ほんと? 高橋一生「女性を口説いたことがない」 本人の言い分とは?

2019年05月18日 18時30分

エンタメ anan

ドラマ『東京独身男子』で、ハイスペックでありながら、自ら独身を貫く“AK男子”(=あえて結婚しない男子)を演じる高橋一生さん、斎藤工さん、滝藤賢一さん。自由に生きる大人男子ならではのちょっぴりこじらせた恋愛観、演者はどう感じてる?

劇中で3人が演じているのは、没頭できる仕事と趣味、そして高い家事能力まで持ち、友達とも充実した日々を過ごす“あえて結婚しない”男子=AK男子たち。そこで、すでに話題沸騰中のドラマの撮影裏話と、大人男子ならではの“こじらせ恋愛”について、ホンネで語っていただきました。


――『東京独身男子』は、3人の独身アラフォーが巻き起こす、結婚をめぐるラブコメディ。毎回、愛すべきAK男子たちにキュンキュンさせられています!


高橋:ありがとうございます。今回の現場に関しては、脚本家の金子ありささんをはじめ、女性スタッフの方が多いというのが特徴でもあるので、彼女たちの意見を完全に信じ切ってやらせていただいています。ただ、「ここがキュンポイントです!」と言われても、僕は正直あまりわからないのですが(笑)。


――撮影中は、いつもどんなお話をされているんですか?


斎藤:3人でわちゃわちゃ話すシーンが多いので、だいたい少年のようにはしゃいでいます。お芝居の話は皆無です。


滝藤:すでに放送されましたが、第2話での温泉旅行は、楽しかったですよ。枕投げたり、温泉入ったり。


斎藤:いくらナイトドラマとはいえ、放送ギリギリの危険なシーンもいろいろありました(笑)。


滝藤:この3人だからこそ作り出せている空気感というのがあるんだと思います。僕は既婚者ですが、3人でいると、「独身もいいかも」とも思うことがあります。そのバランスが面白いですよね。


――それぞれのキャラクターの個性もこのドラマの魅力の一つですが、ご自身の中で“AK男子”に共感できる部分はありますか?


滝藤:最高峰独身男子、楽しくてしょうがないです(笑)。自分とは真逆のタイプの役柄を疑似体験できるのは、俳優という仕事のやりがいの一つだと思います。


斎藤:僕もそうですね。結婚に憧れる気持ちもあるし、同時に独身の居心地の良さも知ってしまっている。個人としては、どちらにも転がれる感覚を持っていたいと思っているなかで、演じている三好のように「あえて結婚しない」という意志を固めている人間を演じさせてもらう楽しさは日々感じています。


高橋:太郎を演じるうちに、少しずつ彼に引っ張られている気がするんです。とても不思議なのですが、自分の中に太郎的な感覚がどんどん入ってくるたびに、人との対話もどこか雑に…というか、“俗っぽい”感じになっている気がして。つい先日、監督から「どうしてかずな(※三好の妹)は太郎ちゃんを好きになったんだろうね」と言われた時は、まるで自分のことのようにショックを受けてしまいました(笑)。


――確かに、太郎が料理上手だったり、高橋さんとリンクする部分も多いですよね。


高橋:かといって、視聴者の方が“太郎=高橋一生”だと思って見てしまうことを想像すると、複雑な気持ちになる。これからもっと振り回してやろうと思います。


――AK男子のみなさんのように、男性も普段から友達と恋バナをするものでしょうか?


斎藤:僕は男同士でそんなに恋の話をしてきた記憶はないのですが、「自分のプライベートな事情をシェアすることで、気持ちが楽になることがある」というのは、今回の役を通じてはじめて知りました。今までは、女性がなぜ人に見せない部分をあんなに共有しているのか、ずっと謎に思っていたので。これは新しい発見でした。


高橋:恋愛の話は僕もしないです。ついでに言うと、女性を口説いたこともないんです。この話を以前、別の場所でしたら、そこにいた男性陣から大バッシングを受けたんですけれど…。


滝藤:ははは(笑)。


斎藤:確かに、何を基準に“口説く”と言うかにもよるかな。


高橋:僕の中の“口説く”とは、女性を落とすという目的のために、わざわざ普段とは違うシチュエーションを作るというイメージなんです。なんだか、それってズルくない? と思いまして…。


滝藤:まあ、ムードを作るということなんでしょうけどね。


高橋:ストレートに好意を伝えるだけなら、僕の中では“口説く”に入らないので、そういう意味で、僕は口説いたことがないと言っているんです。


斎藤:僕もお酒は得意ではないので、異性と二人きりで飲みに行くシチュエーションになっただけで、ある程度のことを想定しているのかなとは思います。それはお互いにですけど。


――ちなみに、恋の駆け引きはしますか?


斎藤:相手の受け止め方というか、スタンスによりますよね。僕はむしろ、男性が口説く、口説かないというよりも、女性がすべてをわかったうえで操作しているような気がしています。


滝藤:確かに、そのほうが絶対にうまくいくと思います。女性上位を常に心がけることが男としての器になってくる気がしますね。


高橋:なので、女性には常に玉座に鎮座していただき…。


斎藤:そうすれば、無駄な労力も使わなくて済む。本音を言えば、この年で傷つきたくないだけなのかもしれませんが(苦笑)。


『東京独身男子』 メガバンクに勤務する主人公の石橋太郎(高橋さん)と、審美歯科クリニック院長の三好玲也(斎藤さん)、大手弁護士事務所のボス弁である岩倉和彦(滝藤さん)はある時、それぞれの身に起きた出来事から、“結婚”を強く意識するように。順風満帆な独身人生から一転、人生の岐路に立たされた“AK男子”たちを待ち受けていたのは…? 毎週土曜23:15~テレビ朝日系列で放送。


たかはし・いっせい 1980年12月9日生まれ。東京都出身。自身が歌う『東京独身男子』の主題歌「きみに会いたい-Dance with you-」が、6月5日にリリースされる。


さいとう・たくみ 1981年8月22日生まれ。東京都出身。主演映画『麻雀放浪記2020』が公開中。企画、プロデュースもした主演映画『MANRIKI』の公開が控える。


たきとう・けんいち 1976年11月2日生まれ。愛知県出身。数々の映画やドラマで活躍。2019年は出演映画『決算!忠臣蔵』『影踏み』などの公開が控える。


※『anan』2019年5月22日号より。写真・佐藤航嗣(UM) スタイリスト・本田博仁(HirohitoHondaスタイリングオフィス) ヘア&メイク・田中真維(MARVEE/高橋さん) 赤塚修二(メーキャップルーム/斎藤さん) 那須野 詞(Bellezza Studio/滝藤さん) インタビュー、文・瀬尾麻美


(by anan編集部)

anan

2019年05月18日 18時30分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。