SUPERNOVAの同い年3人組ユニットFunky Galaxy登場!【K-POPの沼探検】 #125

2020年02月07日 19時00分

エンタメ anan

SUPERNOVAから誕生したFunky Galaxyは、グァンス、ゴニル、ジヒョクによる同い年3人組のヒップホップユニット。彼らの感性で生み出されるアーティスティックな楽曲と、明るくてエナジェティックなライブは、SUPERNOVAとはまた違った魅力を放っています。個性的で自由な3人が新曲「Sketch」について語ってくれました。

写真・大内香織 動画・千葉 諭 文・尹 秀姫 ヘアメイク・パク ヨンソン スタイリスト・本多徳生


【ペンになってもいいですか!?】vol. 124



左から、ゴニル、グァンス、ジヒョク。


--Funky Galaxy2枚めのシングル「Sketch」はどんな曲ですか?


ゴニル 「Sketch」はFunky Galaxyが初めて歌うラブソングです。誰かを好きになる気持ちって、まるで頭の中でその人を描いているようだなと思ったのがきっかけで誕生した曲なんですが、そんな恋している時の感情の揺れを、まるでスケッチのように表現した曲です。


--今回は作詞作曲にゴニルさんが参加していたり、メンバー自身が制作に積極的に参加していますよね。


ゴニル まず全体的なテーマやジャケ写の雰囲気などは、メンバー全員で話し合いながら決めました。楽曲については、その前のファーストシングルの時からそうなんですが、Funky Galaxyとしての音楽に対するこだわりが強いので、歌詞を何度も書き直したり、ミックスもイギリスでやってもらったりしています。


イギリスとは時差があるから、エンジニアさんとのやり取りに時間がかかって、けっこう大変だったりもしたんですけど(笑)。でも、仕上がりには満足しています。Funky Galaxyの音楽へのこだわりがきちんと反映された曲になったと思います。


--イギリスのエンジニアにミックスをお願いしようと思ったきっかけは何だったんですか?


ゴニル 僕と一緒に作曲している後輩がいて、彼と映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観た後、QUEENとかThe Beatlesとか昔のアーティストたちはどういう機械を使ってミックスしてたんだろうっていう話になったんですよ。それで調べてみたら、今でもイギリスに唯一、いまだに当時の機材を使ってミックスしてくれるチームがあることがわかって。それでその会社にメールでオファーしました。


今回の曲はヴィンテージ感のあるマットな感じのサウンドにしたかったので、その当時の機械でミックスしてもらいたかったんです。ただ、あまりにも昔の機械なのでサウンドのバランスが難しくて、最初は音の周波数が帯域いっぱいになっちゃって、聴くとちょっと耳が痛くなるような仕上がりになってしまったんですね。それで何度も調節する必要があって。


でもこっちが仕事の連絡をしようと思ったらむこうは寝てるし、むこうが起きたら僕は寝てるから、メールでやり取りするのも大変で(笑)。でも楽しい作業でした。




グァンス 4月22日生まれ、182㎝、B型。


--グァンスさん、ジヒョクさんはこの曲を初めて聴いた時、どう感じましたか?


グァンス ラブソングって世の中に本当にたくさんあるけど、「好きだよ」とか「会いたい」とか、歌詞で気持ちを表現している曲が多いんです。でもこの「Sketch」は、好きな人を自分の心の中で描くというのがテーマになっていて、スケッチを通じて恋のアピールをするというのがすごく素敵だなと思いました。


ジヒョク 初めて聴いた時はサビの部分がすごく印象に残りました。そして、歌詞が本当にいいんです! 「大好き」だけを繰り返す歌詞って、最初はちょっと子どもっぽくないかな? とも思ったんですけど、Funky Galaxyだからこの歌詞が新しく感じられるんじゃないかなと。レコーディングの時はこの曲の主人公に感情移入していたから、特に「子どもっぽくならないかな」という心配もしませんでした。


--ゴニルさんが作詞作曲に参加した曲ということで、ゴニルさんらしさを感じたのはどんな部分? また逆に、こんなゴニルさんは初めて知った! と感じた部分はありましたか?


ジヒョク 「Sketch」の歌詞を読んで、ゴニルって好きな人のことを描く人なんだなって初めて知りました(笑)。


ゴニル 頭の中で、だよ! 何回も言ったじゃん! 映画の『タイタニック』じゃないんだから(笑)。たとえば、みんなトランプの絵柄を覚える時、見たものを想像するじゃないですか。僕にとってはそれが絵を描くことなんです。


ジヒョク ちょっと難しいです…。


ゴニル 一目惚れって誰もが経験するものだと思うんですけど、たとえば電車の中でいいなと思う人がいたとして、その人のことを誰かに説明する時、髪が長い、短いとか、いろいろ表現するじゃないですか。それが、僕にとっての絵を描くことと同じなんです。つまり、気になる人を思い出すっていうこと自体が、頭の中でスケッチをすること。


歌詞にある「Let me sketch it,draw it, paint it」、好きなあなたのことを描いてもいいですかっていうところからはじまって、最後には「大好き 大好き 大好き」と、感情が爆発するのが「Sketch」の歌詞です。


グァンス 「Sketch」の歌詞でゴニルらしいなと思ったところは、サビのところで本当にスケッチをしていく流れにしているところ。「Sketch」というタイトルの曲ではあるけれど、まさか本当にスケッチしていたとは! って。歌詞がそのまま絵を描く順番になっていて、そこがすごくゴニルらしいなと思いましたね。


--これまでのFunky Galaxyはノリがよく、ライブで盛り上がる曲が多かったイメージですが、今回は初めてラブソングが誕生したワケは?


ジヒョク Funky Galaxyはノリノリでパワフルな曲が多いから、こういう「Sketch」みたいな曲があったらいいなっていう話は、実はずっとしてたんですよ。ライブって2時間ぐらいやるから、その中でちゃんと愛を表現する曲が欲しいよねって。すごくピッタリの曲ができましたね。


ゴニル 今ジヒョクが言ったように、そういう曲を出したかったのが一番ですね。実はFunky Galaxyって、意外とラブソングがないんですよね。


ジヒョク 今までなかったよね(笑)。


ゴニル でも普通のラブソングじゃ面白くないから、ちょっとおしゃれな感じのものを作ろうと思ったのが最初のきっかけでしたね。




ジヒョク 7月13日生まれ、185㎝、B型。


--MVの手書きの文字やCDのジャケットに素敵なイラストのスケッチがありますけど、これはゴニルさんが描かれたんですか?


ゴニル 実はそれは僕じゃないんです(笑)。スタッフさんからお願いされてはいたんですけど、忙しいのもあってなかなか描けなくて、今回はイラストレーターの方におまかせすることにしました。


--前回の「Cassette」は海辺でピクニックしているような3人の写真が印象的でしたが、今回は3人の写真にラフな線が入った、まさにスケッチを思わせるジャケ写になっています。タイトルも含めてジャケットもみなさん気に入っていますか?


ジヒョク 好きです!


ゴニル 前回の「Cassette」の撮影も手掛けてくれたフォトグラファーさんが今回のジャケットも撮影してくれたんです。最近はすごく売れっ子になっちゃいましたが、僕たち3人と同い年なんですよ。彼は基本的にフィルムで写真を撮る人で、そういうところも好きだし、話も合うので、僕からメンバーにお願いして彼に撮影してもらうことになりました。今回はフィルムじゃないけど前回の「Cassette」はフィルムで撮ってもらってるんですよ。


--みなさん、SUPERNOVAとしても活躍されているのは周知ですが、この3人のFunky Galaxyだからこそできること、大事にしているのはどんなことですか?


ジヒョク SUPERNOVAはやっぱりアイドルだから、少し飾るところもあったりするけど、Funky Galaxyは自由人3人が自由にやらせてもらってます。音楽性、ファッション、すべてにおいて3人がやりたいことをやるために作ったグループだから、ひたすら自由に、好きな音楽をやりながら、これからも長く活動したいです。


グァンス 当時、ユナクくんもソンジェもソンモもそれぞれ1人のボーカリストとして活動しはじめた時だったので、事務所でもいろいろ話をして、僕たち3人がソロをやるよりは、せっかくだから3人でヒップポップというジャンルをアーティストとして見せようということで、Funky Galaxyを始めたんですよ。


だけど、Funky Galaxyとして活動をはじめて1年後、すぐ軍隊に行かなくちゃいけなくて……。その時、3人で話し合ったんです。軍隊から戻ってきたら、本当に自分たちがやりたかったことをやろうって。3人とも人生の中で後悔はしたくないっていう意識が強かったから。それが形になったのがようやく去年からですね。ただ、何がFunky Galaxyなのか、自分的にはまだ答えはわからないです。


観に来てくれるファンのみなさんはやっぱりSUPERNOVAのメンバーであるグァンス、ゴニル、ジヒョクを望んでるところも絶対あるはずなので。そこのバランスをうまく取りたいですね。前回の「Cassette」から「Sketch」、そして今後出るかも知れない曲をリリースする間に、今はまだ解決できてないこの宿題が解けたらいいいなと考えながら活動しています。


その答えが一体どうなるのか、自分自身も楽しみです。まあまだ僕たちは再始動したばっかりなので(笑)。まだまだ先は長いですし、たくさん活動しながら答えを見つけ出したいと思います。


ゴニル これまでにもアルバムの曲の歌詞を書いたりとかはあったけど、やっぱり自分たちでプロデュースできるっていうのは大きいですよね。ジヒョクとグァンスが僕を信じて任せてくれたこともうれしいですし。ゴニルがプロデュースしていいよって言ってくれた時から、僕の頭はFunky Galaxyのことでいっぱいなんです。


僕ら3人、プライベートでも一緒に遊ぶことが多くて、そういう時は僕がいつもDJするんですが、それくらい僕はいつもいろいろな音楽を聴いているし、自分がやる音楽もそのレベルに合わせたものを作りたいんです。そのために努力するし、こだわりたいっていう想いもあって。


だから自分たちで最初から作れるってなったら、3人でとことん話し合いました。それもあってグァンスもジヒョクもFunky Galaxyの音楽にすごく愛着を持ってくれているし、自分たちの曲として愛情を持って活動できるんですよね。




ゴニル 11月5日生まれ、187cm、B型。


--去年は日本デビュー10周年という節目の年でしたが、10月にはFunky Galaxyデビュー5周年を迎えます。今までの5年で印象深かったのはどんな思い出?


ジヒョク ほんとだ、Funky Galaxy5周年だ! 何もやってないのに(笑)! 僕はやっぱり、僕たちが初めてステージを見せた『めざましテレビPRESENTS T-SPOOK』ですね。ハロウィーンの仮装でスターウォーズに変身したんですけど、Funky Galaxyの雰囲気にも合っていたし、ハロウィーンと重なったことですごく盛り上がりました。その後の沖縄も面白かったよね(笑)。


ゴニル (遠い目)僕は最初のライブが印象的ですね。ライブハウスツアーだったので、いろいろな地方をまわって、ライブが終わったら新人バンドみたいにビールで乾杯しながら意気込みを語り合ったりして。Funky Galaxyのスタッフとも絆が生まれて、呑んでライブして呑んでライブしてっていう日々を繰り返しながら、楽しくまわれたのがすごく印象に残ってます。


グァンス SUPERNOVAの活動に比べると、Funky Galaxyは活動自体が少ないから、どれも本当に印象的なんだけど、個人的には僕たちが事務所を独立する時に、僕たち3人はプラスでFunky Galaxyの話もしなくちゃいけなかったことですね。その頃からいろいろ準備をしていたので。いろんな事情があったんですよ。


それを乗り越えて、今こうやってみんなでライブできて、シングルも出せて、マスコミのみなさんに取材していただいて、そのすべてが感謝すべきことだなと思うし、明日もあさってもこれからの活動も、すべてが最高の思い出になるんじゃないかなと思いますね。


--活動5周年を迎えるにあたって、今年の目標は?


グァンス 5周年と言われても、特に成し遂げたこともないのですごく恥ずかしいんですけど、もしできるならそれこそ5周年イベントをやりたいですね。今回は追加公演としては東京と大阪しかなかったんですけど、さっきインタビューでも話したとおり、ライブハウスツアーはメンバーも、自分自身もすごく楽しかったし、ファンのみなさんも楽しんでいたのが僕らの目にも見えていたので、そういう空間をもっとたくさんのところに行って、作りたいなと思います。


そして、せっかく「Cassette」から今回の「Sketch」まで、ゴニルがいいものを作り上げてくれたので、その次のステップとして、Funky Galaxyにしかできない音楽性、そして僕らしかできないアーティスティックなコンテンツを作って、もっとたくさんの人に届けたいと思います。



3人へのQ&A動画はこちら!

(youtube)


ゴニル コート¥55,000(tac:tac/STUDIO FABWORK TEL:03-6438-9575)シャツ ¥39,000(08sircus/08book TEL:03-5329-0801)パンツ¥29,000(OLD JOE/OLD JOE FLAGSHIP STORE TEL:03-5738-7292)ネックレス¥48,000(IVXLCDM/IVXLCDM TEL03-6455-5965)シューズ/スタイリスト私物

グァンス すべてスタイリスト私物

ジヒョク パンツ¥25,000(NEONSIGN/NEONSIGN TEL:03-6447-0709)シューズ¥32,000(REGAL/リーガルコーポレーション TEL:047-304-7261)ニット/スタイリスト私物

anan

2020年02月07日 19時00分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。