市川染五郎、父や叔母の松たか子の影響で「挑戦したいと思いました」

2021年07月21日 20時40分

エンタメ anan

今回ご紹介するのは、映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』。少年少女たちの青春グラフィティを描いた劇場オリジナルアニメーションです。主人公のチェリー役で初映画、初声優、初主演を果たした、八代目 市川染五郎さんにお話をうかがいました。

【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 86


「声のお芝居の難しさを改めて感じました」

『サイダーのように言葉が湧き上がる』の主人公・チェリーは、コミュニケーションが苦手で、人から話しかけられないよう、いつもヘッドホンを着用している少年。彼は、口に出せない気持ちを趣味の俳句で表現していました。


彼は17回目の夏、郊外のショッピングモールで、矯正中の大きな前歯を隠すため、いつもマスクをしている少女・スマイルに出会います。彼女は、“カワイイ”を見つけては動画を配信する、人気ユーチューバーでした。


俳句以外では思ったことをなかなか口に出せないチェリーと、見た目のコンプレックスをどうしても克服できないスマイルは、SNSを通じて少しずつ言葉を交わし、言葉と音楽で距離を縮めていきます。


チェリー役を歌舞伎界の超新星・八代目 市川染五郎、ヒロインのスマイル役を若手随一の表現力を誇る女優・杉咲花が担当。フレッシュな競演が、ひと夏の青春をよりいっそう輝かせています。

ーー本作で、初映画、初声優、初主演すると決まったとき、どう思いましたか?


染五郎さん オファーをいただいたことは、父(十代目 松本幸四郎)からの電話で知りました。「勉強になるから、やってみたほうが良いよ」と薦められまして。初めての映画出演がアニメ作品だということに驚きましたが、父(※1)や叔母の松たか子が声優を経験しています。自分も挑戦してみたいと思いました。


※1 映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』(2016年)でボルケニオン役を担当


ーー実際に、声優に挑戦して、感じたことを教えてください。


染五郎さん 声だけで感情を表現する難しさは、以前行った朗読劇(※2)で感じたことがありました。不安やプレッシャーはありましたが、本作で声優に挑戦したことにより、声のお芝居の難しさを改めて感じました。


※2 2018年に、イベント『染五郎13歳、ハムレットを読む』にて、シェイクスピアの『ハムレット』の一部を朗読

ーーチェリーをどういう男の子だととらえて演じましたか?


染五郎さん 初めて台本を読んだとき、人見知りなところが自分に似ているなと思いました。だからこそ、この役はあまり作り込まないほうが良いと直感しました。彼は俳句で気持ちを表現しますが、それを外部に発信しようとしていません。小学校高学年の頃、僕は自分で台本を書き、妹と一緒にぬいぐるみ(※3 ボン吉)を使って人形劇をやっていたんです。誰かに見せるためではなく、自分と妹が楽しむためにやっていました。そんなところも彼と共通するものを感じました。


※3 市川染五郎さんのファンには有名な、犬のぬいぐるみ。3歳の時に、祖母にあたる松本白鸚さんの妻からプレゼントされたもので、現在もお守り代わりに、控室や楽屋などにも連れてきているそう。ちなみに、この日も持参されていました!


ーー人形劇はどのような内容だったのか、教えてください。


染五郎さん 悪役の歌舞伎役者が、悪役が好きすぎて、現実の世界でも同じことをしてしまうというお話です。自宅にスモークマシンがあるので、それを使ったり、雪を降らせたり、ぬいぐるみに宙乗りをさせたり、衣裳を作ったりと、人形劇とはいえ、将来、自分が新作歌舞伎を作るための予行演習のつもりでやっていました。

ーー『サイダーのように言葉が湧き上がる』の、完成した本編をご覧になって、どのような印象を受けましたか?


染五郎さん 恋愛ものだけでなく、俳句や歌詞、セリフなどに日本語の美しさが表現されているところに魅力を感じました。


ーーお父さまも本編をご覧になった?


染五郎さん 観てくれて、「良かったよ」と言ってくれましたが、作品自体に関する感想であって、僕の演技ではないと思います(笑)。


ーー今後、どのような活動を行いたいですか?


染五郎さん 学業と両立しながら、歌舞伎や歌舞伎以外の表現にも挑戦させていただけたらと思っています。常々、父は「何ができるかより、何をしたいかを考えなさい」と言っていて。実際、父が妄想していた歌舞伎フェイスパックは形になり、商品化されています。「何ができるか」を考えると、やることが限られてしまいます。これからも自分がしたいことを実現するために、いろいろな挑戦をしていきたいですね。

インタビューのこぼれ話


人見知りなチェリーが、自分で発信する存在・ユーチューバーに惹かれていくところに触れると、「僕はあまりテンションの高い人間ではないので、自分だったら、ユーチューバーの方のテンションについていけないかもしれません(笑)」と言って場を和ませてくれた染五郎さん。インタビュー中、シャイな表情を見せていた染五郎さんが、カメラを向けると艶っぽい表情に! 魅力たっぷりのグラビアにご注目ください。


※インタビュー収録は、2020年に行われました。


Information

映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』

7月22日(祝・木)より全国公開

声の出演:市川染五郎、杉咲花ほか


配給:松竹

©2020 フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会

衣装協力:ジャケット、パンツ(カズユキ クマガイ/アタッチメント 代官山店 03-3770-5090)そのほかのアイテムは、スタイリスト私物


写真・大内香織 文・田嶋真理  スタイリスト・中西ナオ ヘアメイク・AKANE


写真・大内香織 文・田嶋真理 スタイリスト・中西ナオ ヘアメイク・AKANE

anan

2021年07月21日 20時40分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。