岡田将生が『伊藤くん A to E』で学んだ女性への接し方とは?

2018年01月12日 11時30分

エンタメ anan

去年は何かと恋愛に悩まされたという人も、2018年こそは心機一転、新たな気持ちで恋愛に挑みたいと思っているはず。そこで、そんな女子に反面教師的な作品としてオススメしたいのは、ドラマ版も話題となった映画『伊藤くん A to E』。超モンスター級の“痛男”と運命を狂わされる5人の女性を描いた恋愛ミステリーです。今回は、暴走する主人公の伊藤くんを演じたあの方にお話を聞いてきました。それは……。

幅広い女性たちを虜にしている岡田将生さん!

【映画、ときどき私】 vol. 135


同世代であるananweb読者からも高い人気を誇る岡田さんですが、本作では今までのイメージを覆すようなクズ男っぷりに注目が集まっているところ。そんななか、この役を演じて感じた思いや痛い女性の条件などについても語ってもらいました。


岡田さんが演じた伊藤くんとは、容姿端麗なのに自意識過剰で無神経な口先だけのどうしようもない男。5年間も自分に尽くしてくれた女子をぞんざいに扱うかと思えば、ほかの女子にはストーカー同然に付きまとい、さらに自分を一途に想ってくれる女子は重いと言って振るなど、とにかく自分勝手でやりたい放題。


まずは、これまで演じたことのないタイプの役柄を演じてみて、おもしろさを感じたところは?

岡田さん 現場に入るときは、最初のリハーサルが一番緊張するんですけど、今回は特にいままでやってきた役とは違うだけに、自分がやりたいことと監督の演出とが一致する瞬間は、快感みたいなものがありました。


あとは、廣木監督の現場がすごくステキなので、そこにやりがいを感じたというのもありましたが、やっぱり監督が笑っているとよかったと思います。そういうときは、夜においしいお酒が飲めます(笑)。


痛男にも関わらず、演じていくうちにどんどん伊藤くんに対して肯定的になったそうですが、その理由は?

岡田さん いまは、けっこう縛られて生きていく社会なのかなと勝手に思っていますが、伊藤はあまりそういうところがないので、ちょっとうらやましいなと感じていたんです。「こんな生き方できたら楽しいだろうな」とも思ったし、みなさんには違うと言われてるんですけど、僕にとっては純粋な人。なので、外国の子どもみたいに思ったことをやったり、言ったりする人なんだという印象を持ったときからは、この役を演じられてよかったなと思う瞬間がいくつかありました。


伊藤は本当に自意識過剰で、ダメダメなんですが、こういう考え方を持っている人って実は世の中にもたくさんいて、それを隠している人と出す人にわかれているだけ。だからこういう出し方をしている人というのは、ある意味、発信していく人だし、僕はちょっといいなと思ったんです。


ご自分のなかにはそういうところはないですか?

岡田さん まったくないですね。というのも、僕は授業中に手も挙げられないタイプだし、発信するのが苦手なので(笑)。


ちなみに、伊藤くんを演じてみて女性に対する接し方で気を付けようと思ったことは?

岡田さん すごく初歩的なんですけど、男としてやっぱり女性をラーメン屋に連れて行くのはよくないんだなとかですかね(笑)。あとは、相手の気持ちをわかってるのかわかってないのかみたいな感じで、むやみに人を傷つけるところ。そういうのって僕自身も知らないうちに人を傷つけたりすることが多々あると思うので、自分も気を付けなきゃなと思いながら演じていました。


本作では伊藤くんに対峙するAからEまでの5人の女性たちには、「都合のいい女・自己防衛の女・愛されたい女・ヘビー級処女・毒女」と幅広いキャラクターが勢揃い。


岡田さんから見てタイプの女性はいましたか?

岡田さん いないですね(笑)。


では、伊藤くんのような男性に振り回されないように、ananwebの女性読者にアドバイスがあればお願いします。

岡田さん まずはその人の本質をちゃんと見なきゃだめだということですよね。たとえば金銭感覚や価値観が合わない人とは、努力してどうあがいても無理なんだなとわかるときがあると思うので、人との受け答え方とかも含めて、そういうのをちゃんと見るということですかね。


今回の現場では、カットがかかってからも女性陣に「気持ち悪い」など、普段言われないようなキツイ言葉を浴びせられたという岡田さん。


役とはいえ、女性に対する見方が変わったことはありませんでしたか?

岡田さん 僕個人の意見なんですけど、男性は回りくどいので直接的なことを意外と言わない気がしていて、女性のほうがスパッと言いますよね。だから、カットがかかったあとにみなさんが言う言葉も本当に伊藤が気持ち悪いと思ったから言ったんだろうなと素直に考えていて、伊藤を演じるうえでは褒め言葉だから気にせずやっていこうというのがありました。


女子校は怖いと聞きますが、今回はそれぞれの女性と1対1だったので、特にマイナスなことはなかったと思います。それよりも、「やっぱり女性は尊いな」と映画を通してでも思いました(笑)。


そんな岡田さんも今年で20代最後の年を迎えるだけに、これからどんな作品で楽しませてくれるのかは、ますます気になるところ。


今後挑戦してみたい役はありますか?

岡田さん 「この役をやりたい!」みたいなのはあんまりないですが、いくつかやりたいなと思うものはあります。ただ、僕は今年で29歳になるんですけど、29というのは年齢的に下も上もできないので、中途半端なんです。


だから、そういう意味で僕自身ももがいているので、30代に向けてこういう役をやっていったほうがいいなというのをいろんなジャンルにわけてやろうと考えているところです。なので、そこを見ていただけたらうれしいなとは思います。


岡田さんが俳優人生のなかでやりがいを感じる瞬間は?

岡田さん あんまりそういうことは考えないですけど、たとえば打ち上げでスタッフさんやキャストのみんなで「この作品、よかったね」って言っているときがその瞬間なのかもしれないです。


表現するのはものすごく好きですけど、表現って無限大だし、何が合ってるのかわからないので、「やってやった!」みたいなのはないですね。多分、ほかの俳優さんたちも同じだと思いますけど、満足したら次もやりたいと思わなくなる気がします。


俳優として高みを目指すために心がけていることは?

岡田さん あまり守りに入らず、映像だけではなく舞台をやったり、知識もどんどんと入れたりして、いろんなことに挑戦していこうという気持ちはつねにあります。


そういう意味でも今回の役は僕にとってチャレンジでしたが、何年か前の僕だったらこの役はできなかったと思います。いまだからできたんだと思います。


では、このタイミングで伊藤くんをやろうと思った一番の決め手は?

岡田さん 台本をもらったときに、感覚ですぐにやりたいと思いました。僕はそういう大事なときはあまり迷わないんですけど、むしろ大事じゃないときに迷うことのほうが多いですね。たとえば「夜ご飯何食べよう」と思っても全然決められなくて、そこから2~3時間経って結局「食べなくていいや」ということもあるくらい(笑)。


でも、簡単にいうと「今日は肉だ!」みたいな感じで生きていたほうが楽しいし、仕事もそういう感覚のほうがいいですね。失敗しても自分の直感が間違っていたとかは思わないし、そうやって「間違ってなかったんだ」と思うようにして生きて行ったほうが後悔しない人生なのかなとも思っているからなんです。


いま改めて振り返ってみて、伊藤くんへの思いは変わりましたか?

岡田さん そこは全然変わらないです。観て下さったみなさんは、だいたい伊藤を嫌いな方が多いんですけど、男性はいいと言ってくれるので、今回は取材を受けていても楽しいんですよ。男女でここまで感想がわかれる作品はいままであまりなかったので。


それまでは、女性に観てもらいたい作品だと思っていたんですけど、男性の人でも楽しめる作品なんだというのを知ることができました。ゆとり世代とか、その次のさとり世代の人たちにも観てもらいたいなと思います。


最後に、主題歌を含めた見どころを教えてください。

岡田さん 今回、andropさんの曲は本当にぴったりだと思いました。特にサビで「もがいてもがいて」とありますが、結局この映画はずっともがいている女性たちの話で、そこにまったくもがかない伊藤が現れることによって、女性の運命を左右していくというのがポイントです。


そして、この作品では最後に女性が少し前向きになって希望も見えたりするので、曲の疾走感やメロディも含めて、気持ちよく映画館から出させてくれるところは本当にいいなと思っています。


インタビューを終えてみて……。

劇中でみせる自己中のクズ男とは真逆で、取材中はつねに周りに気を配っている優しい岡田さん。超モンスター級の “痛男” ではなく、ご本人は超モンスター級の “良男” なのだとひしひしと感じました。俳優としても、どんどん幅を広げている岡田さんが、今年もどんな一面を見せてくれるのか、ますます目が離せなくなりそうです。


他人の恋愛模様から自分を見つめ直す!

いい意味でも悪い意味でも、誰もが一度は経験したことのある運命を狂わせるような男との出会いや葛藤。悩み続ける5人の女性たちの姿を見ていると、ときには人生において痛みを知ることも、前へと突き進むためには必要なのだと感じるはず。とはいえ、イケメンすぎる伊藤くんの魅力を目の前にすれば、知らぬ間にあなたが6人目となるFの女になってしまうかも!?


ストーリー

崖っぷちの脚本家である矢崎莉桜は、「伊藤」と呼ばれるひとりの男に振り回されているA~Dの4人の女性たちの恋愛相談をしているフリをして、新作のネタにしようとしていた。もっと無様になるように彼女たちを巧みに誘導していた莉桜だったが、ついに伊藤の正体が判明する。


はたして伊藤の狙いはいったい何なのか。そして、5人目として存在するEの女とは? 徐々に追い詰められていく莉桜に対し、伊藤は衝撃の告白をすることに……。


ヒリヒリする予告編はこちら!


作品情報

『伊藤くん A to E』

1月12日(金)より全国公開

出演:岡田将生 木村文乃/佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆/田口トモロヲ・中村倫也 田中圭

配給:ショウゲート

©「伊藤くん A to E」製作委員会



写真・大嶋千尋(岡田将生)

anan

2018年01月12日 11時30分

エンタメ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。