音尾琢真&しいたけ. “文字でのコミュニケーション3つの悩み”に助言!

2021年05月14日 19時10分

エンタメ anan

いまの時代、メールやSNSがコミュニケーションの主流だけど、文字だけのやり取りに、もどかしさを感じてる人も多いはず。音尾琢真さんと人気占い師のしいたけ.さんが、文字でのコミュニケーションの悩みに答えました。

悩み1:些細な用事で連絡しづらい


以前は推しのイベントでよく会っていた友人。現場がなくなり、会う機会が減ってしまいました。たまには趣味の話題で盛り上がりたいけれど、些細な用事ゆえに、なかなか連絡できずにいます。


しいたけ.:コミュニケーションってタイミングがある気がしていて、時には放っておくことも大事だと思っているんです。いまって、会うのがなかなか難しいし、相手にも気を遣わせてしまうのがわかっているからこそ連絡しづらいですよね。でも、あえて連絡しないのも優しさだと思うんです。だから、どうしても会いたい用件ができたとか、会おうっていう空気になるまで待ってもいいのかなって。


音尾:僕は逆に、会いたいと思った人にはできるだけ会うようになりました。それまでは誘われてもしょっちゅう断る人だったんですけど、突然、会えなくなってしまった人たちがいたことが大きくて。こんなご時世でも向こうから会いたいと言ってくれるなら、期待に応えたいと思うし、ちょっとでも会っておこう、と。


しいたけ.:どうしても会いたいならば、「会いたいですね」って送っちゃってもいいのかもしれませんね。


音尾:そんななか僕は最近、竹中直人さんとよくLINEをやり取りしているんですけれど、大先輩にどうでもいい話題はさすがに送れないので、テレビでお見かけしたら、「今日出てましたね」って連絡してます。最近は、ポスターを撮ったり、URLだけを送ることもありますし。


しいたけ.:それはいいですね。たとえば「あなたが好きなお菓子を見かけたよ」みたいなやり取りのきっかけを作るのはいいかもしれない。


悩み2:うまく意思疎通ができない


昨年からリモートワークになり、同僚とメールや社内チャットでのやり取りが増えました。ただ、文章力のせいか真意がなかなか伝わらないことも。ギクシャクする場面も多く悩んでいます。


しいたけ.:文字のコミュニケーションって、考えれば考えるほどどう伝えるのがいいかわからなくなってきますよね。


音尾:僕の場合、普段、家族に送る文章とかすごく短いから、友達にもその癖で淡泊な返事を返しちゃって、後でこれじゃダメだって気づいて、補足補足の連続でした。どうしたらいいんでしょう?


しいたけ.:関係性にもよる気がしますよね。僕はとくに仕事の相手との文字のコミュニケーションでは、心の中に編集者をつけるように意識しています。文字って相手の顔色が見えないぶん、伝わってるのかがわかりづらいから、「これってどういうこと?」っていちいちツッコミを入れながら書くようにしています。あとは即レスですね。即レスならば、短い文章でもあまり相手は気にならないと思うんです。だから「ちょっと考えてみます」ってとりあえず返しておいて、後で、推敲した文章を送ったらどうでしょう。


音尾:それは手ですね。ただ僕、長文のLINEに「ありがとう」だけ即レスしたら怒られましたけどね。


しいたけ.:それは例外ですね(笑)。


悩み3:活発なグループLINEがツラい


会社の同期と作ったグループLINE。集まる機会がめっきり減ってからやり取りが活発に。就業時間中も頻繁にメッセージが来て仕事に集中できません。とはいえ、何も返信しないのも角が立つし…。


音尾:こういうのってありますよね。面倒なので、一切そこには乗っからないと決めている私です。乗っからないことで、自分はそういう人間なんだという表明にもなりますし。


しいたけ.:それもひとつの手段ですね。ただ、立場的にとか年齢的にとか、それも難しいっていう人もいるんだと思います。


音尾:確かにそうですね。


しいたけ.:この場合、擬態テクニックを使うのがいいと思います。たまに大勢の中で上手に立ち回れる人っているじゃないですか。その人の立ち回り方を覚えておいて、たまに自分も真似るっていう。


音尾:いますよね。舞台の稽古の時も、そんなにできているわけじゃないのにダメ出しされない人っていうのがたまにいましてですね。そういう人って、なんとなーくその場の流れに乗った芝居っていうのができていて、なんとなーく役割は果たしているんで目を付けられないんです。


しいたけ.:たぶん、そのグループLINEの最高権力者的な人がいると思うんですよ。やり取りが始まった時に、一回その人の話に「わかる。私もそう思ってました」って乗っておいて、さらっと退場するのがいいのかもしれない。


音尾:完全に処世術についてのアドバイスですね(笑)。



おとお・たくま 1976年3月21日生まれ、北海道旭川市出身。WOWOWのドラマ『華麗なる一族』、映画『るろうに剣心 最終章 The Final』に出演。待機作に映画『孤狼の血 LEVEL2』。


シャツ¥29,000(ラキネス) パンツ¥26,500(サヤトモ) 共にアルファ PR TEL:03・5413・3546 靴¥52,000(サンダース/グラストンベリーショールーム TEL:03・231・0213) 時計¥52,000(ツェッペリン/ウエニ貿易 TEL:03・5815・3277)


しいたけ.さん 占い師として活躍するほかコラムなども執筆。5月25日に、新刊『しいたけ.の小さな開運BOOK』(マガジンハウス)が発売予定。


※『anan』2021年5月19日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・村留利弘(Yolken) ヘア&メイク・諸橋みゆき(Yolken) イラスト・100%ORANGE 取材、文・望月リサ


(by anan編集部)

anan

2021年05月14日 19時10分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。