「もむ、ほぐす、伸ばす」で太らない体に! 話題のダイエット本に迫る

2020年12月07日 18時30分

エンタメ anan

2020年11月11日に『日本一親しみやすいモデルが教える 太らない体のつくり方』(KADOKAWA)を上梓した石井亜美さんに、書籍のこと、ダイエットのことなどをじっくりうかがいました。

写真・大内香織 取材、文・鈴木恵美


自分の本を出版するのがずっと夢だった。


初の書籍には、YouTubeの公式チャンネルで公開したストレッチ法をはじめ、“あみしぃ流”のライフスタイル術が1冊に凝縮され、発売早々、重版が決定するほど話題沸騰中! そこで石井さんにお話をうかがいました。

――運動、食事、ファッション、メイク、マインド面と、これまで配信してきた動画を凝縮した内容ですが、動画ではなく書籍という形にした理由は何でしょうか?


YouTubeを始める前から、自分の本を出すのが夢でした。今は誰でも動画や言葉を発信して、自分を自由に表現できる時代ですが、書籍はそう簡単ではありません。ある程度知名度や説得力がないと出すことができないものだと思っているので、出版社さんからお声掛けいただいた時は素直にうれしかったです。


いつも動画を観てくれている方々に、私は書籍を出せるくらい濃い内容を動画で発信しているということを証明すると同時に、ファンの方に違う形で、感謝の気持ちを伝えたかった。また、新たな層の方に、自分を知ってもらうきっかけになればという思いもあり、書籍という形にしました。


――今回書籍に掲載しているストレッチやマッサージは、YouTubeで紹介しているものが多いのでしょうか?


YouTubeで紹介したものもありますが、書籍初出しのエクササイズ法も多数載せています。過度な有酸素運動や筋トレは一切なく、「もむ、ほぐす、伸ばす」の3つの動きを基本にした、誰でも自宅で簡単に行えるものばかりなので、すぐにマネできます。女性は、生理との付き合い方もすごく大事だと思うので、生理中の過ごし方についても触れています。

――日頃からYouTubeをチェックしている視聴者たちの意見を反映した部分はありますか?


「元気でいる秘訣 ハッピールーティンQ&A」という、質問に答えるページを設けたのですが、これは日頃からDMやコメントでお悩み相談を受けることが多く、その中からよくいただくリアルなお悩みを基にして作りました。


例えば「ダイエットにくじけそうになった時にはどうしたらよいですか?」というお悩みなんかは本当に寄せらせることが多くて…。だから一人ひとりのコメントに返信するような気持ちで、心が折れそうな時に読んでほしい“心のエナジードリンクメッセージ”を綴りました。1回読んで終わりじゃなくて、元気をもらいたい時に何度も開きたくなるようなページを作りたくて、私から提案しました。


自分の言葉でしっかり伝えるのが大切。


――書籍の構成にも多く関わったのでしょうか?


そうですね。当初はペットボトルマッサージをメインに構成する予定だったんですが、私はマッサージだけでなく、日々のストレッチ法や、食事を楽しむことも体づくりの大切なルールだと思っているので「食事法も入れたい」と提案しました。


また、体づくりは変化を楽しんで自信をつけるためにするものだと思っているので、「ファッションやメイクについても触れたい」と…初書籍へ熱い思いがあふれ、最終的にこんなに内容盛りだくさんに(笑)。自分の言葉で書かせてもらっているページも多いんです。


――えっ、ご自身で文章も書いているんですか?


プロローグ、「#ハッピーダイエッターのために。毎日続けている15のこと」、「#ハッピーダイエットに欠かせないAmiのお気に入りレシピ集」、「元気でいる秘訣 ハッピールーティンQ&A」、エンドロールなどは自分で文章を書かせてもらいました。


レシピ集は、写真も自分で撮っているんですが、分量を書くのがけっこう大変でした(笑)。普段、計量スプーンで計ったりせず、適当だったので、このために分量を計って記載しました。大変でしたが、私は常に、相手の気持ちが変わる文章や動画を届けたいと思っていて、そのためには自分の言葉でしっかり伝えるのが大切だと思っているので、逆に書かせてもらえることができてうれしかったです。


実は私、モデルを始める前に、顔出しせずにブログをやっていた時期があったんです。まだ全然知名度がない時期でしたが、それでもブログランキングでトップ10とかに入っていて。その経験もあって、言葉だけで人の心を掴める自信はありました。だから本を出したいという思いもずっとあったし、それがやっとYouTubeを通して応援してくださる人が増えたからこそ、実現できたと思っています。

――動画の経験も、書籍に活かされていますか?


動画をやっていると、リズミカルな喋り方が身に付き、自然とキャッチーな言葉があふれ出てくるんです。「ハッピーダイエッター」という言葉も、動画を撮っている時に無意識に出てきた言葉で、そういった名言風の言葉が視聴者さんに響いたと思うので、それが書籍でも活かされていると思います。そしてその全てが、常に私が心の底から思っていること。


たとえば書籍の中でも大事な部分で、「毎日のプチ努力の積み重ねが、明日の自分の自信につながります」とか、「私は心まで痩せ細るようなダイエットは絶対にしません」といった言葉がでてくるのですが、日頃から自分の思いを動画でたくさん発信していた経験があったからこそだと思っています。


あと、なかなか写真で説明しづらいストレッチやマッサージには、QRコードをつけて、実際に私が実践している動画で動きをチェックできるように連動させました。これはYouTuberでもある私ならではのアイディアだと思います。


7キロ太った辛い経験から学んだことが役に立っている。


――1冊を通して、いちばん伝えたかったことは何でしょうか?


「体づくりは人生をハッピーにする」ということですね。実は8年くらい前に、辛い食事制限をしたことから、我慢が一気に爆発して、7キロ増加した経験があるんです。それからストレスを抱えこむようなダイエットは絶対一生しないと心に誓い、3か月で7キロ落とすことに成功しました。


その時の苦しい経験から、無理をしても理想の体型をつくることはできないことを学んだので、ストレスを抱え込まずに食事を楽しみ、食べたぶん、気持ちよく体を動かすことが大切だということをいちばんに伝えたかった。体づくりを頑張ったぶんだけ、ファッションもメイクも楽しむことができ、人生がもっとハッピーになると思いませんか?

――7キロ太っていたなんて、今のスタイルからは想像できません。それ以来、どんな風にモチベーションを保っているのでしょう?


それは「モデルとして成功したい!」という強い思いがあったから。こう見えて、私は反骨精神と闘争心の塊で、心の内側に“ヤンキー”が5人くらいいるんです(笑)。だいぶ前になりますが、オーディションで「モデルの石井亜美です。夢は自分の本を出すことです」と挨拶したことがあって、そしたらその中の審査員のひとりに「あ~そうなんですね、頑張ってください~」と、投げやりに言い放たれて、心の底から腹が立ったんです。


でも悔しいことがあればあるほどやってやろうと、めらめらと闘志が湧いてきて、それがエネルギーになり、やる気に火が付いたんです。目標を達成するためには、チャンスを逃す自分にはなりたくないという強い思いがあるから、いっそう頑張れるし、モチベーションを保っていられるのかもしれません。


――すごくポジティブですね。ストレスが貯まることはないですか?


私には、ネガティブを全てポジティブに変換するろ過装置が備わっているのかも…、というのは冗談で、ストレスを貯め込まない自分なりの秘訣を知っているんです。それは何か落ち込むようなことがあった時に、一瞬で元気を取り戻せる方法を30個くらいリストアップしているんです。


具体的には、今の自分の気持ちを代弁してくれる熱いロックな歌を聴くとか、サンマルクカフェのチョコクロを食べるとか、本当にすぐにできることばかり。気分が一瞬で変わる術を知っていれば、ストレスを抱え込まずにいられると思います。くよくよする時間ってもったいないじゃないですか! あと私は、寝る前に何かしら文字を書いて、今の自分の思いを吐き出すことをルーティンにしています。


――アウトプットして自分をよく知ることが、夢を引き寄せる近道?


そう思います。私は、叶えたい夢を100個書き出しています。最初はスラスラ書けるけれど、100に近づくにつれて書くことがなくなってきますが、どんな小さなことでもいいから100の願望をリストにするんです。そしてそれが叶ったら横線を引いて、達成できた日付を書くんです。最初に書いたのが高校の時で、今はそのほとんどに横線が引かれてあります。


叶ったら新たな夢がでてくるので、また足して、また横線を引いての繰り返し。夢や願望を漠然と思い描くのではなく、明確に文字にして、定期的に自分の意思を確認することで、目標に向かって突き進むことができると思います。もちろん、「自分の本を出す」の項目もあり、今回やっと横線を引くことができました!


自分のことを好きでいられる体づくりを。

――どんな人にこの本を読んでほしいですか?


ダイエットしている人はもちろん、自分のライフスタイルをさらに輝かせたい人に読んでほしいです。私のライフスタイルを参考にしてもらい、少しでもヒントを得ていただければ本望です。


あと、単純に元気をもらいたい人にも手に取ってほしいです。ポジティブでいられる術も載っているので、参考にしてほしいです。もちろんタメになるストレッチやマッサージ法も満載なので、パラパラと本を開いてもらい、気になったものをピックアップして、1日のほんの少しでもいいから、自分の体と向き合う時間をもってほしいです。


――最後に、読者にメッセージをお願いいたします。


「太らない体のつくり方」という本のタイトルですが、私自身、自分のことを好きでいられれば、どんな体型でもいいと思っています。その思いをベースに持ちながら、もっと輝きたい、もっと自信を持ちたいならば、体づくりを楽しんで個性を磨いてほしいという思いでこの本を作らせていただきました。だから絶対に無理はしないでほしい。


今、こんな状況で気持ちがふさぎ込んでいる人もいるかもしれないですが、幸せは絶対に自粛しないでほしい。日本人は本当に頑張り屋さんが多いので、毎日自分にご褒美を上げるような生き方をして、ハッピーマインドで過ごしてほしいです。

写真・大内香織 取材、文・鈴木恵美

Information

『日本一親しみやすいモデルが教える 太らない体のつくり方』(KADOKAWA、¥1,250)


全身をしなやかにするストレッチ法から、小顔すっきりマッサージ、痩せ体質をつくる食事法など、石井さんが私生活で実践しているリバウンドしないボディケアの秘訣が満載。さらにコーディネイトやメイクなどすぐにマネしたくなるテクニックや、ハッピーで過ごすためのメンタルの整え方などを盛り込んだ、石井さん初のライフスタイルブック。


石井亜美 PROFILE

1989年、東京都生まれ。モデル。メイク、ファッション、ダイエット、エクササイズ、旅行など、日常で今すぐ活かせるような【為になる!ハッピーになる!】をテーマにYouTuberとしても大活躍。登録者数も41万人を突破した。愛称は「あみしぃ」。

anan

2020年12月07日 18時30分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。