黒羽麻璃央「ミュージカル『刀剣乱舞』をやり始めた頃も...」 俳優をやめたかった過去

2021年05月22日 21時40分

エンタメ anan

ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズ三日月宗近役で注目を集め、『SUITS/スーツ2』をはじめ数々のドラマに出演するほか、バラエティでも活躍する黒羽麻璃央さん。今後の活躍にますます期待が高まるひとりです。

いまはむしろ演劇人と呼ばれたい派です。



――じつは最近、ある舞台の宣伝担当さんとヘアメイクさんのおふたりから別々に「黒羽さんのいまの活躍は本人の人柄の良さもあると思う」という話をされたんです。


黒羽:もしそうならば親に感謝ですね。表裏がないとは言われますけど…。


――確かにそれはよく聞きます。


黒羽:単に裏を作りたくても準備する暇がないっていうか…できないだけなんですけどね。不器用だし、面倒くさがり屋なのかもしれない。へんに気を遣うのはやめたんです。もちろん場によっては必要ですけれど、へんに自分を繕うのもって思うし、無理もしたくないし。そうしたら自然と…。


――カッコつけたりするのも?


黒羽:やめちゃいました。疲れちゃったんです。そういうことをしている自分も嫌だし。それで嫌われたとしても、親友がいるからひとりじゃないしいいやって、開き直りみたいなところもありましたけど。


――以前に取材させていただいた時に、上京してきたばかりの頃は東京に心を許していなかったと話していましたが、芸能界には、自ら望んで入られたんですよね。


黒羽:望んで…というのは半分くらいで、あと半分はなんとなく。コンテストに参加したのも、めちゃくちゃ俳優の仕事をしたいとかより、ちょっと芸能人に憧れるくらいのもので。いざ東京に出てくるってなってからは、友達とも親とも離れたくなくて急に嫌になって、ずっと実家の仙台に帰りたいと思っていました。自分の気持ち100%でやってないものだから、いろんなワークショップでも怒られてばかり。その頃、友人は大学で人生謳歌していて、一体自分は何しに来てるんだろうって…。


――変わってきたのはいつ頃?


黒羽:ふとした時なんですけど…仙台に休みで帰った時に、自分の口から「東京に帰る」って言葉が出たんです。その頃になると、東京にも仲のいい人ができていたし、好きな場所もできて、落ち着いて生活できていて。仙台にいても、東京が帰る場所になったんだなって。その辺かなと思います。


――いくつくらいの頃ですか?


黒羽:20代中盤くらい。じつは刀ミュ(ミュージカル『刀剣乱舞』)をやり始めた頃もまだ、この仕事に向いてないと思っていたし、つねに頭のどこかに、やめて帰るという選択肢がありました。


――向いてないと思った理由は?


黒羽:自分が思い描いていた芸能の仕事とは違っていたんですよね。もちろん、楽しい瞬間も素敵だなと思う瞬間もありましたけど、圧倒的にキツいことのほうが多くて。一度、決心して親に「帰ろうと思う」って言ったんです。そしたら「帰っておいで」って言われて。「じゃあやろう」ってなりました。


――そんなに帰りたかったのに?


黒羽:すごい気が楽になったんですよね。「あなたが俳優じゃなくても、私たちは何も困りません」って言われて、自分ひとりがこんなにバタバタしていただけなんだって冷静になったし、本当に追い詰められたら逃げればいいんだって開き直れたというか。最悪のパターンを想像したら、怖いものなんてないやって気持ちになれた。そこから仕事への取り組み方も仕事に対する考え方も変わりましたし、意識を変えた瞬間から、僕を必要としてくれる作品に声をかけていただいたり、バラエティに呼んでいただくことも増えたんですよね。


――当初、思い描いていた芸能界ってどんなものだったんですか?


黒羽:完全に月9ドラマとかですよね。仮面ライダーをやって、学園モノに出て、主演ドラマやって…みたいな(笑)。田舎だったんで、舞台に出るなんて全然頭になかったです。いまはむしろ演劇人と呼ばれたい派なんですけれど、昔は、舞台って映像に比べて知名度がないし…とか考えていました。


賞をいただけるような俳優にならなきゃって。



――舞台を面白いと思ったのは、どのあたりのタイミングですか?


黒羽:‘16年の、宅間(孝行)さんとやらせていただいた『歌姫』ですね。その時、久々に泥くさ~い人間を演じたんですけど…演じたというより、役になったというほうが近い。稽古場で、毎日のように宅間さんから鬼のようなダメ出しを受けて、追い込んで追い込んで役を自分に浸透させていくうちに、芝居なんだけど芝居じゃないような、本当にその役としてその空間を生きているような感覚になりました。何より、宅間さんが厳しいけれど本当に愛のある方で、役の上で僕は宅間さんを慕う役だったんですが、自然とその関係性が築けたことも大きかったと思います。


――その頃から映像作品への出演も増えていきましたよね?


黒羽:映像をやりたいとは思っていたけれど、舞台と同時進行ってめちゃめちゃ難しいんですよね。舞台はかなり前にスケジュールを押さえられますし。だから映像に出ると決めて、一度、舞台を控えていた時期もありました。でもそれを経験したことで、どれだけ舞台が自分にとって大事なのか、好きだったのかがわかりました。



――舞台のどこが魅力ですか?


黒羽:映像は完成の瞬間に演者が立ち会えないじゃないですか。でも舞台は、観客の前で表現して、届け終わった瞬間に反応をいただける、その感じが楽しいんです。あと、幕が上がったら一切ごまかしがきかない。全員がフェアな状態で戦っているところが好きですね。


――この先の目標はありますか?


黒羽:もちろんそれだけ認めてもらえる俳優にならなきゃってことなんですけど、いつか賞をいただけるような俳優になりたいです。くじけそうになった時に、ちょっと自信を取り戻して頑張れるかなって。


黒羽さん出演のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』は、5 月21 日(金)~ 6 月13 日(日)、TBS赤坂ACTシアターにて上演。その後、大阪・愛知公演も予定。2001年にフランスで誕生した作品で、日本では‘10年に宝塚歌劇団によって初演。今回、ロミオ役は黒羽さんと甲斐翔真さんのWキャストに。梅田芸術劇場 TEL:0570・077・039


くろば・まりお 1993年7月6日生まれ、宮城県出身。2012年のミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンで俳優デビュー。ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズ三日月宗近役で注目を集める。ドラマ『恋はつづくよどこまでも』、Paravi配信中『リコハイ!!』など映像作品も多数。7月20日に自身の企画プロデュース『ACTORS☆LEAGUE 2021』開催。


コート¥66,000 Tシャツ¥20,900 パンツ¥49,500(以上ETHOSENS/ETHOSENS of whitesauce TEL:03・6809・0470) シューズはスタイリスト私物


※『anan』2021年5月26日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・ホカリキュウ ヘア&メイク・Haruka(Lomalia) インタビュー、文・望月リサ


(by anan編集部)

anan

2021年05月22日 21時40分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。