渡辺謙が...ラグビー日本代表、チームの結束を高めた“サプライズ”とは?

2020年01月23日 19時30分

エンタメ anan

オリンピックを目前に控え、チームスポーツの日本代表が大盛り上がり! ラグビーの識者に、昨年からの日本代表の活躍にみるチーム力を、ラグビージャーナリスト・村上晃一さんに語っていただきました。強いチームの作り方や、より強く団結するためのヒントをお伝えします。

言葉や文化の垣根を越えた、多国籍のチームで強くなる。



昨年のワールドカップ(以下、W杯)で日本や世界を沸かせたラグビー日本代表チーム。“チーム力”と聞くと彼らを連想する人が多いのでは。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(以下、HC)がスローガンとして掲げた「ONE TEAM」は、2019年を象徴する言葉にもなった。そんなラグビー日本代表の大きな特徴のひとつは、さまざまな人種が混在する多国籍のチームであること。


「ラグビーでは、代表選手になるのにその国の国籍は必要ありません。一定の条件を満たせば母国以外の代表になることが可能で、ダイバーシティの一例としても話題になっています。以前は半数が外国人選手ということに違和感を覚えた人もいたかもしれませんが、実は日本の他にもスコットランドやオーストラリアなど、代表に多数の外国人がいるチームは少なくありません。その国の代表であることに誇りを持って戦えば、日本人である必要はない。民族、国籍、宗教関係なく一体となれるのがラグビーなのです」


“個”が100%の力をチームの能力を引き出す。


「力は出し切らないと増えないよ」とは、ミスターラグビー平尾誠二さんが、恩師の山口良治さんにもらった言葉。W杯の代表メンバーは、まさにこの名言を体現していたという。


「試合後にいつもグラウンドから這うように出てくるトンプソン・ルーク選手に、なぜそこまで力を出し切るのかと聞いたことがあるんです。すると彼は、『僕は足が速いわけでも、パワーがあるわけでも、体格が大きいわけでもない。だから100%力を出し切らないとグラウンドに立つ意味がないでしょう』と言う。確かに日本代表の選手は世界と比べると体格もやや小さいので、彼と同じ想いでグラウンドに立っていた選手は多いと思います。チームスポーツでは試合中に目立った活躍をする選手もいますが、今回のW杯はMVPを選べないほど団結して戦っていた印象です。一人一人が自分の役割を果たし、個が最大限に力を出し切ったことでチームの能力が引き上げられたといえるでしょう」


密なコミュニケーションと、自分の頭で考えるプレースタイル。


ベスト8という大躍進は、2016年より日本代表HCに就任したジェイミー・ジョセフ氏による功績も大きい、と村上さん。


「2015年のW杯で日本を率いたエディ・ジョーンズHCが“先生”のようなトップダウン型の指導であったのに対し、ジェイミー・ジョセフHCは“兄貴”のような立ち位置で、選手たちが自ら考え、判断し、率先して動けるよう自主性を育む監督でした。例えば、リーダーはチームに1人置くのではなく、各ポジションから選出してまずは彼らに課題を伝えます。リーダーたちはその課題を各パートに持ち帰り、メンバー同士で話し合う。こうした密なコミュニケーションによって、選手全員が“自分もメンバーの一人だ”という自覚を強く持てたといいます。また各々が自分の役割だけでなく、チームが何をすべきかをよく理解していたため、試合中に想定外の場面に出くわしても誰かがカバーをするなど冷静な判断ができたのです」


試合前のミーティングでは、チームが一丸となる嬉しいサプライズ!


試合前日の夜のミーティングは、チームの結束を高める貴重な時間。監督の計らいで毎回特別なゲストが登場し、選手たちの気持ちを奮い立たせてくれたのだそう。


「W杯の開幕戦前日には、代表合宿に参加したものの残念ながら選外となった10人が宿舎にやってきて、代表メンバーに激励の言葉を贈りました。選手一同感激し、チームが一つになったというエピソードです」


大一番の南アフリカ戦前日には、俳優・渡辺謙さんが登場するというサプライズも!


「宿舎のミーティングルームには、選手たちが“強さの象徴”としている赤い甲冑(鎧兜)が飾られています。選手たちはその鎧兜を『カツモト』と呼んでいるのですが、実は映画『ラストサムライ』で渡辺謙さんが演じた勝元盛次(かつもと もりつぐ)から命名しているんです。そんな背景もあり、渡辺謙さんの訪問と生の鬨(とき)の声には選手たちも大興奮。闘志に火がついたことは言うまでもありません」


むらかみ・こういち ラグビージャーナリスト。『ラグビーマガジン』(ベースボール・マガジン社)の編集長を経て、フリーランスの編集者、記者として活動。


※『anan』2020年1月29日号より。写真・朝日新聞社/ゲッティ 取材、文・黒澤祐美


(by anan編集部)


anan

2020年01月23日 19時30分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。