おかずクラブ&超特急リョウガが選ぶ「アニソンベスト3」

2017年12月01日 22時00分

エンタメ anan

読んで楽しむ、アニメカラオケ傑作選。アニメソングをこよなく愛するおかずクラブのゆいP、オカリナ、超特急のリョウガが、“アニソン盛り上げ隊”を結成。コアな楽曲から必ず盛り上がる名曲まで、語り(歌い?)つくしました。


リョウガ(以下リ):最初に覚えたアニソンって何ですか?


ゆいP(以下ゆ):私は、世代ド真ん中の『美少女戦士セーラームーン』の曲ですね。「乙女のポリシー」や「ムーンライト伝説」とか。


オカリナ(以下オ):『クレヨンしんちゃん』の「月灯りふんわり落ちてくる夜」とかもね!


ゆ:リョウガさんは若いから、見ていたアニメが違うと思う、きっと。


リ:僕が小さい頃に見ていたのは、『おジャ魔女どれみ』ですね。カラフルでかわいいし、今でも作品が色褪せなくて。曲もいい。


ゆ:女の子のアニメなのに意外!


オ:でも、アニメって性別関係なく楽しめるんですよね。


リ:そう、そこがいいですよね!


ゆ:あと、アンケートの鉄板アニソンジャンルで上位の「残酷な天使のテーゼ」は、アニソンの入り口な感じがしませんか? 大学時代にカラオケで必ず歌ってたんですが、周りの友達は初めて聴く子が多くて。だから、“いうなれば私の曲”、みたいな(ドヤ顔)。


オ:確かに、ゆいPとカラオケに行くと、知らないアニメの歌を入れるから、“ゆいPの歌”っていう曲がいくつかあるんです。本家を聴くと、何かが違う気がして。


ゆ:本家は繊細なんでしょう? 私、歌は上手くないんですよ。太っている人が歌が上手いっていうのは、都市伝説です。


リ:え、それは意外です。ちなみに、絶対に歌う曲は何ですか?


ゆ:『少女革命ウテナ』のオープニング(以下OP)曲の「輪舞-revolution-」。


オ:私は、『クレヨンしんちゃん』と『ロミオの青い空』関連の曲。あと、「チム・チム・チェリー」。


ゆ:この曲、無駄に長いんですよ(笑)。リョウガさんは?


リ:最近、LiSAさんが歌う「Rising Hope」や「Catch the Moment」ですね。アニソンが多い女性歌手なんですけど、どれも本当にカッコいい。本家みたいに歌いたいけど、キーが届かなくて(笑)。


ゆ:カラオケでリクエストされませんか? めっちゃいい声だから!


オ:曲の途中にセリフがあるアニソンとか、聴きたいよね。


リ:あの…言いにくいんですが、基本的にカラオケは一人で行くんです。たまにアニソン好きなメンバーのユースケと行ったりしますが。おふたりは一緒ですか?


ゆ:どこに行くにも一緒なんで。


オ:だから、ゆいPが歌っている曲を好きになるんです。でも、お願いしても歌ってくれない…。


ゆ:「魂のルフラン」ね。自分的に上手く歌えていないのに、歌わせられるのは嫌ですよ。アニソンカラオケといえば、オカリナが文句あるんですって。言ってやりなよ。


オ:あの、『進撃の巨人』の曲って歌わせる気ありますか? アニメ映像を入れたら歌詞が流れないし。


リ:あぁ! わかる、わかる!


ゆ:だから、わざわざ携帯で歌詞を調べながら歌うんですよ。


リ:あの作品は、世界観がしっかりしていますからね。


オ:その世界観を大事にしすぎて、歌わせる気がないんですよ!


ゆ:アニメ映像といえば、作品によっては突然エロい映像が流れたりして、気まずくなりません? なんでそこ編集したのってやつ。


リ:あるある。もし大勢でのカラオケのときは、マニアックな曲ではなく、王道アニソンを選びます。


ゆ:コアなアニメーションが流れようものなら、時間が止まりますもんね(笑)。私は、サビの前に「みんな一緒に!」と煽って、最後に「ありがとうっ!」で締めます。これ、盛り上がるコツです。


オ:あの、アンケートの鉄板アニソン5位が「Butter-Fly」ですよね。確かにいい曲で好きだけど、そんなに有名ですか?


リ:ちょっといいですか。実は、歌われている和田光司さんが昨年亡くなられて。そこからまた盛り上がりを見せているんです。


ゆ:さすが、詳しいですね。リョウガさんに質問。最初に入れる曲は何ですか? アニソンって喉が開かないと結構歌いにくくて。


オ:あ、でも一人で行くから…。


リ:はい、だから基本的に関係ないです!(笑) 最近ハマっている曲を中心に入れますね。


ゆ:私たちに何かオススメは?


リ:『小林さんちのメイドラゴン』のOP曲「青空のラプソディ」ですかね。やはり歌がお上手そうなので、ぜひ歌ってほしいです! あと、『ラブライブ!』シリーズも。特に「ユメノトビラ」がオススメです。映像もよくて。


オ:アニソンって、アニメ映像がリンクしているから、よく作品を知らなくても面白いんですよね。


リ:あと、振りがついている曲とか。


ゆ:あぁ、好き!


リ:「ハレ晴レユカイ」は、アニソン好きなら絶対楽しいですよ。


オ:私は2.5次元も好きで、「敦盛2011」もいいですよ。


ゆ:『戦国鍋TV』っていう番組で、信長と蘭丸のユニットなんです。オカリナは蘭丸が好きだから、私が信長を歌って。最近踊れるようになってきました。ちょっとBLっぽくて、オカリナの大好物。


オ:ちょっと、言わないでよ!


リ:ディープですね(笑)。


オ:アニソンは、とにかく作品の世界観を大切にしたいですよね。


リ:はい。曲を聴くと、OP映像とかが自然と浮かびあがってきて。


ゆ:『HUNTER×HUNTER』のOP曲「太陽は夜も輝く」は、めちゃオススメ。OPだけリピートしてた時期がありました。


オ:私は『ONE PIECE』の「RUN! RUN! RUN!」です。OP映像がかわいくって。


ゆ:じゃあ、自分のアニメソングベスト3を決めるなら?


オ・リ:………(考え込む)。


リ:僕から最近ハマっているやつ、いいですか? 第3位がノリノリになれる「発見者はワタシ」(『ゼロから始める魔法の書』)。2位は「gravityWall」(『レクリエイターズ』)。これはアニメ映像と一緒に見てほしい! 作品に引き込まれます。


ゆ:かなりガチなやつだ。1位は?


リ:ポルノグラフィティさんが歌う「THE DAY」(『僕のヒーローアカデミア』主題歌)。めちゃくちゃ歌いたくなる曲です。


オ:では、次は私の3位を。世界名作劇場『ロミオの青い空』から、「Si Si Ciao~ロマナの丘で~」。かわいい歌で。また会おうねっていう内容の歌なんですが、物語では会えなくなる…。


リ:ストーリーは暗い…。


オ:続いて2位は…。


ゆ:『ロミオの青い空』のどの曲?


リ:まだあるんですか!?


オ:はい、「涙の向こうへ」ですね。これは本当に悲しくなるんですよ。すみません、暗い曲ばかりで。


ゆ:じゃあ私。3位が「tunethe rainbow」(『ラーゼフォン』)。物語自体切ないんですが、理屈抜きで良曲。歌詞もいいんです。2位は『WitchHunter ROBIN』のOP曲「Shell」。これもしっとり聴きたい曲ですね。


リ:いい曲ですよね。でも、ふたりとも基本的に暗いですね(笑)。


オ:元気になりたいときって、あえて暗い曲を聴いて「私はまだまだ大丈夫」って思いたいんですよ。


ゆ:1位、どうしようかなぁ。アニソンが好きだからこそ、変な欲が湧きませんか? まだ知られていない曲を紹介したいって(笑)。


リ:すっごくわかります!


ゆ:でも私はやっぱり『少女革命ウテナ』。OP曲の「輪舞-revolution-」にします!


オ:じゃあ、私の1位は「RUN! RUN! RUN!」ですね。


ゆ:なんで、いきなりここで好感度求めたの?(笑)


オ:いいじゃん、最後くらい。でも、結局はアニソンって、見ても聴いても楽しめるところがいい!


リ:アニメも歌も、どちらも高め合っているというか。作品を知らなくても曲を好きになってもいいし。入り方は関係なくて、国も人も選ばない。アニソンという世界観を楽しんでほしいですよね。


ゆいP、オカリナ(おかずクラブ) ノイタミナ枠を中心としたアニメ観賞が趣味のゆいPさんと、漫画を愛するオカリナさんの芸人コンビ。インスタに日々アップされるファッションも人気。

リョウガ(超特急) 7人組メインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」のメンバー。好きが高じ、アニソンテレビ番組のMC経験あり。好きなアニメは『ラブライブ!』。


※『anan』2017年12月6日号より。写真・平岩 亨 ヘア&メイク・間篠美歩(リョウガさん) 取材、文・野村紀沙枝


(by anan編集部)

anan

2017年12月01日 22時00分

エンタメ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。