高杉真宙「吉岡里帆さんはTVで見るよりずっと...」驚きのギャップとは?

2019年09月18日 20時00分

エンタメ anan

ついに夏休みも終わりを迎え、変わらない日常のなかで新たな刺激を求めがちですが、そんなときにオススメしたい映画は、本格スリラー『見えない目撃者』。今回は、女子高生連続殺人事件の唯一の手がかりをつかむ重要な役どころを演じたこちらの方にお話をうかがってきました。

写真・角戸菜摘(高杉真宙)


若手実力派・高杉真宙さん!


【映画、ときどき私】 vol. 259


映画をはじめ、ドラマ、舞台と大活躍中の高杉さん。今回は、吉岡里帆さん演じる目の見えない元警察官のなつめとともに、ある事件の目撃者となり、ともに事件を追うことになるスケボー少年の春馬を演じています。自身にとっても新たな挑戦となった本作への思いや日常で感じていることなどについて語っていただきました。

―まずは、春馬というキャラクターをどのように演じようと思ったのかを教えてください。


高杉さん 今回は成長する姿が描かれている役だったので、「それぞれの人に対してどう思っていたのか」、そして「どういうところにひっかかったのか」というのは、はっきりさせておきたいと思いました。


つまり、突然変化するのではなく、最初から春馬にはこういう人間性があるんだというのを見せておいて、ところどころで“フラグ”をちゃんと回収していくことを意識して役作りしていった感じです。


―劇中では、スケボーやアクションへの挑戦もありましたが、そういった肉体的な部分での準備と精神的な部分、どちらのほうが大変でしたか?


高杉さん どちらかというとキャラクター面の準備をするほうが大きかったですけど、撮影に入ってからはスケボーのシーンのほうが大変で、演技をするよりもスケボーの撮影に緊張していました(笑)。

自分の進化を感じることができた作品


―「高杉真宙として進化を見せることができた作品」ともおっしゃっていますが、ご自身ではこの作品を経て、どのあたりが進化した部分だと思いますか?


高杉さん いま話していたスケボーだけでなく、今回はアクションでもわりと挑戦させていただけたので、ゼロから始まったものがすごくプラスになりました。そういった部分ですごく成長できたと感じています。


―本作では緊張や不安もたくさんあったそうですが、それはどういうところですか?


高杉さん 今回は、監督とも吉岡さんとも初めてだったので、やっぱりはじめましての方とお会いするときは緊張しますね。


あと不安だったのは、監督とキャラクターや撮影のイメージについてすり合わせをしたとき。とはいえ、実際に始まったらどんどん自由にできあがっていく部分も多かったので、そのおかげで徐々に慣れていくことができたと思います。

―なつめ役の吉岡里帆さんとは初共演となりましたが、印象を教えてください。


高杉さん これまでに画面を通して何度も拝見させていただいてはいましたが、そのときは、「ほわほわしている方だな」という印象でした。もちろん、カメラが回ってないところで笑っているときはそのイメージのままでしたけど、それ以外はすごくストイック。なつめと通じるところがあると感じるほど強い意志のある方だと思いました。


―また、吉岡さん以外にも大倉孝二さんや田口トモロヲさんといった先輩たちともご一緒されましたが、何かアドバイスを受けたこともありましたか?


高杉さん 大倉さんも田口さんも2回目の共演でしたが、現場で役についてやりとりをすることはあまりなかったと思います。それよりも、1年ぶりにお会いした大倉さんとは、前の作品の撮影の話で盛り上がりました。というのも、その作品も本当に大変な撮影だったので……。


―ということは、次回共演する際は、今回の作品の話で盛り上がることになりそうですね。


高杉さん おそらく、「あの作品も大変だったよね」という話に次もなると思います(笑)。

クライマックスのシーンは体力的にもきつかった


―ちなみに、どのあたりが一番大変だったのでしょうか?


高杉さん それは、やっぱりクライマックスのシーンですね。特にそのシーンは、夜の撮影が多かったので、大変でした。


―それは体力的にきつかったということですか?


高杉さん そうですね、体力的なほうだと思います。というのも、いくら寝ていてもやっぱり夜には眠たくなるので、夜の撮影は体力勝負。そこがすごく大変でした。


―そういうときにしているエネルギーチャージ法があれば教えてください。


高杉さん 僕は基本的に甘いものが好きなので、「甘いものを摂取して乗り越える」という感じです。

―疲れているときに甘いものは欠かせないですよね。また、本作は五感を刺激される部分がある作品でもありますが、ご自身が優れていると思う感覚はありますか?


高杉さん ちょっとずれてしまうかもしれないですけど、代謝の良さです(笑)。本当にめちゃくちゃ代謝いいので、わりと誇れるもののひとつかもしれないですね。


―では、特に運動しなくても体形はキープできるほうですか?


高杉さん そうですね。もう少しガタイがよくなりたいと思って、体重を増やそうするんですけど、いくら食べてもあんまり変化がないんです……。プロテインとかを飲んでも変わらないほど。完全に代謝の良さがあだになってるんだと思います(笑)。


―女性としてはうらやましいところです!


高杉さん ただ、男としては全然よくないことですよ。僕はサウナがすごく好きなので、代謝がいいのはそのせいかもしれないですけど……。

友達と会うことの大切さを感じている


―では、逆に鋭くなりたい感覚はありますか?


高杉さん 舌ですね。やっぱりおいしいものをいっぱい食べたいですし、おいしいものをおいしいとはっきり感じて食べたいなと思うので。そういう意味でも、味覚を鍛えて、“違いのわかる男”になりたいです(笑)。


―いいですね。いまは本当に多忙な毎日だと思いますが、独自のリラックス方法やハマっていることはありますか? 


高杉さん 最近は忙しくて、休みが丸1日あったとしても部屋から出ないでひとりでいることも多かったので、あまり友達に会うことができずにいました。でも、久々に会ってみると、すごく気分転換になるんだなと改めて感じているところです。ゲームだけで息抜きできると思っていましたし、ひとりで趣味を楽しむ時間も大事ですが、やっぱり友達と会うのも大切ですね。

―もし、いま長期のお休みがあったらしたいことはありますか? 


高杉さん ここ3年くらい友達とずっと話しているのは、「いつか海外旅行に行きたいね」ということ。でも、僕らにはハードルが高いみたいで、話だけで毎回終わっちゃうんですよね……。あとは、日程が合わないというのもあるので、何年後になるかわからないですけど、いつか行けたらいいなという感じです。


―ちなみに、行きたい場所は?


高杉さん アジアに行きたいので、タイあたりで友達と男旅をしたいなと思います。


―あとは、がんばった自分へのご褒美にしていることはありますか?


高杉さん 次の日がお休みだったら、やっぱりゲームですね。もし休みが2日あったら、朝から晩まで1日中オンラインゲームしたいくらい。これは僕の唯一の楽しみなので、「許してくれ!」という感じです(笑)。

映画ならではの楽しみを味わって欲しい


―それでは最後に、ananweb読者に向けてメッセージをお願いします。


高杉さん この作品は、エンターテインメントの要素が満載で、ドキドキハラハラしながら見ることができる作品となっています。そして、映画ならではの楽しみ方もできるので、ぜひ劇場に来ていただけたらうれしいです。


あと、まだまだ暑い日が続いていますが、みなさんも体には気をつけてがんばってください。これから体力を回復させて冬に備えないといけないと思いますが、高杉もみなさんと一緒にがんばります(笑)!

インタビューを終えてみて……。


穏やかで癒しオーラを放っている高杉さん。私自身は高杉さんに取材をさせていただくのは3度目でしたが、お会いするたびに男らしさを増している印象なので、今後もますます楽しみにしたいと思います。本作で大変だったというスケボーやアクションシーンのかっこよさも必見です!

恐怖もスリルをノンストップ!


なつめとシンクロしながら、新たな感覚と極限の緊迫感を味わえる本作。先が見えない展開に引き込まれ、予想外のラストには衝撃が体を走るのを感じられるはず。五感を刺激する事件の真相の目撃者となってみては?

ストーリー


警察官として将来を嘱望されていた浜中なつめ。ところが、自らの過失が原因で事故を起こし、視力と大事な弟を失ってしまう。失意のどん底にいたなつめだったが、ある夜、車の接触事故に遭遇し、車のなかから助けを求める少女の声を耳にするのだった。


目が見えないなつめの証言を警察は聞き入れてはくれなかったが、人並外れた感覚と判断力、そして洞察力から、誘拐事件であることを確信する。そして、なつめは現場にいたもうひとりの目撃者である国崎春馬を探し出す。2人は、独自の捜査で犯人に近づいていくことに……。

息をのむ予告編はこちら!

作品情報

『見えない目撃者』

9月20日(金)より全国公開

出演:吉岡里帆 高杉真宙

   大倉孝二 浅香航大 / 國村隼 / 松田美由紀 田口トモロヲ

配給:東映

©2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ ©MoonWatcher and N.E.W.

Based on the movie ‘BLIND’ produced by MoonWatcher

anan

2019年09月18日 20時00分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。