ドラマティックでポップ、そしてセクシー!!! Snow Man、デビュー後初となる有観客ライブルポ。

2021年10月09日 04時00分

エンタメ anan

2021年10月8日金曜日、横浜アリーナで行われた、Snow Manの「Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania」ライブ初日レポートです。

やっとできた…! ファンへのデビュー生報告をお届け。

10月8日。この時期とは思えないような強い日差しと、暑さに包まれた横浜アリーナ。今日、ここで9人組のアイドルグループ・Snow Manが、1stアルバム『Snow Mania S1』を引っさげ、初となるアリーナツアー「Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania」をスタートさせた。


2020年1月22日のデビューから約1年9か月。1stシングル『D.D./ Imitation Rain』に始まり、続く『KISSIN’ MY LIPS/Stories』『Grandeur』がミリオンを達成。舞台や映画、バラエティと、さまざまなフィールドでの活躍から注目を集め、またたく間に人気を獲得、とんでもないスピードでスターダムにのし上がった9人。彼らの本領発揮の場ともいえる有観客ライブは、デビュー前の2019年以来、約2年2か月ぶりとなる。ファンはもちろん、メンバー自身もこの日がくることを望んでいたのは言うまでもない。


会場は、9人の登場を待ちわびるファンの並々ならぬ想いが満ちていて、熱い。公演5分前になると多くのペンライトがともり始め、手拍子が鳴り響く。そして、開演時間ぴったりの12時30分、まばゆい光に照らされながら、Snow Manが姿を現した。


はじめから、ギアをトップに入れた9人が魅せる、怒涛のダンスナンバーが続く。途中、一番最初に口を開いたのはリーダーの岩本照さんで、気合のみなぎる声で観客を煽る。長い手足と高いダンススキル、そして圧倒的な華を備えたラウールさんは、誰もが認めるセンターぶり。


渡辺翔太さんは、武器とするハイトーンボイスで高揚感をもたらすだけでなく、唸るような低音までを披露してスキルの高さを見せつけた。表現力豊かな佐久間大介さんが見せる腹チラ、ドラマティックなダンスで魅了する宮舘涼太さんの腕があらわになるジャケットプレイが、会場のボルテージをさらに上げていく。


大人なムード漂う、セクシーな湿度の高いパフォーマンスも多く登場。なかでも、阿部亮平さんが今回のツアーのために考えたという斬新な演出が、彼らの艶っぽさを極限まで際立たせる。岩本さんの振り付け同様、Snow Manの見せ方、魅力をよくわかっているメンバーだからこそなせるワザだといえる。


また、聴く者の胸をぎゅっと掴むバラードナンバーも披露。本当に切ない感情にとらわれているかのように見える目黒蓮さんの歌には、会場中が息をのみ、思いを重ねた。ドラマの現場で鍛えられた表現力の賜物だろう。

もちろん、Snow Manが多くの人に愛される理由の一つである、チャーミングだったり、わちゃわちゃしたやりとりも、ライブの随所で見られた。阿部さんと佐久間さんのハイタッチ、お互いを笑顔で見つめながら歌う岩本さんと深澤辰哉さん。MCでは、深澤さんが正面向かって右、向井康二さんが左の端に立ち、ほかの7人を挟みながらトークを引っ張っていく。


深澤さんは、「久しぶりのライブでメンバーが緊張してるかもしれないから」と、話しやすいようお題を準備。MC回しを担う彼の気遣いが感じられる瞬間だ。それは、「今日の朝、何を食べた?」というものだったが、9人の持ち前のトーク力とキャラの立った答え、そしてチームワークで爆笑をさらった。


また、常に笑いを取りにいく向井さんは大声で場を盛り上げる一方で、時折、メンバーの肩をポンと叩きながら優しく声をかける一面も。ファンのみならず、メンバーからも愛される彼の人となりが垣間見えた。


メンバーの強い想いを感じたのは、MCタイムが始まってすぐのこと。「あらためまして、どうも!」(深澤さん) 「Snow Manでーす!」(全員) というやりとりの後に、「やっと言えた!」と盛り上がるメンバーたち。そして、「Snow Man、デビューしましたー!!!」と佐久間さんが嬉しそうに、感慨深そうに報告する。


デビュー後すぐに予定されていたアジアツアーをコロナ禍により断念し、デビューライブが無観客の配信で行われたSnow Man。これまで当たり前だったやり取りや、とっくにしているはずだったデビューの生報告は、彼らとファンがずっとずっと心待ちにしていた瞬間だ。声は出せないけれど、ファンが心の中で叫んだ歓声がアリーナ中に響き渡ったように感じた。


ライブ中には、目黒さんがW主演をつとめるドラマ『消えた初恋』の主題歌「Secret Touch」が5thシングルとして発売されることが発表された。さらに、この日の朝、発売初週に84.1万枚を売り上げ、1stアルバムの初週売り上げが令和最高を記録したことでも話題になっていた『Snow Mania S1』が、日本レコード協会のミリオン認定となったことが報じられ、ツアーの初日に花を添えた。

最後は、メンバー全員がそれぞれお礼を告げる中、深澤さんの「今日はありがとうございました!」の言葉で本編の幕がおりた。さまざまなテイストの曲を、あますところなくぎゅぎゅっと詰め込んだ約2時間。今のSnow Manという存在を、心ゆくまで堪能できるライブとなった。


思い出したのは、深澤さんが表紙を飾ったanan2268号(2021年9月29日発売)のインタビューでメンバーについて話した、「最初の熱量が今もずっと変わらない。9人いて、誰も妥協をしないというのはすごいと思います」という言葉。彼らがここまで多くの人を魅了し、愛される存在になったのは、パフォーマンスに対する真摯な想いと、何ごとにも常に全力で挑む熱さ、それを継続してきたことで獲得した高いスキルとチームワークがあってこそ。そんなことがひしひしと伝わってきた。

文・重信 綾

Information


「Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania」

神奈川、愛知、北海道、大阪、宮城、福岡、新潟の全国7都市を巡る。全32公演。



取材・文 重信 綾

anan

2021年10月09日 04時00分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。