佐野玲於「女の子が喜ぶこと知ってます!」恋愛の極意を語る

2018年10月18日 16時30分

エンタメ anan

ドラマも映画もイケメンなしには楽しめない! 今回、ご紹介する作品は、村上春樹の名作短編小説集『東京奇譚集』の一篇を実写化した『ハナレイ・ベイ』。主人公・サチの喪失感と再生を描く本作で、サチの息子タカシを演じた佐野玲於さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)にお話をうかがいました。

写真・大内香織 文・田嶋真理


【イケメンで観る海外ドラマ&映画】vol. 18


表現者として躍進し続ける、若きエンターテイナー



映画の主人公は、ハナレイ・ベイで死んだ息子の喪失感と10年間向き合い続けるシングルマザーのサチ。ハワイのカウアイ島に実在する美しい湾を舞台に、彼女が生きる希望に目覚めていく姿を描いた感動作です。「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のパフォーマーとして大人気の佐野さん。2018年は、俳優業も絶好調。青春映画『虹色デイズ』で待望の初主演を果たした後、イケメン・ドラマ『PRINCE OF LEGEND』でコメディの演技に挑戦。『ハナレイ・ベイ』ではサチの息子を自然体で演じ、新境地を開拓しています。


ーーこの映画のオファーをいただいたときのお気持ちは?


佐野さん 重要な役割を任されたなと感じ、身の引き締まる思いでした。撮影に入る日がとても楽しみでした。


ーータカシは映画の全編を通して余韻を残す難しい役だと思いました。役作りについて教えてください。


佐野さん 役作りは、特にしていません。というのも、松永監督と出会っていろんなことを話していくなかで、タカシは人生観を含めて自分に近いと気づいて。監督もそのことを見抜いていたので、「特別な役作りをしないで欲しい」と言われました。タカシの心情やサチとの向き合い方を表現しようと心掛けました。


ーー原作は読みましたか?


佐野さん 原作の後に脚本を読みました。原作を強く意識せず、フラットな気持ちで、自分ができることを一生懸命やろうと思いました。



ーータカシのどのようなところに共感しましたか?


佐野さん 家庭環境が複雑で、自分にとってなくてはならないものがある、というところに共感しました。タカシは片親なので、はたから見れば、不幸に見えるのかもしれませんが、彼自身はそう思っていません。僕も同じ気持ちを抱いていたので、彼の心情を表現することが重要でした。だからこそ、僕には自然体の演技が求められたのではないかと思います。


ーーご自身の家庭環境に通じるものがあった?


佐野さん 自分も片親ですから、タカシの心情は理解できました。片親でとても苦労されている方もいらっしゃると思うので一概には言えませんが、僕は自分を不幸だと感じたことはありません。


ーー印象的に挿入される回想シーンはどのような気持ちで演じましたか?


佐野さん 回想シーンは、サチとタカシの日常の1ページです。サチとタカシは親子なので、遠慮の気持ちがあってはいけないと思いました。サチとタカシがやり取りをするシーンでは、家族という関係性がしっかりと見えるように意識しました。



ーーサチを演じたのは、いまもっとも輝いている女優のひとりである、吉田羊さんです。共演して、いかがでしたか?


佐野さん 僕が抱いたイメージ通りの、まっすぐで自分に厳しい方でした。羊さんがサチを演じることで、サチの強さと弱さが映画を通してリアルに伝わってきます。羊さんやサチのように、1本芯の通った女性は素敵だなと思いました。


ーー本番に入る前に、羊さんと演技プランの打ち合わせは?


佐野さん 堅苦しいものではありませんが、羊さんとの関係性を築くために、監督を交えて打ち合わせを行いました。


ーー羊さんは監督に随分追い込まれていたそうですが、佐野さんは監督からどのような演技指導を受けましたか?


佐野さん 監督から「遠慮のないやつでいてくれ」と言われたので、自由にやらせていただきました。



ーーハワイ・ロケは楽しめましたか?


佐野さん 本当に素敵な環境の中で、撮影をさせていただきました。タカシはサーファーですから、サーフィンの練習も行いました。初めて挑戦したスポーツでしたが、自然に勝るものはないなと改めて感じました。


ーーハワイは日本の何倍も日差しが強いと言われていますが、佐野さんは全く日焼けをされていないですね。


佐野さん もともと色白で。日焼けをしてもすぐ元に戻ってしまうんです。


ーー日焼け対策に頭を悩ませている女子が多い中、大変うらやましいです! もっとも気に入っているシーンは?


佐野さん ウォークマンで音楽を聞きながら、自転車を漕いでいるシーンです。ハワイの風が、すごく気持ちよかったです。


ーー最後に、『ハナレイ・ベイ』の見どころをお願い致します。


佐野さん 観る方によって違う印象を残す映画になっていると思います。この映画がサチのような人生を歩んでいる方の後押しになれば嬉しいです。



インタビューのこぼれ話


サチが劇中で、女の子とうまく付き合う方法3つを伝授するシーンにからめて、佐野さん流の恋愛の極意を直撃! 「サチが言う、“相手の話を聞く” “うまい飯を食わせる” は、僕もずっと思っていたことなので、できていると思います。僕は家でご飯を食べることも好きですが、月1回ぐらいにちょっと良いところでコース料理を予約して外食したいと思います。ただ、“着ている服を褒める” に関しては、できていません。これからは最後の1つを頑張りたいと思います!」。ちなみに、理想の彼女は「自立している女性」だそう!


Information



『ハナレイ・ベイ』

10月19日(金)より全国公開

出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類ほか

配給:HIGH BROW CINEMA




©2018「ハナレイ・ベイ」製作委員会


anan

2018年10月18日 16時30分

エンタメ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。