「日本でインスピレーションを得られた」世界注目の巨匠KAWSが語る20年の軌跡

2021年07月25日 18時00分

エンタメ anan

東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで、ポップカルチャーの巨匠、KAWS(カウズ)の大型展覧会『KAWS TOKYO FIRST』が開かれています。ペインティングや巨大彫刻、さらに最新のAR作品など約150点が集結。2年ぶりに来日したKAWSさんのコメントもご紹介!

どんな展覧会?


【女子的アートナビ】vol. 215


『KAWS TOKYO FIRST』では、世界が注目するアーティストKAWSの初期から最新作までの絵画や彫刻、プロダクトなどを展示。さらに作家が所有するプライベートコレクションも紹介され、創作の源泉も知ることができる展覧会です。


KAWS(本名:ブライアン・ドネリー)さんは1974年アメリカ生まれ。ニューヨークの美術学校で学び、アニメーターとして3年間勤務。


1990年代前半にグラフィティライターとして注目されはじめ、バス停や電話ボックスの広告にキャラクターを描いた作品などが人気となり、アメリカだけでなくヨーロッパや日本でも知られるようになります。


彼の代表作は、目の部分が×印になっているキャラクターたち。みんなが知っている「ねずみ」や「犬」などのキャラクターを書き換えた遊び心いっぱいのパロディ作品を次々と生み出し、世界中の人たちを魅了しています。


また、ユニクロやア ベイシング エイプ、ディオールなどブランドともコラボ。絵画や彫刻から、ストリートアート、グラフィックデザイン、プロダクトデザインまで、幅広いジャンルで活躍されています。

報道内覧会では、来日中のKAWSさんが登壇。展覧会への想いや日本とのつながりについて語りました。

日本で得られたものは…?


KAWSさんの初来日は1990年代の半ばごろ。それ以後40~50回は来日しているというかなりの親日家です。


90年代後半は日本のストリートカルチャーが発展していった時期。KAWSさんは裏原系のファッションリーダーNIGO®さんなど多くの方々と交流を重ね、作品やプロジェクトを生み出していきます。日本のストリートカルチャーが自身に与えた影響について、次のように語りました。


KAWSさん 日本に来ることで、さまざまなインスピレーションを得ることができました。日本は、私がそれまで知っていた世界とはランドスケープが違っていました。当時は新しいものが始まっていく時代。日本の友人たちとワクワクを共有でき、いつもとても楽しくて、実験的なこともいろいろできました。日本のストリートカルチャーが活動の場を広げ、ファッションブランドに影響を与えていくのを見ることができ、その時代に関われたことを幸せだと思っています。

展覧会名に込められた想い


今回の展覧会名「KAWS TOKYO FIRST」は、20年前に渋谷で開かれた初個展と同じタイトルです。なぜ同じものにしたのか、その想いを語りました。


KAWSさん このタイトルに落ち着いたのは、私のなかでひとつのサイクルが終わったと感じたからです。2001年に東京で初個展をしてから多くの変化がありました。その個展がベンチマーク的な意味をもっており、今回同じタイトルにすることで、原点に戻れるのではないかと考えたのです。

プライベート空間を披露した理由


会場では作家のアトリエの一部が再現され、プライベートコレクションも展示されています。その理由を次のように述べています。


KAWSさん 私は常々ほかのアーティストのことをもっと知りたいと考えていました。私が毎日どういったものと暮らしているのか、何に興味があるのか、見ていただきたいのです。自分の個人的なスペースをみなさんと共有する場をもちたいと考えたのです。私の所有するコレクションを見て、ほかのアーティストの作品を気に入ったら、ぜひ調べてみてください。

特に見てほしいところは?


最後に、展覧会で見てほしいところを語りました。


KAWSさん この展覧会では、私の全体のストーリーを来場者の方と共有できるのが意義深いところです。私がこれまでどんな点に興味をもっていたのか、作品はどこから始まり、どこまで来ているのか、その変遷もご覧いただきたいです。20年間の興味の変遷と洞察を、ぜひ受け取っていただければと思います。


また、コロナの状況であっても展覧会に来てくださる方に感謝の気持ちを伝えたいと思います。日本に来るのは毎回おもしろい体験で、日本にいられることも光栄で、これからも来続けたいです。そして友人である横尾忠則さんの美術展も都内でやっているので、ぜひそちらにもお出かけください!

グッズも注目!


展覧会の特設ショップでは、限定商品やブランドとのコラボ商品など注目商品が並んでいます。


特に目を引くのが、「名菓ひよ子」とのコラボ。ひよ子ちゃんの目が×印になっていてかわいいです! 


一部の商品はKAWS TOKYO FIRSTオンラインストアでも販売される予定なので、ぜひ公式サイトをのぞいてみてください。


『KAWS TOKYO FIRST』は10月11日まで開催。


取材・文:田代わこ

Information

会期    : ~10月11日(月) ※休館日:8月5日(木)

会場    :森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)

開館時間  : 10:00~20:00 ※9月9日(木)は~17:00 ※入館は閉館の30分前まで

観覧料   :平日一般¥2,500、高校・大学生¥2,000、小・中学生¥900、土日一般¥2,800、高校・大学生¥2,300、小・中学生¥1,200 ※全日日時指定制 ※未就学児無料 ※詳細は公式サイトをご確認ください

 

※最新情報は、美術館のウェブサイトをご確認ください

anan

2021年07月25日 18時00分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。