明日海りお「最初は不安でした」 ミュージカル『ポーの一族』に再挑戦

2021年01月07日 19時40分

エンタメ anan

舞台に立った瞬間に目を奪われてしまう華とオーラ。役を丁寧に掘り下げ表現する繊細な演技と確かな歌唱力。そして時に、華奢な体からは想像もできないほどのエネルギーを放出し、観客の心を鷲掴みにしてゆくパワフルさも兼ね備える。明日海りおさんが、宝塚歌劇団を退団後どんな活躍をされるか、その動向に注目していた人は多いはず。そしてようやく発表されたのが、在団中に上演され話題を呼んだミュージカル『ポーの一族』、そして現在放送中の朝の連続テレビ小説『おちょやん』への出演だ。

――『ポーの一族』は、言わずと知れた萩尾望都先生の名作漫画を原作にした舞台です。在団中に演じた主人公のエドガーという役に、今回再び挑戦されるわけですが、ご自身にとって、どういう位置づけにある作品ですか。


明日海:これまで演じたどの役にも、それぞれに思い入れはありますけれど、『ポーの一族』はとっても特殊な作品でした。ちょうど花組のみんなが自分の個性を自覚してそれを出せるようになった時期の作品で、それぞれが適役だったのもあり、萩尾先生の世界の中に浸りきって演じることができたんです。私自身もエドガーを演じていて、感覚が自然と体全体、爪の先まで駆け巡る瞬間もあったり…。脚本・演出の小池(修一郎)先生に伺ったんですが、萩尾先生自身がもう一度舞台化してほしいとおっしゃっていたそうなんです。もし自分以外の人がエドガーだったら、きっと心がウズウズしただろうと思うんです。今回、私以外は男性の役は男性が演じるわけで、ちょっと特殊なバージョンとなりますが、そういうのもアリ、とされる時代にあって本当にラッキーです。


――正直、最初に舞台化を知った時は不安の方が大きかったんです。でも、制作発表会見でエドガーに扮した明日海さんを拝見して、一気に期待感に変わりました。ご自身は、どこかで手応えを感じるタイミングがあったんでしょうか。


明日海:この作品に関しては、小池先生の思い入れがとても強かったですし、原作ファンの方も多いだけに、私も最初は不安でした。ただ、ポスター撮影からメイクやウィッグのフィッティングも通常の公演以上に念入りにして、その段階で小池先生に納得いっていただけたことで、ひとつ安心できたというのはありました。制作発表は、台本が仕上がる前に行われていることも多く、曲をいただいて役の設定を聞いて歌詞を覚えてドンで出る、みたいな感じなんですね。でもあの時は、不思議なんですけれど…私だけじゃなく、出席していた全員が、自然と作品の世界に誘われてそこにいられたみたいな感覚がありました。


――公演中はいかがでした?


明日海:どこまでも作品に移入してしまうような…。だから、毎公演エネルギーの消耗がすごかったです。


――バンパネラになってからのエドガー…とくにラストは、地上から数cm浮いているというか、体が半分透けて見えているような、人外の存在感がありました。


明日海:自分も演じながら生きてる感じがしないというか…重力を感じないというか、そんな感覚がありました。入りきっちゃうんですかね。


――どのようにエドガーを演じようと思われていたんでしょう。


明日海:最初、エドガーは人間の少年ですから、“子役をやっている人”ではなく、少年そのものに見えるように心がけていました。バンパネラになってからは人間でないものに見せたいのと、原作の美しさを出したいのとで、動きとか目線とか、指先まで神経を張り巡らしていましたね。バンパネラになった当初は、苛立ちとか人恋しさみたいなものを奥の方で感じていたんですけれど、時が経つうちにどこかで諦めた感じで物事を見ている感覚で、私自身もエドガーと同じように、すごく遠いところで成り行きを見つめていたような…。たぶんそれって、萩尾先生の世界観の力と、何のストレスもなく気持ちが流れていくよう構成してくださった小池先生の力のおかげだと思います。私自身は、作品に身を委ねていればよかったんですよね。


――前回は宝塚というある意味ファンタジーな世界の中で演じられたわけですが、今回は男性が男性を演じるなどリアリティもあるなかで演じることになりますね。


明日海:今回、大人が子供を演じる…女だけれど男の子を演じるわけで、ハートの部分がしっかりないと、ワザとらしい作り物に見えてしまう気がしています。より素肌に近い状態で、板の上に立つことになると思うんですけれど、その上で共感してもらえるものを追求していかなければいけないと思っています。でもそのぶん、周りは男性役を男性が、年相応の方が演じられることで、作品的には厚みが出ると思いますし、ナンバーにしても見ごたえ聴きごたえのあるものになっていると思います。


明日海さんが主人公・エドガー役で主演するミュージカル・ゴシック『ポーの一族』は、1/11~梅田芸術劇場メインホール、2/3~東京国際フォーラム ホールC 、2/23~名古屋・御園座で上演。脚本・演出は宝塚版に引き続き小池修一郎さんが担当。エドガーと心を通わせる少年・アラン役に千葉雄大さん。ライブ配信も決定。


あすみ・りお 1985年6月26日生まれ、静岡県出身。2003年に宝塚歌劇団に入団。下級生時代から数々の大役を務め、‘14年に花組トップスターに就任。‘19年11月の退団後は映画『ムーラン』日本版声優のほか、放送中の連続テレビ小説『おちょやん』、1月12日から放送のドラマ『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-』などにも出演。


プルオーバー¥37,000 デニムパンツ¥37,000(共にマメ クロゴウチ/マメ クロゴウチ オンラインストア) パンプスはスタイリスト私物


※『anan』2020年1月13日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・大沼こずえ(eleven.)ヘア&メイク・山下景子 インタビュー、文・望月リサ


(by anan編集部)

anan

2021年01月07日 19時40分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。