古舘寛治が“レンタルおやじ”に? 滝藤賢一とのW主演ドラマ「誕生秘話」

2020年01月28日 19時00分

エンタメ anan

一度見たら忘れられない強烈な存在感と、時に凄みすら感じさせる演技で、ここ数年、ドラマに映画にと活躍している古舘寛治さん。なんと2020年は、滝藤賢一さんとのW主演ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』で幕開け。放送前には「これはきっとドッキリに違いない」とコメントしていたけれど、無事に放送されておりますよ~。

――今回のドラマは、もともと滝藤さんとW主演でドラマを作ろうとお二人の間で話が持ち上がって、実現に至ったとか。まずはそのあたりの経緯を伺えますか。


珍しいスタートの仕方ですよね。特にいまの日本では。滝藤くんとは、昔、現場でご一緒していたんですが、そこからしばらく間が空いて、お互いに別の作品で同じスタジオで撮影があった時に、今度何か一緒にやろうという話になったんです。じゃあどうしようかと考えた時、それぞれがお世話になったことのあるテレビ東京のプロデューサー、濱谷(晃一)さんが浮かんで。ただ、この業界って俳優発信の企画が実現することが稀なので、本当に成立するとは思ってなかったです。その前に脚本家の野木(亜紀子)さんとも知り合っていて、野木さんに書いてほしいとお願いしたところ、スケジュールが空いていたらいいよって言ってくれたのが大きかったと思います。なにせ、いまや超売れっ子の野木亜紀子ですからね。


――映画や演劇ではなく、ドラマという場所を選んだのには理由があるんでしょうか。


ドラマを選んだというより、たまたま二人が思い浮かんだ人がテレ東の濱谷さんだったっていう…。それが映画のプロデューサーなら、映画だったと思います。しかし…企画が進んでいくなかで、ふと立ち止まって考えると「これはいったいなんなんだ?」って気持ちになるわけですよ。これまで、僕の主演ドラマが実現するだなんて思ってもみずに生きてきましたからね。しかも監督が山下敦弘さん。こんな布陣でやれるなんてうまくいきすぎで、気持ち悪ささえ感じています(笑)。


――でも、すでに全話撮影し終わっているわけですよね。


最終話が放送されるまでは気が抜けませんよ。今日もここまで電車で来ましたけれど、痴漢に間違われないよう、一生懸命両手を上げて気をつけていました(笑)。



――ちなみに、お二人から何か要望された部分はありますか?


僕と滝藤くんが兄弟という設定でどうだろうというのは、最初に話していたんですけれど、そこからどんな物語にするかは野木さんにお任せしよう、と。俳優が制作に関わると進めづらいこともあるでしょうし。ただ、いまドラマを作る価値ってなんだろうって話をしたのは覚えています。いま日本という国が、難しい問題を結構いっぱい抱えている状態にあると思うんです。そういう複雑な社会情勢や現代の社会問題を入れられないかとは言ったと思います。


――社会問題をなにげない日常に織り込みながら視聴者に考えさせる余白があるのが野木さんの脚本の魅力だと思うのですが、今回のドラマの見どころは…。


じつはまだ、できあがりを観られていないんです。どういう作品になったのか、自分の仕事がどんなふうに映っているのか、まだわからなくて…。でも、脚本の上での見どころを言葉にするならば、僕と滝藤さんが“レンタルおやじ”として、いろんな依頼主の依頼を受けていく話で、他にはないテレビドラマになっているとは思います。依頼人として面白い人間が描かれていて、僕たちも彼らに翻弄されるなかで人間がひん剥かれていきます。あとセリフが大量にあるので、俳優の演技が見どころになっているし、そういう脚本を書いてもらっていると思います。映画とかテレビのような映像のフィクションにおいては、ストーリーが背骨のように重要ではあると思っていますけれど、とはいえストーリーがいいだけではダメで、細部…ワンシーン、ワンカットが面白くないと本当に面白いものはできないと思うんです。そこを担うのが、演出であったり演技であって、僕らも面白いものにするために1か月半必死で頑張りましたから、その細部が見どころになっていればいいですね。ただ、最高にすばらしい才能が集まってはいますけれど、現場は過密スケジュールなわけです。1日…長いと15時間くらい撮影して、それが何日も続くと、みんな寝てないし、どんどん疲れてくる。どんなに才能があっても、そんな状況じゃすべてを発揮できませんよね。本当にいい作品…さらにいいものにしていくためには、日本のエンタメ界では当たり前になっているこのシステムをどうにか変えていかないとなとは思っているんです。…って言いながら、結局は自分も他力本願な日本人なんですけど。


ふるたち・かんじ 大阪府出身。ニューヨークで演技を学び、帰国後に青年団に入団。舞台をベースに数々の映画やドラマに出演し、名バイプレイヤーとして活躍中。おもな出演作品に映画『淵に立つ』、大河ドラマ『いだてん』などがある。出演映画『子供はわかってあげない』(沖田修一監督)が6月より公開予定。衣装協力・45R(フォーティーファイブアールピーエムスタジオ TEL:03・3498・2245)


古舘さんが滝藤賢一さんとW主演するドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』は、毎週金曜24時12分~テレビ東京系にて放送中。プロデューサーは、ドラマ『下北沢ダイハード』や『黒い十人の秋山』を手掛けた濱谷晃一さん。脚本はドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子さん。監督はドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』の山下敦弘さん。共演には芳根京子さんらが名を連ねる。


※『anan』2020年1月29日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) スタイリスト・馬場恭子 ヘア&メイク・有路涼子 インタビュー、文・望月リサ


(by anan編集部)


anan

2020年01月28日 19時00分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。