普段の日村さんみたい? 『ペット2』吹き替えのバナナマンが裏話

2019年08月02日 19時30分

エンタメ anan

海外で生まれた映画やドラマのもう一つの楽しみ方、日本語吹き替え版。ヒット作を連発するスタジオ、イルミネーション・エンターテインメントの最新作『ペット2』で、前作に引き続き吹き替えを担当したバナナマンのお二人、設楽統さんと日村勇紀さんが、その魅力を教えてくれました。

設楽:『ペット』に引き続き、『ペット2』でもマックスの声をやらせてもらえて、本当に嬉しい。前作の公開時、すでに続編の製作が決定していたんだけど、また自分たちにオファーがくるかどうかという不安があったから(笑)。


日村:うん、嬉しかったね!


設楽:日村さんが演じるデュークはキャラが変わったね。前作は少し荒ぶっていたのに、今回は従順でバカっぽくて、面白かった。


日村:そうそう。マックスとデュークはいつも一緒なのに、農場犬のルースターに「デュークはここで待ってろ」と言われた時には、「はい!」って即答してたからね。“なんで俺だけ残るの?”とか一切、思わないのが不思議(笑)。


設楽:普段の日村さんぽくてよかったよ。デューク役は日村さんしかいないくらい上手。


日村:マックスも設楽さん、そのまんま。見た目も似てるし、性格もものすごく慎重そう。


設楽:でも、割と役にスッと入ったつもりだったのに、全部を録り終わった後、冒頭のナレーションの部分だけ録り直してもらったの。収録が進む最中に、“ここでマックスになったな”という瞬間があって。そこからはマックスが自分に見えてきて、自分がしゃべってるみたいな感覚になったというか。


日村:ほー、すごい。ゾーンに入った的なこと?


設楽:のってるって感じかな。


日村:でも、設楽さんの声なんだけど、本来の設楽さんとマックスの声は全然違うって思うよ。


設楽:それは嬉しい。マックスって、自分より声が高いイメージがあったんだけど、英語版の声もおじさんなんだよね。だから、自分の声そのままでできたところはあったかな。悩んだ時には、英語版を聞きながら演じたりもして。そう、難しかったのが息遣い。走っている時の“ハッハッハッ”とか。


日村:意外と疲れるんだよね~。


設楽:疾走している状態の中で感情を作るのが大変だった。焦っている時と怖がっている時では、同じ“ハッハッハッ”でも違うし。汗をかきながらやってた。


日村:監督さん、優しかったな。「いいです! 最高です!」って、すごくおだててくれて(笑)。その上で、「ちょっと合ってないんですけど…」って説明する感じ。


設楽:言い方がうまいよね~。みんなそうだと思うけど、あまり怒られるとやりたくなくなるから。


日村:圧倒的に褒められたい! 伸びるかどうかはわからないけど、褒められるほうがいいよ。俺、一度、プロの声優さんの現場を見てみたくて。かなりすごいと思うんだよね。俺なんて、「このセリフのこの場面だけやりましょう」というシーンでもミスってるから。


設楽:自分ではオーバーにやっているつもりでも、録ったものを聞くと全然、起伏がついていなかったりするしね。声優さんの領域になんて到底たどり着けないし、未熟も未熟だと思う。ただ、マックスとデュークのコンビネーションという点では、普段、二人でやっていることが活かされると思うよ。


日村:バナナマンでコントをやっていることはデカいよね。


設楽:お話をいただけるなら、他の作品の吹き替えもやってみたい。声を入れるのは、ダルマの目入れじゃないけど、キャラクターに魂を吹き込む作業だと思うから、一緒に作品を作っている感じがあるし。身ぶり手ぶりをつけずに感情を声だけで表現するのは難しいし、プレッシャーも大きいんだけど、やっぱり楽しいから。


日村:うん、本当に楽しいから、『ペット』シリーズがずっと続いてくれるといいな~。『ペット20』とかまでいけば最高じゃない? 前作から3年経ってまた声を入れた時に、キャラクターたちが再び動き出した感じがして嬉しかった。


設楽:イルミネーションの作品って、キャラクターが立っているところが特徴的。ポップで、だけどただ可愛いだけじゃなくて、人間くささもある。ブラックなギャグとかも入っていて、そこが大人が観ても面白い理由なのかも。


日村:“この世界に入り込んでみたい!“ってなる。今回は、入らせていただいているんだけど(笑)。



『ペット2』 世界で大ヒットした『ペット』の続編。マンハッタンで暮らすマックスは、飼い主のケイティに子どもが生まれたことに最初は戸惑うものの、愛情が芽生え、次第に過保護になっていく。3つの事件が同時に勃発&錯綜する展開にも注目! 全国公開中。©Universal Studios.


バナナマン 1993年結成。『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)、『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)をはじめ、数々のレギュラー番組を持つ。


※『anan』2019年8月7日号より。写真・内山めぐみ 取材、文・重信 綾


(by anan編集部)


anan

2019年08月02日 19時30分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。