茂木欣一、稲垣吾郎に「率直にどう思った? と聞いてみたいです」

2021年07月08日 19時30分

エンタメ anan

今回ご紹介するのは、『映画:フィッシュマンズ』。今年、デビュー30周年を迎えた孤高のバンド、フィッシュマンズ(FISHMANS)のドキュメンタリー映画です。フィッシュマンズのリーダーで、東京スカパラダイスオーケストラのドラマーとしても活躍している茂木欣一さんにお話をうかがいました。

【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 84


「僕自身が、フィッシュマンズの大ファンなんです」

1987年に結成されたフィッシュマンズは、1991年4月21日にシングル『ひこうき』でヴァージン・ジャパンよりメジャーデビュー。


楽曲のほぼすべての作詞・作曲を担当していたボーカル・佐藤伸治さんは、1999年に急逝しましたが、現在も活動を続け、国内外の音楽シーンで高い評価を受けています。


本作は、2019年2月に催された、フィッシュマンズが主催した音楽イベント『闘魂2019』のリハーサルから撮影を開始。明治学院大学ソング・ライツ部室、渋谷La.mama、渋谷クラブクアトロ、三軒茶屋クロスロードスタジオ、VIVID SOUND STUDIO、日比谷野外音楽堂など、メンバーのゆかりの地を訪れながら、インタビューを敢行。


これまで多くを語ることがなかった現・旧メンバーの貴重な話が、本邦初公開を含むライブシーンとともに織り交ぜられています。フィッシュマンズの軌跡をたどるうちに思い起こすのは、観る者が体験した甘酸っぱい青春の日々。 青春映画としても楽しめる内容となっています。

ーー茂木さんにインタビューさせていただく前に本作を企画し、プロデューサーも兼ねた坂井利帆さんとお話することができまして。本作を『青春映画』と表現されていたことが印象的でした。観終わった後に感じる甘酸っぱさは、まさに青春映画のそれだなと思いました。本編172分があっという間でした。


茂木さん あっという間という感想を聞くと、本当にほっとします。フィッシュマンズは、1曲35分の『LONG SEASON』(1996年)をリリースしていますが、たまたまその長さになっただけで。なんとなく目標としていたのが、小難しくないものを作ることだったんです。曲も映画も鑑賞するにおいて、あっという間に時間が流れていくことは大切だと思っています。


ーー改めて、フィッシュマンズの音楽についてどう思いましたか?


茂木さん 佐藤くん、そしてフィッシュマンズとの出会いは、本当に特別なものだったんだなと思いました。僕自身が、フィッシュマンズの大ファンのひとりなんです。僕がフィッシュマンズのメンバーでなかったとしても、フィッシュマンズを「こんな音楽があるんだけど」と言いながら、同僚や周りの人々にすすめていたと思います。


ーーフィッシュマンズは、SMAPの10枚目のオリジナルアルバム『SMAP 011 ス』(1997年)に『それはただの気分さ』を提供し、演奏もしていますね。ソロで歌唱した稲垣吾郎さんのアンニュイな雰囲気にぴったりの名曲だと思います。


茂木さん 佐藤くんは『それはただの気分さ』を気に入っていて、フィッシュマンズのアルバム『宇宙 日本 世田谷』(1997年)に収録したがっていたのですが、SMAPに曲を提供できることをすごく喜んでいました。吾郎ちゃんは『BABY BLUE』のようなミドルテンポのダンスナンバーを想像していたと思うんですが、『それはただの気分さ』はとてもスローな曲でしょう?(笑)。吾郎ちゃんとじっくりお話をする機会があったら、「あの曲を初めて聴いたとき、率直にどう思った?」と本音を聞いてみたいですね。

ーー佐藤さんが亡くなるまで一番近くにいらしたのが、茂木さんでした。彼に忍び寄る死の影のようなものを感じたことはございますか?


茂木さん 当時は、特に異変を感じませんでした。いまになって振り返ると、亡くなる前の年の1998年は、フィッシュマンズのベーシスト、柏原譲が脱退すると決まっていた1年間ということもあり、口数が少なかったかもしれないと思います。とはいえ、彼はどっぷりと音楽に集中するタイプでしたから、間近のライブでフィッシュマンズの集大成を見せてやるという気持ちなのかなと解釈していました。


ーー劇中、ゆかりの地を訪れる茂木さんの姿がとても悲しく見えました。しかも日比谷野外音楽堂では、雨まで降っていて……。


茂木さん これまで、「もしも」を何度も考えた20年でした。あのシーンは、「もしも、サトちゃんが元気で生きていたら」と、僕が心の中で佐藤くんへ語り掛けた気持ちを監督が映像化してくれたように感じて、観てぐっと来るものがありました。

ーー旧メンバーの方々が、当時の貴重な裏話を語っているシーンについてどう感じましたか?


茂木さん クランクイン前に、旧メンバーたちと会う機会があったんです。そのとき、僕は「一度だけでいいから、カメラの前で本音を話してほしい」とお願いしたんですが、その結果を僕は知らなくて。完成した本編を観て初めて、「ここまで赤裸々に語ってくれたんだ」と驚きつつ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。


ーー観る者誰もが心を揺さぶられる作品だと思います。


茂木さん 僕は、もしも、明治学院大学のソング・ライツ部に入っていなかったら、佐藤くんに出会っていなかったら……運命のパズルがどれひとつ欠けても、僕はこの場にいなかったかもしれない、そんなことを考えながら観ました。この映画を観た方は、フィッシュマンズの青春を体験するうちに、自身がこれまで歩んできた人生を振り返っていると思います。そういう意味で、フィッシュマンズの映画ですが、みんなの映画でもあると思っています。

インタビューのこぼれ話


テレビ朝日系『仮面ライダーセイバー』のエンディングテーマ『仮面ライダーセイバー』では、パワフルな歌声を響かせている茂木さん。インタビュー中、そのことに触れると、なんと取材現場でワンフレーズを生歌唱! そのサービス精神とともに、優しさがにじみ出る気さくな笑顔が印象的でした。


Information

『映画:フィッシュマンズ』

7月9日より、新宿バルト9、渋谷シネクイント、アップリンク吉祥寺、池袋シネマ・ロサほかにて全国公開

出演:佐藤伸治、茂木欣一、小嶋謙介、柏原譲、HAKASE-SUN、HONZI、関口“dARTs”道生、木暮晋也、小宮山聖、ZAK、原田郁子(クラムボン)、UA、ハナレグミ、YO-KING(真心ブラザーズ)、こだま和文


配給:ACTV JAPAN、イハフィルムズ

©THE FISHMANS MOVIE 2021


撮影・山本嵩 文・田嶋真理  ヘアメイク・津田千昌


撮影・山本嵩 文・田嶋真理 ヘアメイク・津田千昌

anan

2021年07月08日 19時30分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。