文・尹 秀姫


(by anan編集部)

anan

2021年12月21日 21時10分

ミュージック エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。