歩くパワースポット!? 湘南乃風・SHOCK EYE、強運の秘訣

2019年10月04日 20時00分

エンタメ anan

いま、「歩くパワースポット」の異名を持ち、あらためて注目を集めているひとりのミュージシャンがいる。それが湘南乃風・SHOCK EYEさんだ。“彼の写真をスマホの待ち受けにするといいことがある”、そんな噂が流れだした当時は、SHOCK EYEさん自身も戸惑いを覚えたという。

「発端は、占い師のゲッターズ飯田さんに占ってもらったことだったんです。『いままで占ってきたなかで、1番か2番目に強運です』と言われ、シンプルに嬉しかった。でも、周囲の人たちが僕の写真を待ち受けにするようになってからは、僕の存在が本当に誰かの役に立つんだろうか…と戸惑いも生まれたんです。やっぱり、求められる以上は期待に応えたい。それからは自分自身も心を整えたり、ネガティブなことを発信しないようにしたりと、生活習慣をあらためるようになりました」


“みんなの期待に応えたい”という想いから、日々の生活を振り返り、開運を導く丁寧な暮らしを心がけるようになったSHOCK EYEさん。その習慣を綴った自著『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣』(講談社)は、発売してすぐに重版がかかるほど話題を集めた。


SHOCK EYEさんが常に意識していること。それは“心を整えること”だ。


「ただし、心とだけ向き合っていればいいのかというと決してそういうわけでもなくて、体のこともケアしなければいけないと思うんです。たとえば、お風呂に浸かってみたり、美味しいものを食べてみたり、きちんと睡眠時間を確保したり。心と体はつながっているので、健全な体が手に入れば、自然と心も整っていくんですよ」


僕にとっての“お守り”、それはファンの存在です。


SHOCK EYEさんにはとても大切な“お守り”があるという。それは高名な神社で購入したご利益のあるもの、などではなく、もっと身近にあるもの。そう、“ファンの存在”だ。


「お守りって、それを持っていることで安心できるのであれば、どんなものでもいいはず。たとえば、子どもの頃から大事にしている消しゴムや定規なんかでもね。僕にとってのそれが、湘南乃風を応援してくれているファンの存在なんです。彼らがいるからこそ自分の存在価値を確認できますし、頑張ろうと気力が湧いてくる。きっと誰にだってそういう存在はあると思います。親友やパートナー、なぜか捨てられないもの、よく訪れるお店…。人や物、場所、なんだっていい。自分だけのお守りを見つけられると強くなれるし、日々が楽しくなるんじゃないかな」


それでも悩み、迷ってしまったら、どうすればいいのだろう?


「自分のやるべきこと、進むべき方向に思い悩んでしまうことがあったとしたら、まずは目の前にいる人が喜ぶことをする。それに尽きると思うんです。僕だって不安になることはあります。アーティスト活動をしながら、開運につながるお仕事も増えてきていて、方向性がブレてないかな…と悩んだりもするんです。でも目の前の困った人が笑顔になるならそれでいいじゃないか、と。そんなシンプルな考え方でいいんですよ」


SHOCK EYEさん流“言葉のお守り”


運を切り拓き、よりよく生きるためには、自分自身を見直すことが大切。anan総研メンバーのリアルな悩みに、SHOCK EYEさんが時に優しく、時に厳しく、言葉のお守りをくれました。


Q. 結婚願望はあるのに、いまいち本気で婚活できないんです。(30歳・会社員)

A. 結婚したいのならば、かっこ悪くてもまずは踏み出すべし。

一歩踏み出せないのは自信のなさの表れかも。「自分に自信がないから、本気で婚活できないんじゃないかな? でもかっこ悪くたっていいんです。始めてみることがなにより大切」


Q. いまの仕事を続けるか、転職するべきか、答えが出ません。(30歳・会社員)

A. なんのためにそこにいるのか、自分に問いかけて。

なんとなく、で続けていては時間の無駄かも。「自分がなんのためにその仕事をしているのか、あらためて問いかけてみたほうがいい。それで答えが出ないなら、辞めるべきです」


Q. 私は子育てで家にこもりきり。なのに、自分だけ飲みに行く夫にムカつきます!(28歳・主婦)

A. 目標は1年後! それまで夫のことも育てるつもりで。

「すぐに解決しようとせず、ひとまず1年後の自由を目標に環境を整えてみては。男性の意識を急に変えるのは残念ながら難しいので、役割分担して少しずつ任せていきましょう」


ショック アイ 1976年生まれ、神奈川県出身。’03年、湘南乃風のメンバーとしてデビュー。近年は幅広いジャンルのアーティストに楽曲提供も。


※『anan』2019年10月9日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・渕上カン ヘア&メイク・大島千穂 取材、文・五十嵐 大


(by anan編集部)


anan

2019年10月04日 20時00分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。