プデュで活躍、Takada Kentaさん登場! 前編【K-POPの沼探検】#36

2017年08月31日 16時55分

エンタメ anan

韓国のサバイバル番組『 PRODUCE101』、通称プデュ。昨年放送されたシーズン1のガールズ版に続き、今年4月からシーズン2のボーイズ版が日韓で放送されると一大ブームに! いまや、韓国歌番組は、番組出身者であふれかえり、とくに上位11名で結成された「Wanna One」は何度となく1位に輝いています。そんな大注目番組に日本人としてただひとり出演していたのが、Takada Kenataさん。番組終了後初となる来日時に実現したインタビューをお届けします。

写真・小笠原真紀 文・小泉咲子

【ペンになってもいいですか!?】vol. 36


サバイバル番組『PRODUCE101』とは?


『PRODUCE101』とは、大小ざまざまな事務所から集まった101人から、視聴者= “国民プロデューサー” による投票で、最終的に選ばれた11人が、デビューの切符を手にできる、韓国の超人気サバイバル番組。与えられた課題に必死に取り組む姿や、参加者たちが互いに助け合う様子が感動を呼びました。もう、全員デビューさせてあげてほしい。番組を見ているとそんな想いになるのですが、脱落者が出るのはサバイバル番組の宿命……。悲喜こもごもの投票結果発表が繰り広げられ、最終投票で、1~11位にランクインしたメンバーが、「Wanna One」としてデビューしたのです。


そんな大ヒット番組に出演していた日本人が、Takada Kentaさん。番組での最終順位は101人中24位でした。今、「あまり高くないんじゃ?」と思いました? いえいえ。テレビに映る時間が多ければそれだけ認知度が高まり、順位が上がるのは自然な流れですが、Takadaさんが映ったのは、全12回中、たったの8分54秒。それでも視聴者の心を掴んだ方です。この前編では、ananwebの単独インタビューを撮り下ろしの写真と共にお届け!



初・日本インタビューに成功!


――渡韓する以前は、K-POPファンだったTakadaさん。番組出演以降、応援する側から応援される側となり、心境の変化は?


元々、K-POPが好きで、僕もアイドルになりたくて1年半前に韓国に渡ったんですけど、その時は、「それまで応援していた方々と同じステージに立つ!」と決意して、応援する気持ちはいったん置いていきました。ケジメをつけたかったんです。なので、韓国に行ってからは、自分のことだけに集中しました。応援される側としては、ほんとうにまだスタートしたばかり。なので、正直、気持ちの変化はまだわかりません。変化を感じるのは、これからなのかなと思っています。


――応援する側=ファンの気持ちがわかるのは、強みでは?


自撮りの写真で、ファンの方が喜んでくださる角度がわかるとか、たしかにあるんですけど、けっしてわざとしているわけじゃないんです。


――ずっと応援してきたからこそ、ファンが喜ぶことが自然と身に着いたということでしょうね。ちなみに、Takada Kenta的イケてる自撮りとは?


僕は、顔の右側が好きなので、右上45°からよく撮ります。スマホに、いちばん入っている画像は、その角度の自分(笑)。メンバーだと、仲良しのホン・ウンギの写真が多いです。プライベートでよく遊ぶので。



――メンバーから、お兄ちゃん、弟、そして、女性だとして彼氏を選ぶとしたら?


お兄さんは、ノ・テヒョン。テヒョン兄さんは、すごく面倒見がいいです。弟は、イ・ウンジ。メンバー最年少らしく、とにかくかわいくて。あと、彼氏ですよね…(笑)。やっぱり(カン・)ダニエルじゃないですか。狙ってるわけじゃないのに、僕から見ても言動のひとつひとつがセクシー! それでいて、韓国語でいうところの “サンナムジャ(男の中の男)”。


――もし、ダニエルさんと付き合ったとしたら…?


ぐいぐい引っ張ってほしいです(笑)。僕は、姉がふたりいる末っ子で、甘えるタイプなので。



――このメンバーのこの才能がすごい!と思ったのは?


(イ・)デフィの滲み出る芸能人感。番組の最初に、事務所ごとに見せるステージがあったんですけど、その時から違うなって感じました。それに、多彩なんですよね。曲が作れて、日本語も英語も話せるんです。まだ韓国の年で17歳という若さなのに、羨ましいですね。


――最初に、仲良くなったメンバーは?


イ・ジハン。言葉を最初に交わしたのが彼です。僕、最初の収録で、101位まで準備されていた椅子から好きなところを選んで座る時に、11位の席に座ったんですよ。ジハンは10位。隣り同士になって「お互いに頑張ろう」と言いました。年下なんですがしっかりしてて、頑張り屋。すぐに仲良くなりました。


――サバイバル番組なので、常に競争にさらされ、練習の日々で大変だったかと。そんな日々の中で、癒しになったのは?


みんなと食べる夜食。就寝時間が、その時々で違うんですが、だいだい12時前後と決まっていて、ほんとうはダメなんですけど、スタッフさんに内緒で夜中に、お菓子やラーメンを食べていました(笑)。


――お菓子やラーメンは買いに行っていたんですか?


宿舎が山奥だったので買いには行けず、みんなの持ち寄りです。実は、持ち込みも最初は禁止で、その時は隠し持ってました(笑)。途中からOKになったんですけどね。


――食べながら、どんな話を?


ダニエルとは、怖い話をしました。僕は小さい頃の実体験を聞かせました。親と車に乗っていたら、白くて髪の長い女性が見えて、あれ?と思った時にはもういなくて……という内容です。ダニエルは「うわ~!!!!」って怖がってくれましたよ。



――たっぷり聞きたいところなのですが、時間がなくなってきてしまったので、ここからは一問一答でお願いします。自分で気に入っているボディパーツは?

肩。肩幅が広いところが好きです。


――得意だった科目と苦手だった科目は?

得意科目は社会。地理も歴史も得意でした。不得意なのは、ほか全部(笑)。


――体育も? ダンスはあんなに踊れるのに?

……運動神経があまりよくないんです。


――最初に好きになった芸能人は?

モーニング娘。さん。とくに吉澤ひとみさんです。



――今回の来日で必ず買って持って帰ると決めてるものは?

潤いマスク。最近、レコーディングをしているので、喉の調子がちょっと……。あと、汗拭きシート。実用的なものばかりですね(笑)。この近くにドンキがあるのは、チェック済みです!


――私服がオシャレと評判ですが、好きなブランドは?

ブランドというより、古着が好きなんです。安くてかっこいいやつを見つけるのが楽しい!リメイクもしますよ。


――ところで、雑誌ananはご存知ですか…?

もちろん! ちょっとセクシーなイメージがあります(笑)。僕も、もっと大人になったらですけど、“あの” 特集に出してもらえたら。あと、コーヒー好きで、韓国のカフェでバリスタとしてバイトもしていたので、カフェでロケをさせてもらったらおもしろいかなって。



超タイトな来日スケジュールで取材時間があまりないけれど、たくさんお聞きしたくて「できるだけ早くお答えいただけたら」と無理なお願いをしたところ、「すみません!」とTakadaさんはまるで悪くないのに謝っていただき、恐縮することしきり。どちらかというと、普段はゆったりしたペースで話すTakadaさんですが、猛スピードで答えてくれました。


後編では、『PRODUCE101 シーズン2』の上映会とTakada Kenataさんが出演したトークイベントの模様をお送りします。


Information


・『PRODUCE101 シーズン2』から誕生し、大ブレイク中のWanna One初のリアリティ番組『Wanna One GO』がMnetにて日本初放送! 惜しくも最終メンバーに選ばれなかった出演者たちも登場。

放送日:10/12、10/19(全2回)20:00~21:30

・Takeda Kentaさんが登場する『PRODUCE101 シーズン2』10月5日から再放送が決定!

・『Takada Kenta 密着番組(仮)』放送決定!
ダイジェスト版:BSスカパー!にて10月先行放送
完全版:Mnetにて11月放送


韓国100%エンターテインメントチャンネルMnet:スカパー!、全国ケーブルテレビほかで視聴可能



※『Wanna One GO』、『PRODUCE101 シーズン2』、『Takada Kenta 密着番組(仮)』完全版は

韓国エンタメ専門動画配信サービスMnet Smartでも配信!

anan

2017年08月31日 16時55分

エンタメ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。