絶対に見せないお盆芸 アキラ100%「真面目がコンプレックス」

2017年09月12日 21時30分

エンタメ anan

「R-1ぐらんぷり2017」での優勝をきっかけにその名が全国に知れ渡ったアキラ100%さん。武器は、見るものを釘付けにする驚異のお盆芸。その誕生秘話から今の悩みまでを語ります。

裸に蝶ネクタイをつけただけの姿で人前に現れ、目にもとまらぬ早い手さばきで銀色のお盆を操り、巧みに股間を隠す。そんな、見ている人をハラハラさせ、驚かせ、笑わせる芸で大ブレイク中のアキラ100%さん。取材当日はポロシャツに短パンといういでたちで、その爽やかな雰囲気と、裸でお盆芸をしている姿は結びつきづらい。


カメラにだけは見せないよう、自分を信じてやってます。



――マネをする子どもが続出するなど、今、大人気です。


アキラ:僕の芸は、同年代のおじさんに宴会芸を見る気分で楽しんでもらえそうかな、と思っていたので、営業とかに行くと家族連れのお客さんが多くて驚きましたね。なぜウケたかは…、正直、わからないです(笑)。ただ、お風呂場で股間を桶で隠すような遊びは、昔からあると思うんです。誰もが見たことがあるけれど、そこに特化したネタを今まで誰も作らなかった。古くもあり、新しくもあるところが、よかったのかもしれません。あと、僕が初めてテレビに出させてもらった2015年は、とにかく明るい安村さんが大人気で、彼がいてくれたおかげで、世間に受け入れてもらいやすかったというのは、あると思います。


――お盆芸を始めたきっかけを教えてください。


アキラ:もともと、コンビ時代のコントで喫茶店のネタがあったんです。“喫茶○○”の○○に当てはまる特徴を持った店員がいろいろ出てくるというもので、最後、“喫茶ナチュラル”の店員が裸で出てくるというオチでした。あるとき、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の山-1グランプリというコーナーのオーディションがあり、やるネタがなくて困りに困って、裸の喫茶店員のネタを一人でやりました。その年は“テレビだから裸は…”とダメでしたが、翌年の同じオーディションで、審査員の人に「去年、裸でやってた人だよね。新しいネタはない?」と言われて、再オーディションをすることになって。そのときに新ネタとして誕生したのが丸腰刑事でした。結果、合格して、テレビに出ることができたんです。


――芸に欠かせないお盆には、こだわりがあるとか。


アキラ:『ダイソー』のものが、軽くて一番いいです。重いと、回したときに手首を持っていかれて上手くできない。でも、この型はもう生産が終わっていて。30枚ほどストックがありますが、それが尽きてしまったときを考えると心配で…。最悪、どこかの工場に行って発注をかけることも考えてます(笑)。


――ひとくちにお盆芸といっても、いろいろな技がありますよね。


アキラ:1つのライブに出るたびに、なにか1つ新しいことをしようと思ってやってきました。最初は手を持ち替えたり、クルンと回すものくらいしかなかったんですが、練習をして、しゃがんだり、でんぐり返しができるようになった感じです。家の窓を鏡代わりにして見ながら練習して、嫁や芸人仲間にアドバイスをもらいながら、新しい技に挑戦しています。


――すごく真面目な方なんですね。


アキラ:面白みのない、真面目な自分の性格がコンプレックスなんです。でも、そういうところを隠そうとしても、すぐにバレる。だから、“こういうネタをやっているのに真面目”“こういうネタなのに絶対に見せない”というところを、ウリにしたいんです。以前、営業先にノリがいいというか、タガが外れちゃっている人がいて、「今日は見せちゃってもいいですからね!」と言われたことがありましたけど、そういう芸ではないので(笑)。絶対に見せません!



――とはいえ、大事なところが見えてしまう可能性はゼロじゃありません。きっと、芸をするときには、とてつもない緊張感があると思うのですが、普段とは違うスイッチが入ったりしますか?


アキラ:開き直ると言ったほうが近いかもしれません。芸をしている最中は、自分ではもう、確認のしようがないですから。上から見て大丈夫だろうというのはわかりますが、横や斜めから見えるかどうかは、自分を信じてやるしかない。やっぱり、テレビショーなので、とにかくカメラにだけは見せないように死守します。カメラに向かっての芸なので、角度によって共演者の方に見えてしまったとしたら、それはもう、ご迷惑をかけるのですが、同じテレビ側の人として、許してもらえたら幸いです。舞台のような生っぽさと、テレビネタの両方の要素がある芸だなと、自分では感じています。


――タフな精神力をお持ちですね。


アキラ:どうなんでしょう。でも、この芸を思いついてしまったから、やるしかないんですよね(笑)。


あきらひゃくぱーせんと 1974年8月15日生まれ。埼玉県出身。コンビ「タンバリン」を結成するも2010年に解散し、ピン芸人に。お盆で股間を隠す芸で、人気芸人の仲間入りを果たす。昨年末に放送された『ガキの使い「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」』で、俳優の原田龍二との共演が話題になるなど、多くの有名人がお盆芸に挑戦。

初のDVD作品『裸の王様』が発売中。「R-1ぐらんぷり2017」でピン芸人日本一の座をつかんだネタ「絶対見せないde SHOW」や、「丸腰刑事」、お盆芸をマスターできるようになるかもしれない「How toアキラ100%講座」などを収録。¥3,000(ソニー・ミュージックマーケティング)


※『anan』2017年9月13日号より。写真・中島慶子 インタビュー、文・重信 綾


(by anan編集部)

anan

2017年09月12日 21時30分

エンタメ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。