どん底から一転…波乱すぎる! 障害を抱えたある女流画家の半生

2018年02月28日 18時40分

エンタメ anan

やりたいことができなかったり、物事がうまくいかなかったりしたとき、ついネガティブな思考に陥っていませんか? とはいえ、どんな人にでも自分にしかない才能を秘めているものです。そこで、自らの可能性を信じ続けることで幸せな人生を歩んだ実在の女性を描いた感動作をご紹介します。それは……。

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』!

【映画、ときどき私】 vol. 147


絵を描くことと自由を愛する女性モード。幼い頃から重いリウマチを患っており、厄介者扱いされていたが、自立するため仕事を探し始めることに。そんななか、魚の行商を営んでいるエベレットが家政婦を探していることを知り、モードは彼のもとを訪ねるのだった。


孤児院育ちで学もなく、頑固者のエベレットとモードというはみ出し者同士の同居生活はトラブルの連続。しかし、いつしか2人はお互いを認め合い、結婚することになる。そんなある日、エベレットの顧客によって絵の才能を見出されたモードは、徐々に評判となり、ついにアメリカのニクソン大統領からも依頼が来るほどの人気となるのだった……。


カナダの美しい四季と動物を色彩豊かに描き続け、「カナダでもっとも愛された画家」といわれているモード・ルイス。その魅力を探るため、今回は彼女の波乱と愛に満ちた人生を見事に再現したこちらの方に、お話を聞いてきました。それは……。


初来日となるアシュリング・ウォルシュ監督!

自身も学生時代にはアートを学んだ経験もあるという監督だけに、同じ女性としても、同じクリエイターとしても、モードに共感したはず。そこで、本作の見どころや日本の女性たちに伝えたい思いを語っていただきました。


一般的に、日本ではモードはあまり知られてないようですが、監督の地元アイルランドではいかがですか?

監督 実は私も全然知らなくて、脚本を送ってもらってから初めて彼女の存在を知ったくらいなのよ。ただ、仲のいい友だちにカナダのアート作品を集めている人がいて、そこには当然彼女の作品も入っているので、作風はなんとなく目にしたことはあったけど、モードだという意識は特になかったわ。


では、映画にしたいと惹かれた部分はどこですか?

監督 脚本を読んだ後、すぐにウェブで検索をしたら、モードとエベレットの2人がドアのところに一緒に立っている写真を見つけたの。私は写真を見るとき、「その裏にあるものはどんなものなんだろう?」と考えるタイプなんだけれど、彼らの写真からはストーリーを感じたのよ。だからそういう意味では、惹かれたところは2人の夫婦としての絆といえるかもしれないわね。


でも、それと同時に彼女のアーティストとしての人生にも同じくらい魅了されたわ。しかも、人里離れたあんなに小さな家に暮らしてるなんて。美術館に移築されている実際の家を見に行ったとき、あまりにすごい状況で「これは絶対に映画にしたい!」と思ったんだけど、どうやってこの家を再現しようかと悩んだわ。


実際にカナダのニューファンドランド島に家を作ったそうですが、こだわったところは?

監督 私にとってはリアリティというのがとても重要なこと。だから、もともと4.1m×3.8mだった家を4.2m×4という撮影可能な大きさにして複製したんだけど、それ以上大きくしてしまうと空間のサイズ感が損なわれてしまうと思ったから、そこは意識したわ。


ただ、家の内装を4段階に変えなければいけなかったから、プロダクションデザイナーと一緒に何度も美術館に足を運んでは、写真を撮りまくって、サイズを測りまくって作ったのよ! 


では、できあがった家で撮影をしてみて感じたことはありますか?

監督 この映画を作るうえで、オープンセットで家を作ったことは最良の選択のひとつといえるわね。なぜなら、ドアを開けたときに吹き込んでくる風や雨といったものが、このストーリーをすごく助けてくれたと思っているからなの。


とはいえ、当時と同じような場所を探すのはいまの時代ではすごく難しかったわね。飛行機も飛んでなくて、遠くに高層ビルも映らないような場所じゃないといけなかったから。でも、監督としてすごく重要なのは、「ここが自分の作品を作るべき場所だ」と感じられるかどうか。それを見つけられると、いろんな意味で飛び込んでいくことができるようになるのよ。


そんなふうに監督を駆り立てているものは何ですか?

監督 駆り立てるものは、自分が作るべきだと感じる映画を作り続けることじゃないかしら。この作品も間違いなくそうだったわ。作品によっては、「自分じゃなくてもいいんじゃないかしら?」と思うときはやっぱり何か違うから、自分の作っているものに、惚れ込まなければいけないわね。


あと、私は少し怖いなと思っているときのほうがいいものができたりするので、そういうのも必要だとは思っているわ。挑戦でもあるけれど、やっぱり楽しいし、この仕事ができて本当にラッキーだなと感じているからなの。


だから、もしこの先1本も映画を作ることができなかったとしても、この作品を作ることができたということは、私にとっては幸せなことだったわ。しかも、この映画を通して、みんなが彼女の作品をまた好きになってくれていることもうれしいわね。


この作品を通じて伝えたい思いとは?

監督 いまと時代は違うかもしれないけれど、自分のやりたいことを貫く強い気持ちを持つということと、それを達成することができるんだということは同じだから、そこを感じて欲しいと思っているわ。ミュージシャンであっても、アーティストであっても、何でもいいんだけれど、夢は叶うんだと信じることをこの映画からインスピレーションとして受け取ってもらいたいわね。


モードもつらい少女時代を過ごしていたにも関わらず、自分なりの道を見つけることができたわけだし、読者のみなさんも自分の夢を見つけて、自分の道のりを進んでいく自信を感じるはずよ。それと、たとえ自分が周りとちょっと違っていたとしても大丈夫なんだということも気がついてもらえたらうれしいわね。



最後に、ananwebを読んでいる日本の若い女性たちにメッセージをお願いします!

監督 私の場合は、もちろん運もあったとは思うけれど、「女性だから映画を作るのは無理だ」なんて一度も思ったことはないのよ。だから、何を目指していたとしても、できないと思わないで、できると思うこと。


いまは何でもルックスで判断したりするような時代だけど、みなさんは惑わされずに自分の夢を見極めて、叶うんだと信じて欲しいし、そういう部分がこの映画からも伝わることを願っているわ。


自分の幸せは自分にしか決められない!

さまざまな障害に見舞われながらも、道なき道を自ら切り開いたモード・ルイス。彼女の生き方からは、自分の好きなことを続ける喜びと支えてくれる人への愛、そして何よりもあきらめない気持ちが人生をより彩り豊かにしてくれるものだと感じるはずです。


心が満たされる予告編はこちら!


作品情報

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』

3月3日(土)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇ほか全国ロードショー

配給:松竹

©2016 Small Shack Productions Inc. / Painted House Films Inc. / Parallel Films (Maudie) Ltd.

“Winter Sleigh” by Maud Lewis. Courtesy of the Art Gallery of Nova Scotia, all rights reserved.

“Oxen Team Winter” by Maud Lewis. Courtesy of the Art Gallery of Nova Scotia, all rights reserved.
“Snowball” by Maud Lewis. Courtesy of the Art Gallery of Nova Scotia, all rights reserved.



anan

2018年02月28日 18時40分

エンタメ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。